2021年12月 1日 (水)

加速装置。

12月である。1日経つと3日過ぎたような気分になる。そうしてあっという間に12月も終わってしまうだろう。2021年、あんまり良い事が無かったなぁ。

深夜の模型作業は独り一年間の反省会。
あとグフカスタムに使った塗料リストを書き出しておく。
薄いブルー・・・FM-07 雪ミクヘアブルー+白、雪ミクヘアブルーはガイアカラー。
濃いブルー・・・インディブルー+デイトナグリーン+白
ファントムグレイ・・・ガンダムカラーだけど以前の廃番の奴、装甲部分の濃い灰色
316 FS17875・・・白はこれ
317 FS36231・・・関節部分の灰色
スターブライトジェラルミン・・・メタリックカラーの下色
ヘキサギアガンメタル・・・メタリックカラーのシャドウ部分
クリアーイエロー・・・キャンディ用
クリアブルー・・・キャンディ用
クリアバイオレット・・・キャンディ用
クリアレッド・・・小さいモノアイ用
ウィノーブラック・・・メタリックカラーの下地色
グラファイトブラック・・・足の裏の一部
その他部分的にファレホ少々。差し色のオレンジは今回は70.910オレンジレッドにしました。
あとトップコートのフラットクリアーは古の教えにあるガイアのEX04+GX114をひと瓶づつ混ぜたもの。フィニッシャーズのスーパーフラットコートが一時入手難以降これをよく使っている。調色楽だし、比較的入手も容易だし。
今回一番黒い色は足の裏のグラファイトブラックで表に見えている部分はヘキサギアガンメタル、次いでファントムグレイかな。

Img_0142_2
白黒にすると見えない世界が見えてくる。今回の場合、ファントムグレイのところがもう少し黒くても良かったのかもしれない。ここが薄いと逆に変だ。あるいは濃い青の部分の彩度をあと少し上げるべきだったのかな。
画像フォルダ内にあった未来の自分へ残したい画像について。
今回、このグフカスタムで一番苦戦したのは濃いブルーのパーツが経年劣化で変性していた事。
腰アーマーのパーツはエポキシパテで補強しまくってこの形にしている。
Img_0067
このパーツの裏側、いつもだったプラ板工作でアーマー裏を作り込もうと思うんだけど、そんな気持ちが失せるくらい割れたりもげたりで凹んだし、芯の大部分がエポキシパテになってしまったので、ツンツルテンに磨いたらそのまま塗装作業に移行してしまった。塗り始めるとこの部分をどうしようか迷い始めた。見えないのに。
Img_0066
取り敢えず、こんな感じでそれっぽく塗ってしまった。線もノーマスキングで塗っているのでヘロヘロですが、積極的に見せなければ誰も気がつかない。自己満足。
数年後、このプラの変性が進むと同時にエポキシパテも変性していくと思うので、この結末はちょっと恐ろしい。

| | コメント (0)

2021年11月30日 (火)

ギリギリ入り切らない。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。モノアイ?頭部と股間と脛の4箇所に追加したレンズ状のパーツは複眼のイメージで作ったので、クリアレッドで塗装。あとはレタッチ少々。もう一回トップコートすればほぼ完成かな。
そんな訳でモノアイも赤の丸いラインストーンを入れた。このタイミングで再度カラーバランスチェック。
Img_0135_20211201010401
正面。下半身を太めにしたのがポイントの一つかな。ウェストはもっと太い方が良い。
Img_0133
背部。ヒートダーツはネオジム接続なので後ろスカートにも取り付け可能。
Img_0143_20211201010401
右側。ヒートサーベルは青グラデーションにしたので水の呼吸使いの日輪刀みたいになってしまったけど、これは黙っておこう。
Img_0142
左側。シールド上部が白グラデーションにしたのはガトリング部分を外したシールドは覗き穴(丸いところ)が下側に来るというオリジンガンダム式装備スタイル。ガトリング部分は外せないので残念ながらそれは次回以降のグフカスタムでやろうと思う(謎)。

さてと次は何を作ろうかな。エグゾフレームをやろうかとも思ったけど、どうしようかな。軽い気持ちで12月中に完成させられるだろうか。

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

いい冬らしい。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。レタッチを少々。完成に向けて少しでも動かないとなぁ。剥がれてしまった塗装もここでなんとか挽回するのだ。

そんな訳で今日のAmazonプライム。
オール・ユー・ニード・イズ・キル(吹き替え版)
トムクルーズ主演のタイムリープもの。戦う、死ぬ、目覚めるの繰り返し。実際かなりの部分がそこにネタバレが集約される。どこがどうとか書くとネタバレが過ぎるので、書かないけど、思っていたよりも何倍も面白かった。まず異星人に対する人類の無力さが圧倒的で、その中に活路を見出すための人類のチート作業の設定が良い。なんだろうね、気持ちいい。なかなか死なない主人公役の多いはずのトムクルーズがこうまで簡単にタイミングが悪いだけでバンバン殺されるのを見ると実は普通の人な気がして好感が持てる。タイムリープモノでやる気スイッチ全開なところがトムクルーズらしいといったところかな。
日常生活も繰り返してればいつかプロフェッショナルになれる気がする。この映画の主人公は死ぬ気で頑張るんじゃなくて、実際繰り返し死んでしまって学習するので、それとはまた違ったもう一歩踏み込んだ圧倒的な差がそこにあるので真似したり、教訓にしたりする映画ではない。軽い気持ちで見る事をリコメンド。

月曜日、寒い。いい冬みたいだ。やる気スイッチは無い。

| | コメント (0)

2021年11月28日 (日)

貴重である。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。残っているパーツ類、主に濃い青の部分のトップコートを吹く。見えて来たかな?まだまだか。
朝から暇なので、恐る恐る組み立ててみる。カラーバランスチェック。
Img_0068
Img_0073
Img_0079
それなりに無難なグフカスタムの色に落ち着いたんじゃないかな。むしろつまらないくらいに。じゃぁ冒険するならどこに?これはアイテム的に無理があるんじゃないかなと思う。劇中のイメージがカッコ良すぎて、この強アイテム、それ以下にしか見えないのが1/100 MGグフカスタムなのだ。個人的に直したいところとしてはウエスト。ちょっと細すぎる気がする。ギミック殺してでも太くした方が良いよね。

昼から買い物に出る。結局、迷ったけど、まずは秋葉原まで行ってみる事にした。KOTOBUKIYA本店の5Fで催されているWR荒川さんの3回目の個展を覗きにいく。最終日になってしまった。本当は会社サボって昼間にゆっくり見に行きたかったんだけどなぁ。会場入って更にしまったなぁって思う。ご本人いらっしゃるのだから、作品集に隙を見てサイン貰えば良かったじゃないかって。

そんなこんなで写真撮り放題の作品展を鑑賞。簡単に言うと普通の人と比べて解像度が10倍くらい高い感覚を持つ人がどう言う風に物が見えていて、そんな人が作る物がどういったものなのか?っていう話。

Img_0105

ガンタンク。

Img_0090
百式。この浮遊感がたまらないっす。
Img_0092
ホワイトベース。
Img_0091

上記ホワイトベースのダイオラマ中のゴッグなの上陸シーン。こういうところなのだ。堪能。

あとコラボモノのMS部分、作者によって違うところではあるけど、ちょっと気になるところがあったので写真におさめてきた。グラデーションの、エアブラシの粒子の飛び方にまで気を使わないといけない。その辺は印刷物には出なかったりするので、後学のために。
その後、コトブキヤ、ボークスと寄って、歩いて上野まで。

上野、中田商店で服を物色。長袖Tシャツを買おうと思ったけど、残念サイズがなかった。
Img_0122
パーカー購入。¥8800

米国宇宙軍もの。今年のモデルらしい。中田商店で売ってるんだぞ。本物に決まってるじゃないか。

最寄駅に戻って来て、帰り道、イエサブに寄る。旧キットの残り香が少々。
・1/144 FGザクII ¥330(お一人様一個まで)
・GP-09 プリズムブルーブラック ¥1100

ふと見るとプリズムブルーブラックがまだ売っていた!勢いでレジ横の1本手に取ったけど、お一人様2本までだったので2本買っておけば良かったかもしれない。

まぁそんなこんなで日曜日を満喫です。

| | コメント (0)

2021年11月27日 (土)

それならそうと。

深夜の模型作業は結局無しにしてしまった。乾燥時間?そんな感じ。えっ2日間も?

週末いつも通り暇なので秋葉原まで行こうかなって思っていたけど、思っただけでした。寝坊してしまったため。
仕方がないので暇がてら模型作業。1/100 MGグフカスタムの続き。出来ているパーツを組んでみる。このタイミングまで組んだ事がないので、どんなカラーバランスなのかドッキドキです。水色の方がザクの緑色よりは難しくないかなとは思う。ちなみに胴体の濃い青色のパーツはまだトップコートを吹いていないので組めない。
Img_0062
胴体。コクピット周り。この辺はもう2度と見ることはないかもしれない。ただ今回は肩のスイング機構の調整用に胴体部分を分解可能にしているので、これはまた見る事があるかもしれない。ノリスパッカード大佐も一応塗っておいた。
Img_0063
右手。肩のジオン軍のマークはゲジゲジタイプ。
Img_0065
左手。一応、ノリスは大佐なので階級章はこれになるっぽいので、設定とは違うけどこっちを貼ってみた。
まぁ何にしてもガンプラも遊びの一環なのでいろいろ面白そうな事は取り入れてみるのだ。あまり肩肘張らずにのんびりやっていきましょう。

 

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

なんだかダメみたいだ。

結局、ふて寝を決め込んで、気がつけば朝だった。なんか寝汗が凄いんですけど、ジジイ。
ダメージ0って訳では無いのは間違いない。

今日知った事。
とある若い衆が「整える。」っていう言葉をよく使うそうで、これが意味するところはサウナでデトックスする事らしい。サウナでアッチッチの後、水風呂に浸かる。そしてまたサウナ、そして水風呂を繰り返すと暑いとか寒いとかの感覚を超越した「整えた身体」が出来上がるらしい。しかも整えるとモテるらしい。この歳まで生きてきて初めて知った「整いました。」の状態。脳内麻薬がバクバク出るらしい。
その若い衆は月曜日に有給取って、サウナに行って整えるってさ。
ああ、こういう話を馬鹿にして笑い飛ばす事をしないで、実践できる大人になろう。見えない世界が見えてくるかもしれない。

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

負けモード。

深夜の模型作業はちょっと時間が取れなくて、横になったら寝てしまっていた。グフカスタムのトップコートももう少しで終わるのに。

本日、Hobby Japan 1月号の発売日。会社帰りに本屋さんの閉店ギリギリに滑り込んで買う。
月刊ホビージャパン2022年1月号 ¥1100
久々に発売日に買う、HJ 1月号。第24回全日本オラザク選手権掲載号。もう分かっちゃいたんだけど、一応、ケジメとして購入。
本屋で一応探してみたけど、その場では見つからず。切手サイズの小ささを改めて実感。家に帰って来て、探してみてようやく発見。
Img_0060
web投稿の際にアップローダーがおかしいのか、僕がバグっているのかよく分からないけど、2回やってみたのにどちらも10枚アップ出来なかったので、こりゃ不戦敗?とかも危惧したけど、どうにか無事掲載されていた。
雑誌のコンテストに最後に応募したのは2013年の電撃ホビーマガジンのガンプラ王。思うに相変わらずプレゼン能力が全然足りてないと思った。その頃となんら変わらない、周りを見ると分かるけど、戦い方が分かっていない。地味な上に工夫が足りないんだろうね。本気でやるならば、この辺もうちょっと頑張らなくてはダメだ。
折角なんで投稿した他の写真は自分のブログにアップしておこうと思う。
Img_4023
Orazaku2021_02
Orazaku2021_06
奇跡に近いんだけど、この斜めのライン迷彩の角度が揃っているところがポイントかな。この辺がどの角度の写真でも揃って見える辺りの芸風が僕らしさかなと思う。この辺の迷彩パターンも10年後くらいにガンプラ界隈で流行っていたら、僕が先駆者っていう事でお願いします。
評価されなかった時は、いつも「やっぱり生まれてくるのが早かったんだな」って思う事にしている。流行り廃りに左右される世界なので、なかなか理解されないものなんですよって事さ。
こういうお祭りに参加出来るのはやっぱり楽しい。参加したら初めてウダウダ言える事もあるのだ。ただやっぱりなんか悔しいのは間違い無いので、早々にふて寝。明日以降の未来の自分の頑張りに賭けるのだ。 

| | コメント (0)

2021年11月24日 (水)

成分表示。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。トップコートを吹く。濃い青色の部分以外ほぼ吹いた。トップコートは今回もEX04+GX114のカクテル。これが良い感じのふんわりした感じフラット感が出る。

Img_0053
今のところ右肩になる予定。
Img_0057
iPhone13Proのマクロ機能って、肉眼で見えない文字を判別できる。恐ろしいなぁ。絵面じゃなくてもうちょっと意味考えてデカール貼ろう。
Img_0055
メタリックカラーもツヤ消すのだ。一応、キャンディー塗装に分類されるかな。スターブライトジェラルミン+ガンメタルにクリアーカラー数色+Mr.ウェザリングカラー数色でドッティング。

なんか面倒臭い気分。2021年ももう終わりなんだから。

今日のAmazonマーケットプレイス便。
LAST HEAVEN'S BOOTLEG / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT ¥447+350
最近、また身体に足りていない成分を積極的に補給するのだ。中古だけどレンタル落ちじゃない、滋養強壮に効く奴。

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

マンティスガチャ。

深夜の模型作業は無しにした。トップコートを吹きたいのだけれども湿度高めのため。エアコンブンブン回して、吹くのも可能なんだけど。
そんな訳で深夜の映画を楽しむのです。
今日のAmazonプライム。
アサシン クリード (吹替版)
大ヒット?ゲームの映画化作品。ゲームは海外版をDSで少々やったくらい。暗殺系のゲームってそんなにヒットしている物なのかしら。
内容的にはこれまた微妙な感じだったなぁ。アサシンの祖先が現代から過去の先祖にアクセスして、宝探しをするお話。最後は悪い奴に復讐しつつ、現代にアサシン教団が復活するみたいな流れ。結局、誰も良い人がいないっていうお話なのかな。暗殺者の割に仕事が派手で正々堂々、大騒ぎになるのがなんとも言えない。冒頭、幼少の頃の主人公が自転車でジャンプして落っこちるシーンがあって、そこにマットが敷いてあって、それでも落ちた怪我がちょっと痛そうなんだけど、その後、なぜか鷹を見ながら馬鹿そうに笑うシーンが良かった。その後、家に帰ったら大変な事態が起きてるっていうのに。

昼過ぎ、家族とショッピングモールへ買い物。
服を買おうかと思ったけど、思っただけだった。家族の買い物がそちらの方角に行かなかったからだ。途中、ガチャガチャ屋があって、そこでカマキリのガチャがあったので1回だけ回した。
・いきもの大図鑑 かまきり02 5 オオカマキリ(ダークグリーン腹部膨張版)¥500
これってメスっていう事なのか、それともハリガネムシでパンパンなのか。
素材が基本的に軟質プラなんだけど、硬いパーツと柔らかいパーツでうまく組み合わさっているので、関節部分、組み立てに力をかけて押し込んでも折れないように設計されている。なかなか凄い設計だと思った。飽きたらちょっと塗ろうかな。

| | コメント (0)

2021年11月22日 (月)

なんて事ない。

いやはや、雨。月曜日。気持ちが萎える。勤労感謝?感謝は誰に向けてするの?経営者?

今日のAmazon便。
THE ZOMBIE(CD+DVD) / アイナ・ジ・エンド ¥5243
アイナ・ジ・エンドの2ndソロアルバム。1stソロのツアーDVD付き盤。僕には世界観がちょっと難解かなと思った。僕にはBiSHくらいの万人受けする馬鹿さ加減が丁度良いのかもしれない。

| | コメント (0)

«引きこもっていた。