« セントルイス1 | トップページ | セントルイス3 »

2005年11月 7日 (月)

セントルイス2

結局、時差呆けなんだろうけど、寝た気がしない。
朝7時半にメトロに乗って学会会場へ行く。
会場内の売店でコーヒーとマフィンを買って朝飯にする。マフィン$3、コーヒー$2。
コーヒー、金を払ってカップを受け取って、勝手にタンクから汲むんだけど、普通のコーヒーのタンクは空。カフェインレスコーヒーを飲んでみるがパンチが足らん。
ちょっとグッタリする。
真面目にセッションに参加。なかなか面白かった。今日、明日はなかなか良い感じ。
こっちの人のスライドは兎に角見にくい。そうして意味もなく無駄にアニメが入っていたりする。これが流行なのか。
昼飯はたっぷり2時間。ショッピングモール(シアトルセンター)の上にあるフードコートに行く。
一応、食えそうなモノが売ってるところだった。
ただこのショッピングモール、店が半分以上閉店&空き屋。廃墟といっても良い。
エスカレーターもたまに止まってる。
フードコートも6軒中3軒しかやってない。取り敢えず、ジャンクなので、ジャンクを堪能。パンピザとペプシで$5ちょっと。注文システムがいまいちよくわからなかったが、イキオイでねじ伏せる。
ジャンクフードの国ではジャンクに従う。これが僕の流儀。
それに対して同僚のAは微妙にそれを外そうと努力する。
「それって旨いの?」っと聞くと「わかりません。」と返ってくる。
っで、それが明らかに裏目で旨そうに見えないし、旨くない顔をして食べているから面白い。
その後、午後のセッションまで時間があるので、ポスター会場&機器展示会場へ行く。
各ポスター発表の横に小さなボックスが置いてあって、ポスターの縮刷版が入っていた。これは意外と便利。
日本に帰ったらマネすることにします。
展示会場は何に使うのかよくわからない巨大な檻まで置いてあった。ライオンでも飼えそう。米国の製薬会社はハリウッド映画にあるように恐竜とか復活させる実験をしてるに違いねぇ。
ホントに凄いと思ったのはゼブラフィッシュやメダカ、ゼノパス用の大量飼育用水槽ラック。環境問題やら安全性試験からのニーズもあるからなんだろうけど、研究体制としていろんな分野をリソースとして利用出来るというのは正常だと思う。
学会に来る度にそこかしこで感じることなんだけど、ココに来て、うちの会社の研究体制の不健康さというのが鼻につく。
もう取り返しがつかないことになっていると思っているんだけど。
なんとなく耳年増のお茶呑み会ばかり。それでいて手は動かないし、創造性に乏しいという...
そう感じたあとは、いつも通り「他人はどうあれ自分は自分が出来ることをする。」と心の中でつぶやくんだけど。
午後のセッションは症例報告。普段見ない聞かない動物のレアな話を聞く。ブルフロッグが出てきて、フィンチの話が出てきた時、意識を失った。ただカエルは環境汚染の指標なので重要な意味があるわけだ。米国では。
その後、マウスの話で復活。
終わって4時45分。ダウンタウンの中心街と思われるところを散策。
スーパーマーケットは見当たらず。ホテルに付いてるコンビニを発見し、水とポテトチップスを買う。合わせて$4.25。大きめのサイズの水が買えて、自分大喜び。
その店も通りに面した扉は18時に閉まると書いてあって、ああやっぱりそういうトコロなんだなぁっとつくづく思う。
兎に角、日が暮れると人がほとんどいなくなる。人影は駅前の新聞売りと銅像くらい。
人がいないことよりも実は不安なことがある。
自動車の運転。ストップ&ゴーが基本。信号オーバーランが基本。
エンジン音、変なカラカラいうのも基本。
横断信号の意味がわからないので、躊躇していると横で止まってる車が急発進するもんだから、イキオイ、轢き殺されそう。
それをAに話したら笑ってた。「よっぽど外人が寄ってきて話しかけられる方がよっぽど怖いですよ。」だと。
人に対しては怖いと思わないけど、この町のこの雰囲気はイヤだ。空きビル、空き店舗が不気味。人がいる方が安心出来る。
道に迷いつつ、なんとか駅にたどり着き、昨晩、飯を食いに行ったユニオンステーションに行く。
今回はちょっと探検。どうやらそこはハイアットホテルのショッピングモールらしい。
セキュリティも比較的良いようで、遅い時間まで開いている店が多いので、お土産もいろいろ漁れそう。
ちょっと見て回るとバカグッズ系の店もあるので、僕は大盛り上がり。
最終日にお土産はまとめてここで買うことにした。
ふと階上を見たら、何軒か食い物屋を発見。その中にHooters 発見!こんなとこにあったとわ。
キタコレ。早速突撃。
まぁファミレスなんだけどね、ウェイトレスさんイカしたビッチ。
あまり客も少ないので、ウェイトレスも少ない。やっぱり顔は可愛い娘が多い。
しっかし、乳もデカイがケツもデカイ。それに腹がポテッと出てる。
背中の肉も積もってる。たまらない人にはたまらないモノらしいが、僕にはどうもなぁ...得した気分にはなるけど、別の動物(肉食動物)に見えてきてしまって...
Aは比較的そういう部分があれやこれや好きなのでノリノリでした。
ホットチキンウィングが有名らしいので、チキンウィングとバドワイザー。
それに僕はハンバーガーを頼む。
Aに「またジャンクですか?」っと言われるが、無視。
ジャンクの国ではジャンクは正式な食事なんだよっと。
ここでもAはシーザーサラダをチョイス。山盛りの草が出てきて大笑い。
酒がほとんど飲めないAも雰囲気ノリノリでビールを注文。
ハンバーガーは普通に旨い。肉とサイズに満足。
もうちょっとあれこれ簡単な会話が出来ると良いなぁっと思う。もてない要素しかない。
リターンマッチを心の中で誓う。
一駅歩いてホテルに到着。
昨日は人がいっぱいいたホッケー場も人影が全くない。
今日もなんとか無事だった。明日からはもっと荷物を減らしたいと思う。パスポートも持ち歩かなくていいや。
風呂入って、3時間程寝て、再び起きて、ボーっとテレビを見ていたら、ドラクエ8のCMが流れてた。コンシューマゲームをさっぱりやらなくなったので、その辺に疎くなっていたけど、ドラゴンクエストって米国ではドラゴンウォリアーって名前で売ってるんじゃなかったかな?1とか2だけ?
ディスカバリーチャンネルが面白い。面白いとそこかしこで聞いていたけど、こんなに面白い番組だと思わなかった。
コンビニで買ったポテトチップスがあまりに不味くて、卒倒しそうになる。

|

« セントルイス1 | トップページ | セントルイス3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セントルイス2:

« セントルイス1 | トップページ | セントルイス3 »