« 2005年2月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年3月27日 (日)

また鹿沢スノーエリア。

起きて3時半。4時半出発。
ニコニコスキーの皆さんが参加する鹿沢ハイランドGSカップの応援に行く。
昨日、大阪。今日、鹿沢。
関越にのって、順調に...あっ上信越方面に行くの見過ごした!
仕方なく、渋川伊香保で下りて、下道でひたすら鹿沢を目指すことに。
下道もなかなか順調。無事到着7時。
駐車場で寝て起きたら10時でした。
皆さんと無事合流。
今回、先週負傷したエースをのぞく3名がエントリー。
結果は暫定エースがこうぢさん。
しかも飛び賞の70位もかっさらっていました。
雪面は刻一刻と変わる状況でのレースはスピードコントロールがかなり難しいようでした。
来年は皆さん、今年の自分を超えられるように頑張って行きましょう!

日差し強く、皆、日焼け。雪面ももうよくわからない。
板が全然滑らない。
頂上まで上がって下りて来た時に肩を捻ったっぽい...しっくりこないね。

ニコニコスキーの皆さんはここから海に切り替え。
僕、今シーズン、もう少し滑りますよ。

帰りは小諸からのるつもりが、渋滞を避けて、軽井沢から。
横川で再集合して解散。
藤岡のJCTから先が今日も関越道、事故渋滞の様子。
僕はそのまま突っこまずに、藤岡で下りて17号経由でダラダラ無事帰宅。

自分用メモ1。
ブーツ右足のBOAリールがリリース時にポロっと取れてしまった。
レース交換用のレンチで回すが、空回りするだけで固定されず。
ナットがバカになっているみたいだったので、左足のそれと右足のそれを交換したらなぜか直った。
交換用BOAリール、このシステムの要なので注文しておいた方がいいかもしれん。
交換用BOAリールはココで買える。
オーダーフォームの下の方。

自分用メモ2。
午前中、ヲレサマより電話有り。
昨晩のやんごとなき件、取り急ぎ僕はどうにも出来ないのでお願いする。
午後、トシタカより電話有り。
なんとビックリ。その件で米国から帰国してきた様子。
やんごとなき理由での帰国とはいえ、元気な声が聞けて何より。
「わからない。まだまだ帰って来れそうにない。」そうです。頑張って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月21日 (月)

鹿沢スノーエリア。

朝、さてどこに行こうかっと考える。
奥只見が確か3/19からっと聞いていたので、ほぼそこで決まり。
出発する間際、一応、割引券でもチェックして...っと思って、HPをチェックしてみたら、
「豪雪のため、除雪作業が進んでません。延期。」■
間一髪。下手したら現地で気が付いてた。

そんなわけで、来週、鹿沢のレースのため事前合宿に行っているニコニコスキーの連中を見に行くことにした。
前日、電話をかけたが、繋がらず。
まぁ、現地にいるべ。っと踏んで出発。

鹿沢までの道。
遠く険しく、3時間もかかったよ。
もうすっかり日が延びて、春の朝だった。

鹿沢付近は雪が降ったらしいね。

風、強め。
ゲレンデコンディションはちょっと雪が降って良い感じ。
しかし午後になったら、日差し強めのすっかり春スキーモード。
さすがに寒いところなので、半袖は無理か。
雪が重くなったので、パークで遊ぶ。
シーズン始めにスパインで顔面から落ちてどうもキッカーから遠ざかり気味。
ちょっとリハビリで、おっかなビックリ。へっぴり腰。
もうただただストレートジャンプのみ繰り返した。
ここのキッカーなかなか良いサイズで高さが出て嬉しい。
ジブ系にもチャレンジしたいが、どうも怖い。
レールも怖いが、ドラム缶はもっと怖い。
ドラム缶にはどうアタックすれば良いのだろうか...
兎に角、苦手科目を少しでもなくすために、今シーズンの残りはパークの攻略を頑張ります。
ニコニコスキーのメンバーにさっぱり会えず...帰り支度中に電話したら、
「そこには行ってません。」とのこと。
まぁ仕方ない。
春スキー堪能。

3時くらいに上がって、帰路に。
途中、旧軽井沢でアトリエドフロマージュのフォンテンヌブローを買う。■
おそらく最強のチーズケーキ...渋滞中に食べ終わった。
なんだか足がガクガク。いつもながら春シーズン一発目は効くねぇ...
すっかり疲れた上に、軽井沢〜碓氷軽井沢ICまで渋滞。そして高速もずっと渋滞。事故渋滞。家の近所まで渋滞。
関越、最後の渋滞の原因は覆面パトカーとバイクのカーチェイスでした。
警察も逃がしたらメンツが立たないので、追いかけるんだろうけど、それが原因で渋滞作るというのはどうなんですか?
ダメでしょ?

なんだか目が回るくらい疲れた...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 8日 (火)

なんだか思い通りに仕事が進まず苦悩。

PCRで増やした断片が途中300bpくらい同じ場所がぶっ飛んでた。中抜け。
しかも独立で仕掛けた8本とも同じ結果。
鋳型はプラスミドで、その配列があるであろうことはバンドサイズから確認済み。
なぜ短くなる?
どうすっかなぁ...

結局、一日、あれやこれや考えて、そのまま帰宅。

毎年行っていた大阪出張。
今年はどうにか逃げ切り...っと思っていたら、行かなきゃいけない状況に...
「この人(おそらく新人)を連れていって貰えませんか...」っとお願いされる。
忙しいと断って、そいつを物の怪多数の千尋の谷に突き落とすか...
来年、再来年のことを考え、そいつを育てる意味で今年いっしょに行って引きずり回すか...
こんなところでも苦悩。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年5月 »