1/20 スコープドッグ

2020年10月11日 (日)

夏が終わって、自己嫌悪になる。

深夜の模型作業は1/100 MGパワードジムの続き。右腕、腰のサイドアーマーの穴を隠すパーツを作る。この穴、いつもどうしようか考えるけど、今回は塞ぐ方向で処理する。構造的にメスかオスかで考えると武器側がオスで本体側がメスなんだけど、どっちかというと本体側も武器側もオスメス構造+磁力的な何かでくっ付いている気がする、そんな想像。小さいので落としたらほぼ見つからない気がする。

台風一過、カラッとは晴れず。昼過ぎにイエサブへ行く。夏休みの工作の回収作業。
撤収作業中、「次は11月末のガンプラコンテストで。」っと店員さん、僕は苦笑い。どうしようかな。1/144でも1/100でも良いらしい。
Img_3569
キャラクター部門の銅賞の賞品。
メインはモデルカバー中サイズ。イエサブ製品で完成品を飾っておく時のカバー。あとは参加賞はタミヤニュース2冊と10%割引券。今年は塗料用なのかな。
片付ける前にP1GP2018のペールゼンファイルズ版、八月大戦2018のターボカスタムと並べてみることにした。基本的に完成品は百均のタッパー保管しているので、これらを全部引っ張り出すのは結構大変な作業だった。片付けるのにまずは散らかすという矛盾した作業だ。
Img_3572
今回のスコープドッグ、やはり緑色の明度が違う。緑はこちらの色の方が良い気がする。
Img_3573
今回のスコープドッグ、パラシュートザックの色がメタリックグレーに合わなかったのだ。
細かく見ると、ターボカスタムに新しく出来たのか、いくつか塗膜にクラッキングが生じていた。気分が乗ったらまた直そうかな。
Img_3574
あと八月大戦2019のスコープドッグとも並べてみる。今見るとこれはこれでカッコイイと思った。ネタが尽きたらまたこの塗装バージョンも再トライしよう。プレバンのラウンドムーバーが手持ちであるので、本体を入手したらMa.K.的な塗り方もアリかもしれない。
Img_3575
取り敢えず、進捗がてらのパワードジムとも並べてみる。MGサイズのガンプラに比べたら大きめ。
Img_3570
あと脚の裏の転倒防止用のピンも外しておく。
Img_3571
この部分のこのパーツがピン穴を隠す。このパーツは磁石接続にしてある。足の裏を塗りそびれたのがバレてしまうのだった。
約1ヶ月半くらい店頭に置かせてもらった訳だけど、ここ2年くらい生じていた塗膜のクラッキングは特に起きていないようだった。やはり水性アクリル塗料の上からウェザリングカラー、さらにラッカー系のトップコートという仕上げ方が問題で、乾燥不十分なアクリルの塗膜層の上のラッカー系の塗膜層が急激に乾燥し、縮むことで引っ張られてクラッキングが生じていたということだと思う。下地をラッカー系に変更すれば、この現象は起きないんじゃ無いかと思う。
ただラッカー系とウェザリングカラーの相性はイマイチみたいで、フィルタリングした色味がそのまま出てしまっている気がする。水性アクリルの塗膜のベタつき感というかラフな引っ掛かり感にうっすら乗る混ざり感が足りない。この辺は今後の研究かな。
あと思っていた以上に緑の色味が変わった気がする。なんか退色してしまったような気がする。緑はやっぱり難しい色だ。
ウェザリング、もう少し勉強しないとダメだなと自己嫌悪に陥る。ポーズがあっての、ディスプレーあってのウェザリングなんじゃ無いかな。素立ちさせると陰影も含めて、ただ汚い模型がそこにあるようにしか見えない。
反省点も見つけられたし、また来年も頑張ろうかな。こんな僕の作品を選んでくれた方々に感謝。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

やはり難しい戦いだったなぁっという感想。

深夜の模型作業は模型いじりをせずに筆のお手入れをする。筆で塗り始めた頃の文盛堂のSUPER SABLEの何本かはもう筆先が再起不能なくらい揃わないので、いっそ捨ててしまおうか悩むけど、これはこれでウェザリングカラーでゴシゴシする時とかに使えば良いのかな。ウィンザー&ニュートンの筆はもうそろそろ毛もなくなりそうな状況だけど、まだまだ筆先が揃っていて、超細筆的な使い方をしている。これは二度と手に入らない状態な気がする。フィギュア塗る時のお気に入り。ガイアのブラシクリリンでザバザバ洗った後、水洗い。

夕方、帰宅途中、イエサブに寄り道。今日は八月大戦2020(模型コンテスト)の発表の日。どうしようか迷ってけど、結局、見に来てしまった。今年は正直なところさっぱり自信が無かった。いや、自信が無かったというよりは「もう時代が違うのかもしれない。」他の方の作品を眺めて見て、そんな感じだった。
結果から言うと銅賞を貰っていた。ただほぼ僅差なんだろうなぁって思う。本当に好きか嫌いか、それくらいの差だと思った。投票してくれた方々、お店の方々、ありがとうございました。
Img_3533
僕のカテゴリーはキャラプラ部門というところでガンプラ以外のキャラクター物という普通に考えても難しいけど、今年は特に難しい部門だったと思う。「プラ」と名前は付いているけど、自作のフィギュア、ガレージキットなんでも有り。ガレージキットのフィニッシャーがガチで塗装勝負で来たらとてもじゃ無いけど、敵わないと思う。このレギュレーション設定は僕個人的には好きで、上手い人の作品はどんなにケチが付いても、「でも圧倒的に上手いよね?凄いよね?」って思う。非常に勉強になるし、あわよくば「これどうやって塗ってるんですか?」って直接聞いてみたいとも思う。
実はこの部門、今年くらいからちょっと難しいかなって思い始めている。思っているけど、来年も多分、僕はバンダイの1/20スコープドッグを作ると思うし、タイミングさえ合えば持っていくと思う。ただ現段階で手持ちのキットが無い状態で店舗にも見当たらないから、再販がかかるか否かにかかっている。あとはプレバンか。
ガンプラ部門もかなりの盛況で見ていて、非常に楽しめたし、面白かった。ここに僕が作ったガンプラが一緒に並んでいたら、どうだ?って考えながらいつも見ている。何作ったら良いのか?多分、1/144は作らないし、大きめの1/100か、1/60くらいかな、大きい方がやっぱり目立つし。ガンプラも基本的には塗装勝負になるのかな。あとはGBWC基準とまで言わないけど、ディスプレイの仕方が重要だと思う。
スケールモデル部門はキャラプラ部門よりもさらに分散する傾向にあって、より見る側の嗜好性がかなり強く出るのは間違いない。僕は基本的には飛行機と戦車がやっぱり好きなので、どうしてもそこばかり見てしまう。あとは戦艦はその緻密さで無条件に点数を上げてしまいがちだ。車はボディーカラー次第。どうやって塗ってるんだろう?って考えさせられると点数が上がりがち。適度にドラマ性、フィギュアの配置だとか、そういうモノがあると無いだとやはりある方が見入ってしまうので、当たり前だけどそこもポイントだと思う。
簡単に言うと、手間隙かけて作る以上はどれも最高の出来なので、その最高の模型を他の人にも細かく見てもらうためにはどうするか考える。まずはその模型の前に長く止まらせておくにはどうするかっていうところなんじゃなかろうか。それは作るところで仕掛けても良いし、ディスプレイとして仕掛けても良いってところかな。

今日買ったモノ。
・Mr.ウェザリングカラーフィルタリングリキッド グレーズレッド
・Mr.ウェザリングカラー ホワイトダスト
・Mr.ウェザリングカラー ライトグレイッシュ
ウェザリングカラーの新色購入。グレーズレッドはいい感じがする。あとタミヤのようにフィギュアの肌に使えるピンクがあると嬉しいんだけどなぁ。

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

とことんネガティブ。

深夜の模型作業は片付けついでに、少しだけ寸法がおかしくなってしまい入らなかったスコープドッグのフィギュアの壊れた部分をなんとか誤魔化して、形にしておく。
Img_3523
なんとか元には戻ったみたいだけど、中に入れられるかどうかは分からない。よくよくみると塗っていないところもあるので、もう少し塗り足しておこうかな。これも塗装の練習になる。オレンジ色、良い色がいっぱい出ているけど、塗るとやっぱり難しい。1/48のX-wingのパイロットも難しかったけど、1/20だと難易度もかなり上がる。赤に振るとおかしいし、白くすると肌色になってしまう。黄色から薄いオレンジを作るのが正しいのかなぁ。
次に何を作るのかも少し考える。イキオイとしてはサンダーボルトアッガイのダリル機への改造=もう一機作るという話になる。差し替え用のパーツから作れば途中で飽きてちょっと満足しそう。頭部のカメラユニット、左腕のレーダーユニット、バックパックの真ん中のパーツ。あとは各パーツの展開等のギミックを作るかどうか、そんなところかな。かなりの大きさと重さになるのは間違い無いので、補強も入れないとダメかな。
作る作る詐欺になりつつあるのが、ザクとかゲルググ。モーターヘッド(IMS)も作りたいなぁ。グッスマのエグゾフレームが新製品が出るらしいので、それもちょっと楽しみだし、多分、いくつか買っちゃいそうだ。


7月からネガティブデータばかり出していて、アレレなんだけど、よくよく考えてみれば落とし穴にまんまと嵌められたという事に気がついた。なるほど、そういう事かと全てが繋がって納得。いい迷惑かもしれないけど、真実が多分この結果なのだ。暑い暑い夏なんだけど、多分、そろそろ冷え冷えして来る奴も結構な数いそうな予感がする。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

そうして日曜日。何とか終わったようだ。

深夜の模型作業は1/20 スコープドッグの続き。作業的にはウェザリングカラーを塗した後、シンナーで落とすフィルタリング作業。チッピングの部分のニュアンス付で同じくウェザリングカラーのラストオレンジで錆表現、これも塗して、シンナーで落としての繰り返し。この辺、芸が無い?っと言われそうだけど、もうそんな検討をしている時間も無い。
単純な作業の繰り返しなんだけど、流石に何だか眠なって来る。午前3時。何とかそれを乗り越えて午前5時まで。何とかフィルタリング作業終了。
起きて、朝ごはんを食べて、少しのんびりした後、作業再開。パーツを一通りチェックした後、トップコートする。トップコートはフィニッシャーズのスーパーフラットクリアをエアブラシする。さっきパーツチェックしたばかりなのに拭き取りが足りないところを見つけるのはなぜなんだろう?
その辺は結局のところ、愛嬌というか、デジタルじゃ無い生身の人間のやる事だから仕方がないという事だと開き直る。
しばらく感想を待って、昼過ぎに組み立て作業。
バンダイ製のスコープドッグもこれで都合5個目で基本構造は変わらないので、ツボは分かっているので、関節の破損する可能性のある箇所は予想出来る。肩と足首。そこは既に対策済みなので、何とかなりそうではあるが、想定外だったのはパイロット。今回載せようと思って、作っておいたんだけど、載せてみたらハッチが閉まらない。どうやらオリジナルから少しでも関節をオフセットすると収まらなくなる模様。今回の場合は腕の高さを変えたために腕が引っかかってしまっていた。仕方がないので今回も載せず。
左手を組み立てところで上腕のパーツにクラックが入っているのを発見。どうやら力がかかったタイミングでスジボリに沿って一部割れた模様。右手と交換してしまえば見えなくなるので、いまはこれで凌ぐ。仕方がない。
Img_3510
Img_3511
素立ち。組んでみると、ちょっと何かが足りない気がする。差し色なのか、随分とあっさりしている印象だ。緑色は思っていた以上にいい感じかな。アマガエルみたいで。左腕の青は思っていた以上に紫の色味が出ていないけど、白黒にすると同じ色くらいに見えるので緑とのトーンは合っているのかな。
パラシュートザック 、多目的ブランケットは赤色(ガイアのローズブライトレッド)にしてみたけど、差し色としては成立したかと思う。
Img_3514
素立ちではやはりパンチが足りないので、ポーズは定番のこれで。要するにP-1グランプリ2018の時と同じではあるけど、これ以外、ポーズが決まらないんだよ。

夕方、イエサブに持参。歩いて行ったけど、暑くて溶けそうだ。
Img_3521
相変わらず、提出が遅いので、キャビネットの空いているスペースが上の方で、どうしても上から見てもらう想定しかしていないので、この角度は想定していないという事態。まぁ仕方がないのかな。今年はやはり巣篭もりホビー生活の影響か、作品数も多いし、何より力作揃いだった。スケールモデルが少なめかな。ここに、「八月大戦2020」に完成品を持って来れて、参加できただけでも良い事にしよう。
題名は「PREDATOR2020」としたけど、今、1作目の映画のプレデターが無性に見たいというのが理由。
そんなこんな夏休みの宿題、短い夏休みだったけど、これにて任務完了。

帰り道に本屋でなぜかAmazonで予約が出来ない、ガンダムサンダーボルト16巻の特装版を予約して来た。なぜかAmazonでは既にプレ値すら付いていて、どういう事何だろう?謎である。

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

なんて事でしょう?土曜日?

深夜の模型作業は1/20スコープドッグの続き。基本塗装が終わったので、塗り分けを進める。塗り分け部分は水性アクリルカラー、タミヤ、クレオス、ファレホ。発色良くしたい部分はファレホ。塗り分けしつつ、ダークチッピング。ダークチッピングは開き直ってフラットブラック(タミヤ)、次いでライトチッピングはチタンシルバー(タミヤ)。貼り終わったデカールで感想が済んだパーツから塗膜保護用のクリア塗布。クリアはスーパークリア3。乾燥待ちじゃないパーツはウェザリングカラーを塗し始める。
パラシュートザック にブランケットを取り付けていたら、力がかかりすぎたのか、取り付ける位置のプラ板の底が半分抜ける。一瞬絶望するが、ブランケットを載せると見えなくなるのでこれはこれで今は誤魔化してしまおう。半分抜けたプラ板をそっと持ち上げて、元にも戻して、壊れてない事にする。プラ板の箱組み、力がかかりそうなところを確認しながら、組んでいたはずだったんだけど、ここだけ補強を入れてなかったっぽいなぁ。

なんとアホかと思うけど、出社日。クソみたいに暑い。おじさん、なんかどこかしらから酸っぱい臭いがするよ。
半休するのだ。帰り道に手芸屋さんに寄って、3mm幅の黒いリボンを買う。このリボンで下腕アーマーを括り付ける。

夕方、娘の音楽教室のクラスコンサート。迷ったらしいけど、結局、個人レッスンしているアリエルの曲を弾くのを聴く。ちゃんと弾けてた。結局、うちの娘は超気分屋なので、上手く嵌れば、上手くやれる。子供の伸びしろってそういうところなのかな。上手く拾ってやれば幸せになるという事だろうね。僕の伸びしろってまだあるんだろうか?

どう考えても一日足りない。なんだろう、ギブアップも見えて来た?

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

今日は何日?金曜日。

深夜の模型作業は1/20 スコープドッグの続き。下腕アーマーの2色目、クラッキングの一色目はオレンジ(タミヤ)にしたので、結局、ロイヤルブルー(タミヤ)。グロスの水性アクリルで実績を考えるのとクラッキングの観察しやすさからこの組み合わせにしてしまう。クラッキングはジョソーニャのクラックルメディウム。今回は生色にはせずに乾燥後にラッカー系でオーバースプレーするので、なんでも良い。セリアのクラッキング塗料も試してみたかったけど、テストしている時間がなかったので、見送り。クラッキングは適度な大きさで割れる必要があるので、セリア製の塗料はテストがてらそのうち何か作ってみて使ってみる事にする。
ラッカー系塗料のエアブラシ作業。基本色はほぼ終了。過去の遺物で調色済みのカラーがたくさんあるので、左腕の青はその中からチョイス、ガイアの青カモ02。ガンダム系の2色迷彩用の薄い色なんだけど、少しある赤みがメルキアっぽい。
ラッカー系、乾燥スピードが速いのはやっぱり魅力的だ。

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

木曜日?やばい、やばい。

深夜の模型作業は1/20 スコープドッグの続き。基本色をエアブラシ。ラッカー系。スターブライトアイアン、スターブライトジェラルミン、メタリックブラック、軍艦色1、マーズライトグレー。色のチョイスはウェザリングカラーによるフィルタリングを加味するので、思っている色よりも薄い(白い)色をエア選ぶ。フィルタリングで色がうまく出ないようならクリアー系でオーバースプレーしてトーンを変えてしまう作戦。ただこの時間も無さそうなので、兎に角、頭の中にある最終系の色が出る事を祈りつつ。
下腕アーマー、クラッキングを入れるので、一色目のオレンジを塗る。筆塗り。オレンジ+緑でMA1みたいなのも良いかなって思ったけど、水性アクリルでグロスの良い感じの生色の緑が手元に無いので、これは諦めるしか無いかな。

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

予定は未定のその3、大惨事?

深夜の模型作業は1/20 スコープドッグの続き。本体カラー、白+タン、ニュートラルグレー、関節部分のメタリックブラックを吹き終わる。考えてみたらスコープドッグ をラッカー系のエアブラシで塗るのは久々。水性アクリルの筆で塗る時は筆が届かないところ=見えないところ=塗らなくて良いの理論で結構手抜き+シャドウって事で誤魔化していたんだけど、今回はバラした方が楽なので極限までバラして塗装中。メタリックブラックを塗っている最中、洗浄用のシンナー瓶を持った手が滑る。あっと思った瞬間、シンナー廃液を被ってしまった。ズボンは灰色だったから、まぁシンナーが乾けば平気かなって思ったけど、着ていたTシャツがWildheartsの2018ツアーのレモン色の奴で、おそらくもう取れない黒いシミが大量に出来てしまった。実にアナーキックでパンク。パンクだけど、流石にこれはどちらかといえばルンペンに近い汚れ方の部類になるので、泣く泣く捨てる事にする。


朝、出社前に少々エアブラシ。緑色を塗る。今回の緑色は605 外舷22号色にしてみる。タミヤアクリルの灰緑色に近い色がラッカー系で見つからなかったため。1カップ分、吹いて様子を見て出社。
会社なんか行っている暇がないのになぁ。
考えてみると本当にギリギリのラインだ。
作業可能な日数はあと4回分。
8/19 エアブラシ作業終了、基本色塗装終了。
8/20 レタッチ、細部塗り分け、デカール貼り。
8/21 デカール保護クリアー吹き(朝)、ウェザリングカラーでフィルタリング。
8/22 ウェザリング、寝る前にフラットクリアーでトップコート。
8/23 組み立て、持参。
迷ったら負けですなぁ。

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

予定は未定のその2。

深夜の模型作業は1/20スコープドッグの続き。サフ吹きの続き。
Img_3502
灰色のサフを吹き終わった状態で一旦組み上げてみた。足りないパーツがないかどうか、そんなチェックも兼ねる。スワンピークラッグの一枚がまだ表面処理が一部終わっていない状態。下腕のアーマー、取り付け用の紐が手持ちで無い事に今更気が付く。どこかのタイミングで手芸屋に行かねば。
このあとバラしつつ、黒サフでシャドウと武器と関節部分のメタリックカラー部分の下塗り。白サフでハイライト部分を入れて行く。基本気休めというか、目印というか、作業の進行上というか。今回は基本塗装はラッカー+エアブラシで作業スピードを上げる予定。

仕事はなぁ...会議で研修をした。内容的には???だらけだったけど、やれと言われた通りに大体やる。

今日のAmazon便。
戦車模型海外技術指南: 日本の技法で使いこなす最新海外マテリアル ¥3740
モリナガ・ヨウのプラモ迷宮日記第3集「フラットレッドの巻」¥2750
戦車模型海外技術指南はかなり評価が高いようなので、やはり購入してしまう事にした。高いか安いかと言われると、高いけど、あと数年かそこらで紙の本が無くなってしまうかもしれないし、その時に紙の本を持っていることの優越感に浸りたいがためっていう理由も考えてみた。こういう本は結局解像度の問題で27インチくらいのタブレットPCがないとデジタル化されても困るよね。

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

予定は未定でその1。

深夜の模型作業は1/20 スコープドッグの続き。佳境。ギリギリのライン。サフを吹きつつ、表面処理のやり直しをしつつ。やはり苦戦するのは作ったばかりのレジンのパーツ。こんなところに欠け(気泡)あったっけ?みたいな感じでいつの間にか現れるのだ。予定は未定で3パーツを残して、サフ吹き終わりまで。

夏休み明け、会社。もうね、仕事なんかしている場合じゃないんですよ。これが。早く家に帰りたいのだった。こんな感じで今週は多分、例年通りの手抜き日報になる予定。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/100 GGI パトラクシェ・ミラージュ 1/100 MG MS-06F2 ザクII F2型 1/100 MG MS-07B グフ (ver.1.0) 1/100 MG MS-09ドム 1/100 MG MS-18E ケンプファー 1/100 MG MSA-0011 Sガンダム 1/100 MG MSM-04 アッガイ 1/100 MG MSM-07 ズゴック U.C.0096 1/100 MG MSN-04 サザビー 1/100 MG RGM-79 パワード・ジム 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.2.0 メカニカルクリアVer. 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0 1/100 MG RX-78GP03S ステイメン 1/100 MG ジムライトアーマーC 1/100 RE/100 MS-06FZ ザクII 改 1/100 YMS-09D ドム トロピカルテストタイプ 1/20 スコープドッグ 1/20 スコープドッグターボカスタム 1/24 スコープドッグ 1/35 OBSOLETE EXOFRAME 1/60 FF-X7-Bst コアブースター 1/60 PG RX-178 ガンダムMk-II 1/60 PG RX-78-2 ガンダム Blu-ray Disc DVD iPad iPod Tシャツ はじまり ひみつ道具 アクセス解析 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ガチャガチャ ゲーム コンピュータ ザリガニ(ざりがに) スターウォーズ スノーボード スポーツ テスト デジタルカメラ ニュース パソコン・インターネット ボトルキャップ レゴ 仮組み 写真撮影 実家 携帯電話 文化・芸術 旅行・地域 昔の日記 映画・テレビ 普通の日記 書籍・雑誌 模型 漫画 無駄使い? 甲殻類 経済・政治・国際 観察日記 調色配色メモ 趣味 音楽 食玩