« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

漢だったら肉を食え。

って誰の言葉だっけ?掟ポルシェ?
そんな訳で、嫁の誕生日。
プレゼントに買ったお風呂テレビはなんか電波が入りにくいらしく、有線のアンテナにするか...しばらくDVDを見るってことで落ち着く感じで。

あとママンの誕生日もたしかこの日だったと思ったので(正直30日か31日かよく憶えてない)、
メールにて「お誕生日おめでとう。長生きしてください。」っと書く。
胃ガンの手術して3年経ったので、予後良好ってことで。

折角なので外食。
僕の誕生日の時に連れてきて貰った鉄板焼き屋に行くことにした。
前日に予約済み。
まぁ日本人は和牛だよ。やっぱ。
(牛丼?和牛で作った方が間違いなく美味いよ。コスト考えなければ。)

早めに帰宅して出かける。
ケーキはコレだっと思っていたコレが買えず、見事敗退。
この間はまぐれで基本は前日取り置きらしい。ok、わかった。
代わりのチョコレートケーキでなんとか乗り切ることに。
もうクリスマスケーキの予約のお知らせとか置いてあるのね。
どうせ食べるなら美味いケーキが良いので、多分ココに頼む予定。
半年に一回しか来てないけど、兎に角、ココは味も良いが雰囲気も良い。
僕は「特選和牛ロース300gのコース」を注文。
どうせ金を払うのは僕だし、何にしても肉が食いたいのは僕なのだから...
後悔したらいけないからさ。
ちなみに追加で頼むと50g2500円くらいです。

うめぇ。特選和牛堪能。

多分、僕の誕生日の時に連れてきて貰う予定なんだけど、その時は1kg食ってやろうっと思う。

帰宅後、ケーキを食ったらいつの間にか寝てた。ちょっと食い疲れたのかもしれん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

牡蛎が身体に合わないのかもしれん。

昨日の晩、「旨い×2」っと連呼しながら食ったキムチ鍋。
どうやら中の牡蛎にやられて胃が絞まってる。
なんてこったい...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

買い物メモ。

あんまりよく眠れず。
昼飯食ってやっぱり昼寝。これって時差ぼけか?
夕方、嫁は免許の更新に出かけたので、のそのそ起き出して、車で出かける。
来週、嫁の誕生日なので誕生日プレゼントを買いに行く。
オーダーは「お風呂テレビ」。
この手のテレビは買うのが凄く難しい。まず電波の問題がある。
ワンセグ対応とかアナログ終了とか考慮しないといけないだろう。
まぁデジタルは2011年なのでそれまでこの手のテレビが壊れない保証はないし、電波がダメな時はどんなことしてもダメだと思う。
そんなわけで、ネットでいろいろ検索。DVD付きお風呂テレビというのを発見。CASIOだ。DV-900Wとかいう奴。
ダメならDVD見れれば良いじゃん。CASIOだからG-SHOCK並に硬いだろう。
まずはB店でジャブを打ってみた。
「売り切れ。もう作ってないみたい。」っとのこと。
いきなり殴る前に躓いた...うーん。しばし考える。
考えるついでにDVDのコーナーに寄って、チェック。
MSイグルーのvol.3が箱付きだったので買う。vol.2買ってないけど。
・MSイグルーvol.3 ¥4530
他のお風呂テレビはよくわからないメーカーだし、いろいろな思惑の末ココに来たので、微妙に踏み切れず...
移動。他の店に行くことにした。
他の店に無ければ明日また来て、他の買おうって決めて。

K店に行く。ここはジャブ打ち放題でドンドン値段が下がる。
お風呂テレビというコーナーはなく、液晶テレビの並びにそのコーナーはあった。
DV-900W、発見。但し現品...一瞬考えるが、巡り会いを大切にするために購入。
箱の詰め方がイマイチ丁寧じゃなかったけど、まぁ許す。安いから許す。
さぁ、帰ろうっと思って、エンジンかけようとしたら、エンジンが一瞬かからず...
1ヶ月くらい乗ってなかったからか?ガソリン空(さっきランプ点いた)だからか?っと一瞬不安になるが焦げ臭い臭いとともになんとかかかる。
ライトも微妙に暗い...
そのままガソリンスタンドに寄って、給油。45リットルで6000円超えた。
なんとなく不安なので、明日ちょっと車で走ることにしよう。
トイざらスでも行こうっと。
それでも調子悪そうならディーラーへ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

居眠り。

なんだか普通に目が覚めて。
昼飯は六文銭に行く。あつ中九条葱卵。
飯食って、やっぱり眠くなって居眠りじゃなく昼寝。
起きたら夜だった。
グータラ生活だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

どうかと思ったこと。

教師って、ホントに大変だなぁっと思う。そりゃ毛も無くなるわな...

教えるという行為で、他人(生徒)の人生を変えられる、コントロール出来てしまうことが面白い職業だけに背負うモノも大きいんだろうけど、
親の分までああだこうだ背負うのはどうかと思う。
文句を言う親はまず教師の言うことをよく聞いて、よく指導してもらってからだ。
いじめがあったなかったではなく、どの社会に存在することなんじゃないか?
特に日本人は一定のコミュニティに置かれると自分の位置が真ん中よりちょっと上にあるという意識で他人と自分を比較してしがみつこうとするらしいから、良い部分もあるんだけどそういう見方しちゃうと陰湿な国民性。

世界史必修世代、所謂地理歴史科っていうのが登場した世代(1994年度第1学年〜)は「教科書買うけど、やってる暇無いからやらないよ。」って言われてたらしいね。
社会や理科は趣味というか好きとか面白いとかいう感情に支えられてる教科だから、ホント「暇」な部分だと思う。
まぁここ数年ほぼその「暇」な部分で飯を食ってる僕は高校時代の成績は「暇じゃない部分」はメタメタだったけど、そういう「暇」が好きで良かったと思う。
取り敢えずそこに至るまでのいろんな大人の事情があるんだから頑張れよ。高校生。

高校1年生の担任は現代社会の先生Aでした。
今思うとこいつが定期テストで出題していた最後の25点の問題が結構曲者だったなぁっと思う。
「以下の5つの単語を使って文章を作れ。」っという問題で各単語をちゃんと理解していないとダメで、当時、必ず1つどうやって使うかわからない単語が混じっていた。
理路整然とした文章を組み立てて正答すると憲法9条の是非を問う文章が出来たりする。
正答出来ない=先生と思想が合致していないという...
内容はその時勢を反映したものだったけど、ある意味競争社会の中の思想のコントロールだったと思う。そういう部分で教師ってやるなぁって最近思う。
ただこの先生にも感謝していて、幸か不幸か今の自分がココにいられるのはこの人の「お前は家が農家だから農学部へ行け。」っという進路指導によるものだから。

一番おかしいと思うのは、新聞、ニュースの報道の仕方。
中には世界史を勉強しないで、今「そこ」にいる奴も結構いるんじゃないのかな?
世間の流れを作るのは大切かもしれないけど、バックにあるそういう大人の事情が狂ってないか?

"必修科目逃れ"まとめwiki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートに日記を書いてきて思うこと。

ソルトレイクシティの日記を少々アップ。10/17分。
読み返してみて、あんまり面白くない気がしてきたけど、折角、向こうで書いて来たので、書き起こし中。
これ苦痛。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

日ハム。

日ハムが日本シリーズ優勝。
スターな男を感じた。
中日はやっぱり最後「代打福嗣」だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おお、はんきゅう。

まぁアレだ。

昨晩、走りに行って帰って来たら、台所のガス給湯パネルが付かなくなっていた。
パネル部分がショートしてるだけらしく、お湯は出る。
まぁ仕方ないので、ガス屋に電話してみた。
「今日、午後一で行けますが。」ってことで、急遽、半休して家で待機することに。
まぁ仕事は微速だけにヨシとして。

半休。素敵。
直して貰って、ふと気が付く...財布の中に金がない。金額17850円。
後日集金してもらうということにして、ちょっと高いので不動産屋に電話。
順番が明らかに違うが、まぁ仕方ない緊急事態だったということで。
話はガス屋、大家、不動産屋とするっと通ってなんとかなった。

他にやったこと。
・海外出張時のマイレージカードを忘れた件、必要書類を送る準備をした。
・郵便局に保険金入金。4万円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

タラリン。

海外に行くとその前の1週間と合わせて2週間ばかり実験が出来ない。
結局、帰ってきてもその分の煽りを受けて。
グータラ社員。
同僚のKさんからは「カス!」と言われるも、甘んじてお受けしよう。

米国から帰国してからはじめようと思っていた冬に向けてのトレーニング。
取り敢えず、初日は軽めの25分走。ゆっくりめ。
両手、両足500gの計2kgで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

崩す時は下の方から一気に。

今日も雨&寒い。まぁソルトレイクはもっと寒かったけど。
海外出張報告書(AA報告書)、終了。送信完了。
月報終了。
海外出張精算関連、提出完了。

去年、ホテルでのチェックアウト時にホテルの宿泊代しか会社のキャッシュカードで落とせないので、使った電話代を現金で払った際に書き直して貰ったレシートをホテルに忘れてきて、会社に居る間は向こうは夜なんで電話しても話が繋が らなくて、終いには偽造するか...っとまで考えるくらい凄く苦労したのをちょっと思い出したよ。

ようやくたまった書類の山が崩れてきた。
まだまだいろいろ溜まっているよ...

昼過ぎ、やっぱり眠くて早く帰りたいところだったんだけどなぁ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

帰ってきてわかるニッポンの心。

海外出張の翌月曜日は必ず出社な月曜日。
ほぼ一日、書類仕事と海外出張の感想報告に追われる。
社長への海外出張報告書の書式の枠が罫線ではなく文字の線(パレットにある奴) で出来ているのはこのご時世いかがなもんかと思う。
要するにA4一枚の文章付きアスキーアート(AA)を作成するようなもんだ。
ただコレ、こういう印刷重視な作りなのにメールで添付するというコレまたわからぬ。
なんて素敵な。
大変偉い人が作った書式らしいが、それをそういった理由で変更出来ない会社はつぶr(ry
午後2時くらいがマッハ眠い。
途中で帰ることにした。

雨の中、帰る途中に嫁と遭遇。
「カツ丼が食べたい。」と主張したところ、採択されて近所のとんかつ屋に寄る。
黒豚ロースカツ丼¥1800を食べる。高いけど贅沢なカツ丼でした。
これで米国で考えていた米国で無理して食べるよりも遙かに美味いから日本に帰ってから食べたいモノ、
「カレーライス、ラーメン、カツ丼」をコンプリート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

なんとなく。

時差呆けなんだか米国で風邪を貰ってきたのかよくわからないけど、気怠い日曜日。
昼飯は協議の結果、中華そば蛍に行くことに。
人気店になってしまったので、結構並ぶ昼下がり。
味玉大。
うっはー、うめぇ。日本の味。

もうすぐ上野でエジプト展があるらしく、テレビで特集番組を見る。
なんかゲテモノ料理っぽく、鳩やらラクダの目玉やら出てたけど、アレって高級料理店じゃないかな?
グハっ...食えないよ、コレ...って思うもっとずっとリアルなモノはもっと町中に行かないと食えないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガメ。

嫁はとっくに終わってしまったというMother3をちまちまとやる。
現在第3章のおそらく終盤。
ここまでやってうん?!ちょっと待てっと。
第1章がおっさんで、第2章がやさ男と姫とじじぃ。
第3章がデブの商人...これってDQか?
ってことはこのあと「おまえ」と「こいつ」と「べるの」が出てくるわけだね。
みじんこぴんぴん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

ソルトレイクシティに行ってきた。

いや、ホントに仕事です。お仕事。
無事帰国。
ちょっと漠然とした感じはあるんだけど、自分の立ち位置とか将来とか考えちゃった米国出張でした。
ソルトレイクシティ自体は米国中でも安全で良い街なんだろうけど、逆に刺激が無いというか退屈な街でした。冬、機会があったらスノーボードをしに一度来ても良いかもしれないですが、ダウンタウンやショッピングモールを見てみるとちょっとベースにするには不便な街な気がしました。
スキー場近くのロッジに滞在するのとダウンタウン近くのホテルに滞在するのはどっちが便利なんだろう?
レンタカーも必須みたいだし、自分からココに行こうって言い出すことは無いと思う。
昨今、IT産業が盛んって話だったけど、地価の安い方に流れていただけみたいのと、ITベンチャーの軽さとウィンタースポーツのX-Gameな部分の相反するオタク性で、モルモンで悶々としているイメージを薄めたい一生懸命さみたいなモノしか感じられませんでした。

帰って来て、晩ご飯はカレーライスでした。
家の嫁は僕の身体が何で出来ているか(構成成分)よくわかっていると思いました。
流石だと思いました。
滞在記はいつも通り、ノートに書き殴って来たので追々アップしていく予定。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

ソルトレイクシティ6。帰国。

Img_1893

帰国当日(10/20-21)。
いつもの如く、起きてしまった2:00。なかなか寝付けないながら明け方、すっと寝てしまう。
5:30、目覚ましの音で起床。この目覚まし、スヌーズ機能が付いているんだけど5泊もすればすっかりスヌーズ解除のスイッチに手が伸びるね。部屋に放り込まれていたレシートをチェック。
6:25、身支度してホテルロビーに出る。カードキーは持って帰っても何にもならないので、フロントに返して、ロビーの暖炉の前でKNさんを待つ。
先に来ていて表でタバコ吸ってるはずなんだけどなぁ...まさかっと思いながら。
AM6:45、7時にホテルのシャトルバスで空港まで送ってもらうことになっていたので、部屋を見に行ってみる。何度かノックしたら中で「ガタっ」っという音ともに「うわっ」っという叫び声。
ドアから覗いて、「ごめん。今行く。」っと寝起きでした。KNさん、通常の会社の出勤時間も早くてそういう部分でしっかりしてるんですが、流石に時差ぼけが酷かったらしいです。
7:00、無事、空港に向けて出発。行きの時のタクシーよりも速く、10分くらいでした。こういう時のチップがイマイチ分からなくて、$5札を渡しておいた。
空港はもう混み始めていて、チェックイン後の搭乗口への道はゲッという感じの長蛇の列。並ばないと帰れないので、並んで順番を待つ。
AM9:55にDelta3791でLAへ。Deltaだけどデルタ翼ではなかったです。ただ小さい飛行機でした。機中爆睡。
ほぼ定刻通りの11時にLA到着。LAは10年振り。椰子の木みたいなのは憶えている。
いやはや暑い。バゲージクライムに行ってみるが荷物がさっぱり出てこない。ちょっと待ってみるがちっとも出てこない。どういうこと?二人で路頭に迷ってしまう。
そこにいたオヤジに聞いたら、「お前らの荷物は既に東京に向かってるよ。」っと言われる。そういうことか...
っと今度はJALのチェックインカウンターの場所がわからない...すぐにインフォメーションのおばさんに聞いてみたら地図を指して、「ここまで走れ。」っと言われる。まぁ遠いとこでした。日本までの道のりはシカゴもLAも遠いってことです。流石に暑いな。LAは。
この時点で12時半を回っていて、チェックインカウンターは人がいなくてすんなり。席は既に真ん中のみしか残っていませんでした。
出国手続きは案外あっさりしていた。去年は「ココを覗いて。ココ触って。」っと指紋と顔のデータを潰す作業をさせらて、Qコードのでっかい紙みたいな奴を渡されて出国となったけど、今年はそんなことしませんでした。
13:30定刻よりちょっと遅れて、JAL061で日本に向けて出発。
帰りの機中は映画を4連発。
「ココシリ」、「ポセイドン」、「Click(原題)」、「不都合な真実」。
「ココシリ」は一番見たかった映画。思っていた通り。
「ポセイドン」は昔の映画のイメージのまんまそのまま。まぁ話そのままであんまり面白くなかった。
「Click(原題)」は丁度、米国でDVDが出たばっかりでテレビでCMを頻繁にやってたのでみとくことにした。内容は米国っぽい映画でした。
あとDVDが出たばっかでテレビでCMやってたナチョリブレは映画館で見たいところ。
「不都合な真実」はアル・ゴアの映画。なかなか面白かった。英語の教材になるね。

晩飯美味しく頂きました。不味いんだろうけど、身体が欲している感じ。
あんまりよく寝られなかったなぁ。
あとコントローラのボタンの感度が悪くて、セガの昔のゲームコントローラのようで、肝心なところで動かなくてゲームが全然出来なかったのが腹立たしかった。
これってどうやってメンテするんだろう?多機能なだけに。

10/21の16:30無事成田に到着。荷物が出てくるまでに時間がかかって、結局5時半くらいにゲートから出れた。
ゲートを出たらカメラを構えておばさんやら若い娘がいっぱい僕のことを待ってた。???っと思ったけど、フラッシュが光らないので、僕のことを待っていたわけではないらしい。まぁそうだわな。普通。
ここでKNさんとはお別れ。6日間、ありがとうございました!
大宮までのバスのチケットを買って、飯でも食おうとウロウロしてたら、出口に向けて一斉にフラッシュが光って、なんだなんだ?っと思ったけど、人が多くて何だか全然わからないので、そこにいた携帯持った娘二匹に聞いてみたら、「台湾のアイドルみたい。」だってさ。なんだ。っていうか、お前らカメラ構えていたくせに知らなかったのか。ホント、どうでもいいなぁ。
結局、飯食う時間がなくて、サンドイッチとコーラ買って、18:20、バスに乗って帰路。高速バスは速いバスじゃなくて、高速道路で帰れるバスのこと。のんびり2時間で大宮。大宮まで嫁に迎えに来て貰って、無事、帰宅。21時くらいでした。
風呂入って、髭剃って、爪切って、夕飯。夕飯はカレーライスでした。
流石、うちの嫁だと感心した。よくわかってると思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

ソルトレイクシティ5。

結局、ほとんど寝付けず。
うつらうつらして、目覚ましが鳴って。

最終日の会場へ。
今日は業者のブースも既に撤収されていて、参加者もグッと少なくなった感じだった。
どこの会場も人がまばら。
セミナーもスペシャルトピックセミナーも遺伝子組み換え動物関連。
まぁ話を聞いていて、参考になったのは、メガファーマと呼ばれる巨大化した製薬企業の同部門の年間作製規模とか、
どういう計画立ててとどういうプログラムでやっているとか。
合併後の技術のハーモナイズとか。そういった部分。

セミナーなので、本筋は凄くまとまった話になっているけど、5年前から僕が考えていた内容とほぼ同じ。新しく教わることは無い。
こんなセミナーを聴いていては時間の浪費でダメなのかもしれない。
この学会、そもそもこの分野に僕が望むモノ、望むことは無いのかもしれないと思った。
もしコレがこのままなら僕はこの分野から足を洗うのが正しいのかもしれない...
続けていくならば、僕は壇上から話す側に回らなくてはダメだ。

セミナーとセミナーの合間に嫁に電話。
「スターバックスのご当地(地名入り)マグカップをお土産に。」とリクエストされるが、無かったような...

学会も無事終了して、昼飯を食いにGATE WAY方面に歩き出す。
THAIFOONというアジア料理屋に入る。
なんか注文の仕方というかランチの内容を勘違いして注文。
よくわからないツナ丼登場。
まぁこんなもんかなっという味でした。
K西さんが支払いしてくれるっていうことだったんだけど、なんとなく頼りなく、チップも小銭で払おうとしてちょっと困惑。
入り口にレジがあると勘違いしていたりして、なんかもう日本にいるモードだったご様子。
ただ店員の女の子も頼りないというかダメな接客だったので、チップは払わねーぞ的な意志の表れだったのかもしれないけど、
それならもうちょっとガツンっと言って欲しかった。
まぁ何にしても「ダメな気分」再燃。
日本に帰ったら、「もっとしっかりしろ、俺」な感じ。
K西さん、相手に言われたことを「OK」っとすぐ答えるので、「ヒアリング凄いですね。」って感心しながら聞いてみたら、
「ん?聞こえてないよ。わからないけど、いつもOKって答えるようにしている。」っと言われた。
ただこれはこれで凄いなぁっと思った。

その後、昨日もふらついたショッピングモールを一周。
なぜか鼻水が止まらず、入った土産物屋でティッシュペーパーを差し出される。
まぁ何かの縁なので、キーホルダーを3つばかり買う。1個$2で塩入りでなんとなくソルトレイクのお土産っぽい。
僕が買うお土産にしては安上がりで何のひねりも無い。
ただ、ソルトレイクシティにはパンチを求めたらいけないってことが来てみてよっくわかったので、そのお土産としてはこんなもんかと。

K林さん(ネトゲな先輩)に「米国産のハードなエロ本買ってこい。」っと言われてたんだけど、ココでは見つけられなかったなぁ。
仕方ないので、本屋で「MASSIVE」という名前はなんとなくハードゲイを思わせるようなMMORPG専門雑誌のVol.1を購入。$6.39
Img_1891
お土産とはいえ、全部読んでみたけど、ちょっと面白かった。
Gold Farmer(RMT)の話なんかも普通に書いてあったし、男女比、年齢、年齢別ネカマ率とかアンケート結果が出ててへーっと感心したり。
K林さん、35歳以上は友達いない(少ない)ゲーマーが多いってさ。
米国のMMORPGといえば、World of Warcraftらしく、扱うページは群を抜いて多かった。
他にももう1誌くらいあった。
コッテコテのハードなデス系の音楽雑誌も探したけど、見当たらなくてちょっと残念。やっぱり土地柄か?

こういった雑誌、僕の中で見限ってしまった部分があって、毎月の楽しみというか情報収集として日本で買うことはまずない。
情報のスピードは圧倒的にネットの方が早い。
音楽雑誌は完全にそういう意味ではもう買えなくなってしまった。
模型雑誌くらいかな?たまに買うとすれば。
まぁこの手のゲーム雑誌に関してはいろいろデリケート(楽しみを削る)な部分があるから、スピードとか望むのは難しいのかもしれないけど。
ただ言語が変わると文化も変わるし、見る角度が変わるので、それはそれで楽しく読めるなぁっとお土産ながら一気に読んでしまった理由。

モルモンな割りにくだけていそうなエロ看護婦みたいなコスチュームが店頭に飾ってある店にも入ってみる。
入ってみたら、そんなでもなく。
普通の玩具屋で大人の玩具屋ではなかった。
そんな中、日本のアニメTシャツなんかも売っていた。テレビアニメ同様こっち側なのね...
何も買うモノがないので、冷やかしだけ。
ゲーム屋も覗くけどまぁ買わない。DSは普通に買えるようだったけど買わない。

スターバックスにも寄るけど、「ソルトレイクシティ」と書かれたマグカップは無かった。
まぁ仕方ない。

観光スポット他に無いのか?っといろいろ試行錯誤。
動物園にも行ってみたかったけど、時間的に全部回れないだろうってことでパス。
ソルトレイクシティといえば、やっぱりグレートソルトレイク(湖)だろうってことで、ちょっと聞いてみたら、
「タクシーで行くのは良いけど、時間的にも帰って来れなくなるよ。」っと言われて止める。
ストリップは1軒だけあるらしいけど、ちょっと離れているらしく。
カジノは大きく宣伝しているところは近くておとなりのネバダ州。
ホント行くトコ無いじゃん...

正直、2日間もこのショッピングモールに来ると、見るモノもそんなに無いのでホテルに戻る。
部屋に戻ってきて、夕飯まで時間があったし、もう時差を戻さなくちゃいけないので、気にもせず2時間程寝る。

5時半に起きて、晩飯を食いに出る。
韓国料理屋が無いので、食べて無い中華料理を食いに行くことにした。
少な目にオーダーしたつもりだったのに、チャーハンが食べきれず。
結局、日本料理も中華も韓国も最初の方は違うように作っているんだろうけど、最後の味付けというかセンスで米国の食べ物になってしまうんだろうね。
改めてそう思った。ただここのエビは背ワタをちゃんと取ってあったよ。

嫁の土産のスターバックスマグカップorタンブラーを探すためにもう1軒スターバックスに寄るが、見当たらず。
まぁ仕方ない、空港に駆けるか...
最悪、LAで手に入れる方向で。
あとお土産用にお菓子の類を4つくらい買わないといけない。

夕飯から帰って来て、ホテルのフロントに明日の朝7時に出たいのと、タクシーを呼んでくれるかシャトルバスを出してくれるように頼む。
まぁなんとかして貰う。
K西さんはこういう時になんだかさっぱり頼りにならないっというか、向かって行く気が無いっぽい。
まぁココは僕がなんとかしますっと。

鏡を見ると髭面な自分がいた。
髭剃りが結局調達出来なかったので、髭伸び放題。
気が付かなかったけど、髭にも白髪が混じってきている自分。

テレビがずっと垂れ流し。
Discovery Channnelは1年経ったらあまりにつまらないモノになっていてちょっとショックだった。
CARTOON Channnelもなぁ...見るべきモノがない感じ。
たまに面白かったのはAnimal Planet。
以外と面白かったのは通販関連。
おっ!と思うモノが結構あった。
Rocket Rodとかなんか凄いと思った。
良い説明サイトが見つからなかったんで、簡単に説明すると竿とエアガンがいっしょになったようなモノだと思ってくれればいい。
エアで打ち出されたカバー付きのルアーがポイントに向かって飛んでいき、
着水と同時にカバーが外れる仕組みになっていて、上手くキャスト出来ない子供のため竿なんだけど、普通にかなり使えそう。
コレにレーザーサイトスコープ付ければ最高な気がする。
コレ、バスフィッシングの国ならではのアイデアだと思う。
ところでこっちのテレビについているHDって何なんだろう?

ながら、ながらで、雑誌読んで、荷物パッキングして、ベッドの上で日記を書きつつ、今22時。
もうすぐ寝る予定。
鼻水が止まらない。風邪というよりは温度アレルギー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

ソルトレイクシティ4。

朝起きて会場に向かう。今日も一人で向かう。超気楽。
天気は晴れ。こっちに来てはじめて気持ちよく晴れたけど、とんでもなく寒い朝。
Img_1881

午前中はまぁまぁ当たりのセッションを引く。
午後は特に良いモノが無かったので、KNさんと相談の上、少々観光することにした。
昼飯は近くのデパートにあるフードコートに行く。
ちょっと冒険して「江戸ジャパン」というジャンクフードにチャレンジ。
シュリンプのあんかけご飯(のようなもの)を食べる。味付けはsosoだったけど、エビがワタ臭い。良く見ると背ワタを取ってないのね。
米は普通のジャポニカ米でした。$7.50

デパート内の本屋を覗く。なんだか凄くモルモンな品揃えでした。
みんなキリスト。いっしょの店で売ってるCD、DVDもみんなキリスト。
玩具もキリスト。フィギアもキリストで、おそらく聖書の一部を再現出来ると思われるディオラマベースまで売ってた。
異教徒ココに現る。
なんだか興味深いけど、基本的に奇異。どこもかしこもキリスト。
画廊もあるけど、みんな宗教画。お腹いっぱい。
その後、Historic Temple Squareに行く。モルモン教の総本山。
グルッと一周。ビル付き。教会をグルッと回ってMuseum Of Church History & Artに入る。
3つのフロア構成で1階は博物館。ソルトレイクシティの開発史〜最後はモルモン教の繁栄(世界侵略)みたいな構成。最後の方に日本他といった辺境の地の原始人まで到達した記念品の旗のようなモノがいっぱい展示してあった。
2階は歴代総長の肖像画と今の幹部の絵かな。それに開拓の歴史絵巻(絵)が多数。新しいモノが多い。地下一階は歴史の資料フィルムの鑑賞室と現代芸術の数々。
表現の仕方はいろいろ異なるけど、当然、宗教画。
現代アートミーツキリスト、モルモンみたいな。
流石にお腹いっぱいになったので、Family History Libraryには立ち入らず。
もう眠くなってくる昼下がり。
教会の正面にまわって写真を撮ってココから離れることにして、再び教会へ。
Img_1886

さっきは昼休みだったのか、
「明日の夜暇ですか?説教聴きませんか?」的勧誘ギャル(二人組)が登場。
「行かないよ。」っとワンキック。
「$1ください。」っという物乞いも無言でワンキック。
この物乞いと勧誘ギャル1セットでグルグル回せば良いんじゃないかっと思った次第。
「%&”””$!|」っと日本語で喋っていたら、丁度横断歩道の向こう側に胸に日本の国旗を付けたギャル2人登場。
明らかに聞こえていたんだろうけど、すんなり素通りしてくれた。
なんとなくアメリカナイズされた顔というか、ちょっと向こう側にいる顔でした。
さすがにバツが悪いので、この場を離れた足が向くままGATE WAY方面に向かう。
まず見えて来たのはスタジアム。Deltaのバスケットボール場だね。Jazzのコート。
Img_1887

そしてそばにオリンピックメモリアル的なショッピングモール。
Img_1889
綺麗だけどパンチが足りない。
ヴァージンメガストア発見。日めくり紙飛行機発見。
去年の奴よりもサイズ小さいシリーズモノなのかな?
コレ、最初は面白くて毎日作るけど途中で飽きてきてしまうんだけど、やっぱり買ってみた。
時期が時期だけに日めくりカレンダーは多種多様。いろんなのがあった。
自分用のお土産として。$13.80
Img_1892

DVD、CDなんかもチェックする。宗教色は薄いけど、ココで買うこともないなぁってことで買い控え。
仁義なき戦いの米国版ボックスセットも探すが見つからず。
次に本屋に行く。
ココは全然宗教臭くなく、普通の本屋みたいだった。
ただエロ本、グロ本は扱っていないらしい。K(仮称)さんが欲しがっているようなエロ本は土地柄御法度なのか。
ゲームの攻略本が以外とたくさんあった。World of Warcraftの攻略本もあったけど、次のエクスパンジョンが11月に控えているし、そうなると意味無いモノになってしまうのでパス。
ネットで調べながらゲームするのも大変だし、楽かもなぁ。でもネットの方が即時性あるしってことで。まぁ迷ったわけです。
お土産をいろいろ物色。
やっぱり「塩」かと思ったけど、サイズの小さい奴がなくて止めた。1年以上っこの塩食うはめになるのはちょっととか思うと買えない。
ハチミツ、ジャムも大きい奴ばかりで機内持ち込み(液体90ml制限)に説明が要ると考えちゃうと手が出ない。ガラスだし。
迷うとなかなか買えない。
同行のK西さんはチョコレート屋でチョコレートを物色。
なんか店員も今イチだし、「ワイフの土産にしたいからハイカカオでトリップしそうな奴をくれ。」っと言ったらカカオパウダー出して来たので買うのを止めた。
K西さんはいろいろ買って、$70オーバー。日本円で8000円そこに使うのはどうかと思った。
そもそもこういう店員はむかつくので、金は出さない。
スターバックスで休憩。
実はこっちに来て初スターバックスだった。
マクドナルド同様、スターバックスも日本の味だった。ホッとする。
スターバックスってオーダーの時、名前を聞かれて、カップに書かれているのをk西さんは珍しかったらしく不思議がっていた。なんでかよくわからないんだけどね。
いろいろ見て回るが何も買えない。正直、つまらないモノばっかりだった。
コレ、最後に困るパターンだ...
一周回って、いつもと違うルートでホテルに帰ることにした。
風景が変わると新鮮だ。
Img_1890

途中、こんな絵もあった。

Pioner Parkを抜けて、ホテルを目指すとなんかそこにいる人達の目つきが違った。
ちょっとヤバイ雰囲気が漂っていた。ココは二度と通りたくないと思った。
サラッと抜けたけど、ココでK西さんもヤバイと思ったって後で言っていたので、感覚的にはOKだった模様。
ようやく道が繋がって、無事ホテルに到着。

業者さんと夕飯でもどうですか?って誘われたK西案にのっかって、6時半ホテル前に待ち合わせとして部屋に戻る。
あと1時間かぁーっと思ってベッドに横になったら、いつの間にか寝てたらしく、6時15分だった。
顔だけ洗って晩飯を食いに「TAKSHI」に行く。
実はココが正念場というか、結構キツイ話が多かった。人気店らしく、飯は美味しかったし、日本酒もグイグイ呑んじゃったけど、難しくて面白くない話ばかりで酔うに酔えず。
全部向こう持ちとはいえ、このカタチ、この場は僕の生きていける場所ではない気がした。
前日のパーティーで名刺交換した僕と同じ名字のUさんは凄くいい人でぶっちゃけた話をしてくれるので、僕の中でこの人だけがまともな人に見えた。
帰り際、結構、酔っぱらってるK西さんと歩きながら、冷静に自分の居場所を探す自分がいた。
10時に部屋に戻って、日記を書こうとペンとノートを持ったまま寝てた。
2時に起きて、その後さっぱり寝付けず。
日記を書きながら、帰ったら何をしようか?っと考える。
兎に角、今のこのぬるさが染みついてしまったらダメだ。
K西さんの48歳のこの姿を反面教師にしたいと思った。
ダメなところはダメだと思う。もう頑張らなくて良いですよ。任せてくださいって今思う僕。
48歳の時、上から下から周りからそう思われないように生きていきたいなぁっと。
ちょっとホームシックなのかもしれん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

ソルトレイクシティ3。

朝ちょっと支度に手間取る。
今晩、業者のウェルカムパーティに参加するために一応スーツを着ていく。
しっかし寒い。日に日に寒くなる。
ホテルに上着を置いてきたりしてたら、一緒に小銭入れを忘れて来てしまった。
会場に着いて、水を購入。$2.50。昨日、サンドイッチ買った時はいっしょに買っていて、あまりに値段が高くて???っとなったんだけど、水がこんなに高かったとは。
何個かセミナーに出るが、微妙に内容を読み違えていて、全てハズレ。プレのプログラムの題名をアテにしていた僕の負けかと。
そして寝る。

昼前のスペシャルレクチャーを聴く前にカフェモカを買う。
Largeサイズで$4.75。これがなかなか旨かった。
レクチャーの内容はsosoだった。ハズレだったけど。
今日は結局ハズレの日だったってことで納得。
グルッと一周してポスターを見て、メモる。報告書をどうやって書こうかっと考えながら。
13:00くらいに昼飯。昨日と同じ売店のサンドイッチ。$7.25
これにsmallサイズ(デカイ)のコーラを付けて、$9.25。
会場内の飲み物はどれも高めということがわかった。

気楽なもんだ。ソルトレイクシティ。全然、怖いくないところ。
兎に角、この学会、人は多いがどの発表会場も満員ということはない。
16:30くらいに終わってしまい、日本時間を確認して、嫁に電話。買ったテレカの使い方が結構大変で試行錯誤というか、まぁ普通に順序通りにかけてみた。
これはなかなか財布に優しいね。

17:30に業者のパーティに出席。イタリア系多国籍企業なので、いろんな人がいっぱいいた。日本人も多数参加。
雰囲気はかなりいい。
Img_1876
23階のワンフロア貸し切りなので、眺めいい。
グレートソルトレイクまで見える(写真にはうつってない。あと窓にパンチプレートがはまってた)。
あとなんとなく周りの地形がわかった。
山の手には高級住宅地。そしていくつも見える教会。
ここは宗教都市なんだって改めて思った。
イタリア系なので、ワインとチーズとチョコレート(フォンデュ?)とかしかなかった。
グダグダなまま、20:00に撤収。
ホテルまでの帰り道、腹が減っていることに気が付く。日本ならラーメンなとこだけど、そんなの無いわけで。
仕方なく、マクドナルドに寄る。米国に来ると「マック」という呼称も「マクド」とビックマックのミールセットを注文。$4.58
そんなに高くないと思った。マクドナルドの匂いを嗅ぐと自分の腹の中がアルコールだけなのに気が付く。
ホテルに帰って食べたそれは日本の味。日本の味がそんなに恋しいわけではないけれど。

どうも鼻水が出る。時差呆けてるけどもうこのままで。
兎に角寒い。予報では雪とか出てたけど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

ソルトレイクシティ2。

雨時々晴れ。兎に角寒い。
寒いとクシャミが出ます。

朝起きて、ビックリ8時。8時半にロビーで待ち合わせしていたので、急いで着替えて、支度して。
っが、同行のKNさん、現れず。まぁ慌てず9時まで待ってみることに。
9時をちょっと過ぎて、登場。寝坊とのこと。
今回、僕もそうなんだけど、なんとなく全体の空気に緊張感がない。
安全だっと思っているから?

学会参加費は2人分僕のクレジットカードで払うことになっているので、今朝のレジストレーションまでは行動を共にしなくちゃいけない。

Img_1875
会場のソルトレイクパレスまで歩いて10分くらい。
まぁいつも通りイキオイで書類を書いて、無事レジストレーション完了...っと思ったら、IDカードがUEMATSUがVEMATSUになっていた。
まぁ気にならないので、今回はコレで行くことにした。
でもなんでここだけUがVになってしまったんだろね?
ただ名前にある二つのTSUがTSVになってしまっていたらなんとなく「ルシアン?」みたいな感じになっちゃうじゃん?

朝飯がてら、JB'sというファミリーレストランに行く。
朝食ビュッフェ。$6.99+コーヒー。
コーヒーが以外と旨かった。
ただ脂がちょっと気になったね。パンケーキとかビスケットとか。
西瓜があって、ちょっと満足。

ちょっと遅くなってしまったので、展示ブース、ポスター会場を一周グルッと回る。
今年は華やか。ただ日本のようにコンパニオンのおねーさんはいないね。やっぱり。
日本人も多い。去年のセントルイスは誰もが田舎というように現地人も日本人も避けてたのね...

昼飯は外が雨だったこともあって、面倒くさくなってランチボックスを買う。
ブレストターキーサンド+水$8.75+$2.5
なかなか旨かった。水、高いなぁ...
約束通りに業者の説明を聞いたり、セミナーを冷やかし程度に聞いてみたり。

晩ご飯は昨日の皆さんに誘われるがままイタリアン。
ロングパスタはユルユル。
あとは大体OK。
その後、「もう一軒?」っということでスポーツバーに行く。
地元の人がほとんどのクラブ制。パスポートを提示した。
ビール、ジャックダニエルを舐める。
談笑。周りの人がみんな偉い人だということに初めて気が付いたこの瞬間。
若造、ぺーぺーは僕だけ。
業者の人と仲良くするのも大切。ただこれだけをやっていたら間違いなく意味が違う。
さぁどうする?僕。自分の居所をどこに持って行く?
月曜日はフットボールの日らしく、みるみる人が増えてきた。
適当にパカパカ呑んでホテルに帰る。
モルモンだなぁっと思ったのは、こういうバーのトイレに必ずあるコンドームの販売機が無かったこと。
流石に疲れているというか時差呆けでやられているのか、眠くて眠くて日記を書く夢を見ながらいつの間にか寝てました。
起きたら2時55分。コレは完全に時差呆けモード。

スポーツバーで教わってこと。
米国でいくら頑張って営業しても売れないモノ
・自動ドア
・タクシーの自動で開く扉
・ウォシュレット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

入れ墨。

サンフランシスコ空港でのこと。
二の腕に漢字キャラクターの入れ墨をしているかなり太めの女性を発見。
(こういう奴いるんだなぁ...)っと思って読んでみたら意味がわからない。
左:生氣意(なまきい)
右:夢性根(むしょうこん)
しかもフリーハンドな手書きっぽい。
左は「生意気」のことかもしれないと思ったけど、なんか特別な意味があるかもってググってみた。
どうやら日本語じゃないらしいなぁ。
写真を撮ろうと何度かチャレンジしたけど無理でした。勘違いされると困るし。

異文化交流って難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソルトレイクシティ1。

Img_1863
成田>サンフランシスコ>ソルトレイクシティの移動日。

11時、ちょっと早めに嫁の運転で成田空港に向かう。岩槻>C2>東関道で行くか、与野>C1>そっち方面で行くか揉めるが、結局、与野>C2>東関道というルートで行ってみた。
湾岸Bに入って、抜けて、幕張のところで事故渋滞3km。
これがなかなか抜けられず、同行のKNさん(仮名。今回Kさんという人が何人か出てきますので。)との約束を20分程遅刻。これは遅刻癖の予感。

しかも出かける間際に忘れている(いつも思う)何かをココで思い出した。マイレージカード。
14:00到着。17:25のサンフランシスコ行きなので、この時点で3時間半あまり余裕がある。
ここで嫁と別れて、荷物を預けて、ちょっと買い物。本をもう一冊買おうかっと思うも、イマイチ触手が伸びない。なんとなくそういう部分で足りない予感。
ひげそりを買おうと思ったら、どこにも売って無くて、ここで(そもそもカミソリを機内持ち込み出来るのか?)っという疑問に駆られて探すのを止めた。
いつもならお菓子も盛りだくさんで行くんだけど、それもあまり触手が伸びず、手持ちの飴(小梅)一袋。
昼食がまだだったので、最後の日本食はカレー南蛮とビール。
携帯電話を借りようと思ったけど、酒呑んで面倒になったので、止めた。
テレホンカードだけ1000円(1100円分)買ってみた。

17:30。ほぼ定刻通りに無事離陸。
JAL(JL02)なので映画はちょっと楽しみだったんだけど、リストチェックしたら...うーん...な感じ。
まず「カーズ」を観た。
まぁ良くも悪くもディズニーなストーリーで、車じゃないモノに置き換えても良い映画でした。
ただコレ、甥っ子が好きらしく、そういう目で見ると2-3歳児が観るとどこを搔い摘んで理解して観ているのかよく判らない。車が走る姿がやっぱ良いのかなぁ?
ちょっと帰省したら甥っ子を問いつめてみることにする。
こうパンチを効かせる意味で車同士のベッドシーンなんかあったら大笑い出来たんだろうけど。
その後、飯を挟みつつ、「嫌われ松子の一生」を観る。
なるほど、こういう話かっと思う。
主人公の松子の甥っ子が周りの人やらアイテムやらで松子おばさんの救われない一生を追いかける話なんだけど、割とバックにポップなカルチャー&ミュージックな味付けでなんとなく観る人だけが救われる映画。
この秋テレビドラマになるらしいけど、正直、ガチで12回のドラマにしたらどうにもこうにも不愉快になる予感。
一回も観なくて良いかなっと思った。もしこういう話にニーズがあるなら、日本が相当病んでる証拠だと勝手想像してました。
「電車男」の時も思ったけど、世の中がまともというならば、僕の感性がかなり狂っているのかもしれないけど、それはそれで良いかな、別に。
まだ観たい映画が何本かあったけど、帰りにとっておいた。
ちょっと寝たら、腹が減ってかなり困った。それでもいつの間にか猛爆睡で気が付けば朝ご飯。なんか何食っても不味い。

サンフランシスコ上空待機30分。着陸は10:30くらいでした。
乗り換えまであと1時間30分しかないんだけど...
入国手続きは厳しいと噂通りに厳しいというか、普通に厳しかったです。
全体に厳しいので、ここで1時間程スタック。もう12:00。
僕は、新婚旅行で行ったエジプトの入国履歴の理由と帰りの乗り換えがLAなのはなぜだ?と聞かれるたけど、答えが新婚旅行とチケットが取れなかっただけなので、スルッと通過。
乗り換える飛行機、13時なんだけどなぁ。
乗り換え口も長蛇の列。昨年、シカゴでアジア人の僕らを捕まえて身体検査&財布の小銭入れの中身まで見られたんだけど、今回は全員同じなので、文句言ったり、不機嫌な顔してる奴なんか見てると自然に「ざまぁみろ」っと口に出てしまった気がする。愛嬌。
まぁ大混雑で大混乱でした。
ようやく搭乗口に辿り着くとなんと30分の遅れ。ここで他社の方々と合流。そうこうしているうちに45分の遅れ...
そこで待っている時にシアトル行きの飛行機を待つ女性に日本語で話しかけられる。
しばし日本語と英語のちゃんぽんで会話。日本語も英語も凄く丁寧な方でした。
もともとは橫浜(軍関連)に住んでいて、今はウェブデザイナーらしい。amazonの関係者とのことでした。
サンフランシスコの飛行機の遅れは霧によるものだからと教わった。
乗り換えとか考えるとこれはこれで便利かもしれん。
子供の写真を見たり、見せたりすると喜んで会話も円満に終わるのは日本も海外も同じ。そういう流れで出発時間まで結局1時間暇が潰せた。
約1時間半のフライトでソルトレイクシティ入り。
途中、電源オフにしてあった携帯電話にセットしてある目覚ましが鳴ってビックリした。
それ以外は機中爆睡。
空港からホテルまでのタクシー代は$15.2。
遠くの山(Snow Bird方面)はうっすら雪景色。
ホテルはHilton Garden Inn。無事チェックインするも部屋は1階でした。これは初めてかも。
シャワーを浴びて、18:30にホテルを出て、道と場所が一致せず、ちょっと迷ってしまって、19:00の約束に間に合わなかったけど、他社の人とMarket Street Grillで無事夕飯。
米国料理を堪能。ステーキにケチャップ付けると結構たくさん食えるモノになるのね。これは良いことを教わった。
腹一杯巨大なモノを食って、ビール呑んでホテルに戻る。
ちょっと歩いた街の感じは大味で田舎。長野県みたいなモノか。
ホテルに帰って、持参した「あさりみそ汁」を堪能。
別にもう日本食が欲しくなったという訳ではなく、味見してみたかったのと手付かずで帰って、自宅に放置しておくのも哀れなので、消費するという方向で。
8食108円だしね。
これを書き終わって23:48。長い一日が終わる。
居眠り三昧だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなわけで。

明日15日出国、21日帰国で米国ソルトレイクシティに行ってくるよ。
お土産は当然、塩が一般的らしい。

例のブラフの国(そもそも国として扱わないらしい)のせいで、何が起きるかわからないので、余計にちょっと早めに行かなくちゃならないんだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

出国準備。

ようやく荷造り。
必要なモノを揃えて、並べて、眺めてみてから詰めた。
夕方、街に出る。
服でも買うかっと、BEAMSで襟付きの長袖シャツを1枚買う。¥13440
しっかしアレだ。こういうシャツって今、ズボンにインで着るのか、アウトで着るのか判らないなぁ。
あと本屋で、
・MOON LIGHT MILE 13巻
・図解クラウゼヴィッツ「戦争論」入門 ¥552
購入。図解〜入門は飛行機の中用。
もうちょっと空港で買う予定。

新しく出来た、パク森でパク森カレーを食べた。
さいたまの人はこのカレー不味いって言ったらダメだと思う。
結構、空いてた。

LOUD PARK06、ANTHRAXが見たくて、1日券のチケット取ってあったけど、あまりにもやってないことが多く、疲れてしまっていて、気分がどうにもテンパっていて、なんだか楽しめそうになかったので行くの止めました。
集中出来ない、冷めた自分がライブ会場にいる姿がどうにもイヤで...
気分の切り替えがうまく出来ない僕。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SSTV。

先日、連絡受けて急いで繋いだけど、既に流れてました...負け君。
仕方ないので、山田君に連絡です。鈍くてすいません...
メールで21日以降にお願いしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

正直。

ちょっとミーティングしてたら、
根本的に考え方がダメな話になって、思わず、「あんた馬鹿か?」っと言ってしまいそうになる。
まぁ声には出なかったけど、顔が多分語っていただろうなぁ。
髪の毛もサイヤ人みたいに逆立ってただろうし。
こういう時、さらりと返せっとよく言われるけど、性格的に無理。戦闘民族の血が騒ぐ。
自分でもこういう顔に出ちゃうの、コントロール出来るようになりたい。
しっかしアレだ。
改めて言うことも無いけど、こういう部分がウチの会社が過去5年間で逃げてしまっていた部分から生まれた致命的な部分。
こういう人が上の方に収まっている研究室も不幸だと思うし、正直、僕の時間の無駄。
感覚が鈍過ぎるよ。スピード感が皆無なんだよなぁ...

終わった後、ちょっと愚痴ったけど、
このアウトな世代がそっくり入れ替わるのに、あと10年?僕の時間を費やす気は無いね。
そう考えたら、尋常じゃない疲れがどっときた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓会以後の関係ないかもしれない話。

先日からちょっと話題になってるコッキー。
(うちの嫁もコッキーインパクトが大きいらしくなぜかよく憶えてる。)
その昔、「なぜコッキー?」っという話になるとコッキーは、
「昔、コアラのコッキーというアニメがあって、それに似てるから。」っと言い訳してたが、そもそもそのコアラのコッキーなるアニメが実在してるかどうかが怪しかった。むしろ合コンとかで女の子と話す時のネタなんじゃないかっと。

ふと思い立って、実験中、遠心機の待ち時間にちょっと調べてみた。
ウィキペディアには該当する項目は無かったが、テレ東の番組一覧に、「コアラボーイ・コッキィ」というアニメを発見。
コッキーじゃなくって、コッキィだったなのか。
それにしてもホントにあったっぽい。全26話。
主題歌/エンディングは赤坂小町。コレ、プリンセスプリンセスの前身バンド。
ちなみにその「コアラボーイ・コッキィ/地図にない町」この名義でリリースしたラストシングル。

インターネットって便利。
また無駄な知識が増えたんだけど、なんだかネタにするにもどのキーワードも微妙過ぎるので、心の中にそっと封印しとく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

朝から。

昨日の晩、洗い物片付けをしていた嫁が「あっ」っと言って、僕の弁当箱の箸入れのフタのヒンジのアーム部分を折っちまった。
これじゃ、箸を箸箱に入れて持ち歩かなくちゃいけないよ。
カタチあるモノはいつか壊れると納得しているんだけど、努力は惜しまず。
朝、起きて、ピンバイスと2mmの真ちゅう線とラジオペンチと瞬間接着剤を用意して直す。
ホントはエポキシ系(通称二液)を使うのが良いんだけど、食品に触れる可能性があるのとエポキシ系接着剤が無いので、瞬間接着剤で。
まぁ横方向の力はかからなそうなので、これで良いとした。
修繕、完了。
(写真は今のところ無いです。)

会社ではん蔵(ハンコ入れて使う奴ね。)がとうとう壊れた。
昨日、ちょっと直したばかりだったんだけど、ヒンジが折れた。
もうこれは10年目のモノなので、あっさり捨てる。

今日、上司にハンコ貰いに行って、ついでに「明後日から海外出張...」っという挨拶をしてきたら、
「そうそう、あのさ...」なんと接待が組まれてた...
スーツ持っていかなくちゃいけないのか...

今日は半休。
海外出張の準備でいろいろ買い出し。
まぁパンツとか靴下とか。
ついでにはん蔵とか。
飛行機の中で食う飴とか。
CDも買おうと思ったけど、結局、何も買わず。触手動かず。
服も見たけど、こうなんか盛り上がって来なかったので、オールパス。
本屋も覗いたけど、立ち読みだけ。
ムラスポでスノーボード関連見たけど、まだなんとも。
モチベーション上げるためにもDVD買うかとも思ったけど、まだ少ないので見るだけ。
Fanaticの板にして3シーズン過ぎた。
ホントだったら、新しい板が欲しいところなんだけど、どうもまだまだこの板に乗りきれてないというか、やっと乗れてきたような気がするので、買うならFanaticの同じ板(それか同じクラスの板)を買うかも。
今年はブーツも見ないとなぁ...やっぱり最後に辿り着くのはシマノかな?
基本マイナー路線だから...

まぁそんな感じです。
荷造りしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

夏休みの課題の結果。

なんだかんだでやっつけたコレの話ね。

会社から帰る途中、同僚のNさんといっしょになる。
ヨタ(ヲタ)話をしてたら、
「そういや、入賞おめでとう。」っと言われる。
忙しすぎて、イエサブにも行けてないので、「えっ...見に行って無いんで知らなかったです。ありがとうございます。」っと絶句。
帰り道、イエサブに寄って、確認。
銀賞でした。(ちなみに金はマトリックスのパワードスーツのフルスクラッチ、銅はヤマトのセミスクラッチ。)
まぁ今年はガンダムで勝負しないで、プライベート部門に逃げてしまったし...
そんなNさんは金賞でした。でも結婚して作る場所がなくなってしまったので、もうこれで卒業らしい。
良い勝ち逃げですなぁ。
一応、嫁には報告したけど、賞取ったのは嬉しいけど、なんか違う意味で恥ずかしいので会社の人には言わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓会で面白かったけどすぐに書けなくて3日経ったら書けそうな話。

・DICEってホントにいるらしい。
「これさ、インドネシアでの飲み会の時の写真なんだけど、この人、DICEの人なんだよね...」
亡国のイージスで出てくるアレです。

・コッキー
「僕はコッキーちゃんなんだよ。」っということを今、一生懸命、人生の相方になる予定の人に教え込んでいるコッキー坊や34歳。
3月4日にはコッキーの武勇伝についてはいろいろ喋って良いらしいけど、過去の女の話は真剣にダメらしい。コッキー怒らせるとグーパンチされるから止めとく。

・再婚
離婚する時のエネルギーも相手の両親とか出てきて、エネルギーが凄く必要だけど、実は再婚する時は親戚一同からプレッシャーがかかったりして、もっともっとエネルギーが必要らしい。
年月とともに背負う物(分子量)が多く(大きく)なるからか?
勉強になるなぁ。世の中まだまだ知らないことが多い。

軽めなところから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

塗り薬か飲み薬か?

つけるっていうけど、多分、飲み薬。それか深く沈める類の漬ける薬だと思う。

「こんな話知ってるか?ちょっと奴を問いつめようと思うんだけど。」っと朝からKさん(仮名)とA(仮名)の間にトラブル発生の模様。「うーん、わからないです。でもあんまり言ったらだめですよ。」っと助言。
正直、この先輩とは仕事のことがちゃんと話せるし、どう対処すればいいか真剣に考えられる。ただたまに実験を手抜くのと、「...おつ。」っと言って帰宅したり、語尾が「...にゃ」っとなって、まるで現実とネットゲームの世界が混乱してしまうのはアレなんだけど...
よく「注意しなくちゃダメだ。言ってあげないとダメだ。」っと言われるけど、正直無理だと思う。
人間の性格が形成されるのは10代だと思うし、学習出来るのも20代前半までだと思う。言ってやって解らせるのはそれくらいまでだ。
自分が「足りない」というのに気が付けば、そこからでもなんとかなるだろうけど、他人がそれを言ったら、歳を食ってる分、意固地になって効果は間違いなくマイナスになる。
昔は「ハタチ過ぎた奴にそんなこと言いたくないです。」っと言って済ませてたけど、今は「三十路過ぎたら、それは頭の病気なんで、もう諦めましょうよ。ましてや相手は人の親です。」っと言ってます。いろいろ言っても良いけど、自殺されると僕が困るなぁ。っと思う次第。ストレス社会に生きるストレス感受性の高そうな馬鹿と真剣に付き合ってたら、こっちの胃に穴が開くよ。

そんなKさんに「今日、午後ミーティング無し。」っと言われ、「えっじゃ午後半休にします。」っと言ったら、「死ね。カス。」っと言われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ数日の雑感。

ここ数日なんか凄いイキオイでカウンターが回ってるなぁっと今日気が付いた。

近場の人は知ってるけど、録音してないので僕のところからはいくら待って何も出てきませんよ。>その手の方々
ちょっと前にヤフ(ジオ)のサイト(現在、更新停止中の例の奴)の中身覗いたら、昔の直置きファイルがリンクはデッドになっているけど、いくつかそのままになっていて慌てて消しました。
ただちょっとだけネタがあるので、更新しようかなっと思ってます。
それと上記の件。これからはやっぱmp3トラック分け無しの1本勝負というのを流行らそうと思っているので、過去のアレコレをそういう形でどうにかする気マンマンです。

実のところ、コンピュータとかHDDとか焼いたCDとかずっと保管するのは到底不可能。
コンピュータだっていつ壊れちゃうかもしれないし、HDDも死ぬし、CDも簡単に変性しちゃう。何かあったらすぐ押収されてしまうだろうし。
これはなんとかしなくてはっと日に日に思う次第。結局、良くないことなんだけど、個人が楽しむことを目的として、日本中、世界中にバックアップして貰うのが一番だと思ってます。
共有という意味で良いか悪いか未だにわからないけど、昔のNapsterは凄かったし、Youtubeは衝撃的だった。僕のHDDには結構いろんなビデオクリップが保存してあるんだけど、ちょっと確認、ちょっと見たいなんてのはみんなそこにあるのだから。
今日、Youtubeがgoogleに買収されるニュースを見て、Googleは何がしたいのかちょっと疑問に思った。検索エンジンとしてのgoogleは凄いし、コンテンツのサービスも未だに凄いとものがあると思う。googleにはgoogle videoっていう立派なコン テンツがある。これってマイクロソフトと同じような戦略なんじゃ...っと思ってしまった。マイクロソフトからはもう新しいモノが出てくることは無いと思っているので、googleにはそんな道を歩んで欲しくないところ...って書いたけど、これってなんだかgoogleに失礼な気がしてきた。
まだまだ宝は埋まっていると思うよ、Youtubeには。
前述のNapsterがつい最近、全く異なるモノ(ロゴはいっしょ)となって、還って来たんだけど、どうなんだろうなぁ、コレって。
このスタイルが面白いのかな?
今のところ使う予定は無いけど、もしなんかで貰うとかしてはじめたら3ヶ月くらいは続けるかもしれないけど、
「ここも宝は無いなぁ...」っていう感じで聴き放題=0曲=見限っちゃう僕がいる気がする。
昔の亡霊に取り憑かれてるんだと思う。

やっぱ、においとジャケと重さでレコード買うのとタタキでCD買うのとアーティストのHPに置いてあるフリーor有料ファイルを探すのが一番面白い。

そういえばちょっと前にiTunes7にして、ジャケがペラペラめくれるようになったんだけど、これって横に動くのって何か違和感。やっぱCD屋やレコード屋みたいに下から上に引っ張るように動くと素敵だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

のんびり。

日記をアップしてみたり。

アレコレ、ブッコ抜いて(ダウンロードして)みたり。
先日、山田君と話した、
Metallicaの2003/07/13 Orlando, FLのSt.Angerの時ツアーを聴く。
切ないなぁ。コレ。

あといろいろ捜し物。
見つからず。

風邪引いたかも。ちょっとゲリープレイヤー。

今週末には米国出張なので、準備もしないといけないんだけど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

終了と個人情報の山。

同窓会、無事終了。
残るはカバンの中の連絡先等の個人情報の山。

朝、10時半に家を出て、都内、外苑前。
途中、海外留学組にメールで貰ったコメントをプリントアウトするのを忘れたのに気が付いて、
地下鉄下りたあと、嫁に電話して、携帯電話に送って貰う。

卒業して12年、歳にして34歳。
その12年間、流石にいろいろあったんだろうなぁっと思うことしきり。
自分の生きてる時間以外にみんなが僕の人生に干渉しないようになってから生きてきた時間があって、そこはどうにも埋められないんだけど、ちょっと話をしてみるだけで、その空間に存在するもの凄いエネルギーみたいなモノを感じた。
あんまりに慌ただしいというか、圧倒されすぎてしまって、ビデオは回していたんだけど、写真を撮るのを忘れていたっつうか、二つ同時にやるのは無理です。
同窓会はほぼ滞りなく、会計ミスもなく、2次会、3次会と楽しく過ごす。
1次会の締めの挨拶は僕だったんだけど、考えていた原稿とは全く違うことをいつも通りに。
「次回、何年後かに必ず行いますが、それまで先生方には長生きしてもらうように...」っとちょっとだけ毒を混ぜ込んで。
昔だったら、「ガァーっ」っと猛毒吐くところなんだけど、今はホントに丸くなった僕。
みんなに「変わらないね。」っと言われたけど、確実に心も身体も丸くなってます。
何にしてもホント楽しかったし、またやりたいけど、2年後はイヤだ。せめて5年後または10年後で...
ホテル組、帰宅組と別れて、一人、上野に着いて、気が付けば、酒は呑んでいたけど、昼飯も夕飯もほとんど食べていないのに気が付いた。
一蘭でラーメンを食った。

電車の中で「流石に疲れたなぁ。」っと思って、寝そうになったんだけど、最後の力を振り絞って、携帯の目覚ましをセットしてから寝た。
起きたら、丁度、最寄り駅でナイス。
家に着いたら、カギを家に忘れたことに気が付いて、初めてインターホンを押して、嫁に開けて貰って、無事帰宅。
後始末としてはアルバムを作るので、発送先の現住所と連絡先(モロ個人情報だ)を今回書いて貰ったカードをデジタルファイルにして送ること。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

反省というか。

電車の中でEndless Doom Family Mixを聴く。

現場では、自分の身勝手な勘違いをしてたので、今、冷静になって聴いてみるとなかなかどうして良い構成の良いライブでした。
ただやっぱり今、彼がやりたいのはコレなのか感はあるね。
デジタルもアナログも感度は基本やっぱり鈍。基本なのかなぁ、この辺。
あとやっぱ音域が妙に足りない気がする。幅かもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

ちょっと買い物。

夕方、ちょっと買い物に出る。
明日、同窓会なので、丁度、良い機会だから、革靴をお買い上げ。
靴の中で革靴を買うのが一番難しいと思う。
なかなか履き潰すこともないので、これから何年間か履くことになる。
デザイン、色、堅さ、履き心地。
ちなみに一番簡単なのはコンバース。デザインだけ考えればいいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

グルグル。

10月から新しいプロジェクトが始まっていて、また新しい奴を作るんだけど、そのためにBACライブラリーのスクリーニング注文しなくちゃいけなくて、候補になるプローブの50%以上GCというのが決まらずに猛烈煮詰まり中。
その配列が500kb以上に渡っているので、まぁ1個のBACに入ってるわけないので、もうそういうところで全長クローニングとかは諦めているわけで...

4文字の文字列見てると気持ち悪くなる。

帰って来て、ママンから電話。
日曜日に上野動物園に甥っ子と行くから、お前も来ないか?っということらしいが、同窓会なのでお断り。
嫁が暇なら替わりに行ってもらおうっと。
胃ガンで手術して3年経ったので、息子としてももう安心だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

渋谷O-EAST。

すっかり忘れそうだったんだけど、 GINGER & SONIC CIRCUSを見に渋谷O-EASTに行く。
感想から書くと楽しいライブでした。華やか。
ただ僕の中で一番大切な勘違いしていたことに気が付いてしまいました。
これはソロプロジェクトで僕が好きなWiLDHEARTSでは無いんだということ。
彼がかつてWiLDHEARTSを休止して、やろうとしてたこと、そしてこれが今そのやりたいことなんだということ。

会社出るのがギリギリで、開場時間には間に合わず。
途中、田上君からメールが有り、今、赤羽。隣にマンバが2匹座って来て、ちょっと畳が腐った臭いがすることと、
池袋で下りる時、足を踏まれたんだけど、「すいません!」っと思っている以上に丁寧に謝られて、人間外見で判断しちゃいけないっと思っていることを伝えてたら、渋谷に着いた。
O-EAST、(旧ON AIR EAST)は道玄坂方面、ラブホと風俗店に囲まれた場所にある。
久々なので記憶を辿って行く。迷うけどなんとか到着。CATHEDRALのライブ以来だから...何年前だ?

無事、皆さんと合流。
合流した後、マーチャンをチェック。
一応、ラグランとパーカーを買おうと思ったら、ラグランM売り切れ。パーカーのみ購入。¥6500
山田君が「The Great White Monkeyを買って来てくれ。」っというので、一緒に購入。
シールド。開けてみたら、なんとプレスCD。
JOEさん(何年振りだろう?今、仕事で赤い国にいて10日間こっちにいるらしい)が並んでいたので、
「買ってください。」っとお願いし、無事購入。
(このCD、僕らが持っている手売り盤はCD-Rだから。お馬鹿さんだから買うよ。)
The Great White Monkey/Ginger ¥3000
まぁ何枚あっても良い物は良いんですよ。
ウダウダとみんなといろいろお話。

っでライブ。最後は29 x THE PAINでした。

ライブ終了後、またウダウダとしてたら、山崎さん登場。
山崎チルドレン、暗黒っ子な僕らにネタバレ爆弾を投下して、「ええっ」っと言ってる間に、
「ところでコレ、誰か欲しい?」っとエクソシストのビデオをスッと田上君に渡して帰っていった。
あのリズムは絶妙。
まぁ爆弾は2月の件。あまりにさらりと言って行ったんだけど、「どうなんだろう?」っと上記のように始終考えてしまったライブが終わった後だったので更に考えてしまった。
...多分、きっと楽しいと思う。楽しめると思う。うん。
そうして古くからの同じ趣味の同じ音楽を追いかけて来た友人に会えるのが何より楽しいかも。
しげ10君はいつも通りセットリストを手にして帰って来てました。凄いな。

またまたワンサカCDを貰ったりして、ホント、申し訳ないです。感謝。
そろそろガツンっと活動再開といきたいところだなぁ。まずHDDが腐る前に発掘するとこから。
そんな訳で2月にまた会いましょう!
(あとでもうちょっと書くよ。)

今日のメモ。
今回のツアーメンバー
Vo.& G - Ginger (Wildhearts / Silver Ginger 5)
G - Conny Bloom (Hanoi Rocks / Silver Ginger 5)
G - Jase Edwards (Wolfsbane)
D - Steve Spring
B - Jon Poole (Wildhearts / Silver Ginger 5)
Key - Louis Soeiro
Chorus - Vix (Fuzzbox)
まずはコーラスのVixのFuzzboxっていうバンドからチェックする?(うーん、これかな?廃盤らしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

落とし穴と僕。

テレビでお笑い芸人をメールでハメて、最後に落とし穴に落とす企画を見て、無性に落とし穴を掘りたくなる。
標的は手軽なところで嫁。それをビデオに撮りたい。
幼少の頃、よく落とし穴を掘ったもんだ。
それこそ、家のそこいら中に掘ってた気がする。標的は一番下の弟。遊んでやるふりして、「おーい。」って呼んで、遊んでやる感で釣って落とす。流石に何回かひっかかると怪しむけど、遊んで欲しい心理を巧みに利用。
ひょっとすると僕等が遊ばれてたかもしれないけど。
あとはどうも狩猟目的というか、なんとなく落とし穴に落とすというのに血が騒いでた。
その仮想標的はイノシシなんだけど、流石に田舎でもそうそういるわけないので、現実的な標的は近所の猫。これは無理だったなぁ。
でも今ならいけるかも。正攻法に追い回して落とせば楽勝な予感がしてきた。待つんじゃなくて、追い込みで。
ビニールで蓋を張るのもやったけど、一番良いと思ったのは魚屋で貰って来た発砲スチロールで蓋をすること。
ちょっと頑丈だから、落ちるまでのちょっとした空白が素敵。
穴掘り過ぎて、下から水が出てくることがあったけど、穴の中にう●ことか入れることはなかったなぁ...
今、作るとしたらどこに作ったらいいんだろうか。
現実的には泊まりがけで行ったスキー場とかのイベントとしてやるのが良いのかな?

それはそうと落とし穴じゃないんだけど、落とし穴ついでに思い出したことがある。
ママンの実家の方では鶏糞を発酵させて肥料にしてた時期があったんだけど、それって、丁度落とし穴のような感じで土の中に埋まっているわけ。
それを遊んでて引っかけるというか、踏んで大惨事になることはよくあった。もう泣くしかないわけだ。
パッと見、普通に土がちょっと盛ってある感じなだけに正にトラップ。
ただそこには実はカブトムシの幼虫という宝物が埋まっていることを小学校高学年になって知ることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドボールで続投。

酒呑んで、うつらうつらしてたら、シゲキから電話。
往復葉書の往信面の裏に出席、返信用の裏を印刷しちゃった奴の件。
まぁ知ってたことだけに、驚きはしなかったけど、
「あいつは、普通に日常生活送れているのかな?」っと言葉に大笑い。
ダメな奴は世の中ごまんっといるので、どうせなるなら、憎まれないダメな奴で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだか怒濤の。

10月、目まぐるしい。

ようやく日記のアップを試みる。
毎日、書いてるんだけどね...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

ミント便。

届く。

・I Decline/Union Of Knives
・Violence & Birdsongs/Union Of Knives
・Like a dog 発禁テストプレスCD/Izzy Stradlin
総額¥9360

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッドボールを投げたい。っというか投げてた。

10月最初の月曜日。
やれてないことが多数。多すぎの上に貯めすぎ。

ミーティングでちょっと現実味について疑問を投げる。
なんかこう「こいつ等、ホントダメだなぁ。どうすんだろう?」っと思ったけど、そこまで言うのは酷というか、誰が誰のケツを拭くのかしら?っとちょっと楽しみ。
僕は逃げ切りっぽいので、傍観者として。

帰宅後、ビール呑んでたら、タクマから電話。一応、緊急事態かな。
週末の同窓会で挨拶なんかいろいろあてにしていた先生に実は声がかかっていなかったという事実が発覚...
まぁ各研究室の各幹事にその辺は任せていたところなんで、穴だったといえば穴。
ここに来てコレだともう仕方ないなんだけど、一応、大学に行って声かけをしてもらうことにした。
まぁ僕のミスといえばミスかもしれん気もしてきたよ。当時の僕のラボの教授、助教授には声をかけたけど、副手の先生には声をかけてなかったから。
副手の先生に声かけておけば、今、そこの声のかからなかったラボの先生として帰って来ているので、間接的にそっちに話が繋がった、繋がりやすかったかもしれんってことだ。
この辺、その後の人間関係がわからないから難しいねぇ...約12年の月日ってそういう部分も気楽に埋められないといけないんだよなぁ。

次に何年後かに誰かがまた同窓会を企画するかもしれないけど、実行は出来ないかもしれないなぁっとホントに思った瞬間だった。世の中の流れもそうだし、お互いの人間関係の維持もそう。それに加えて情熱が有る奴が何人集まれるかじゃないかな?利はゼロだしね。

ただ逆にこの手の同窓会開催業(名簿作り+人捜し+段取り&会場セッティング)ってニーズがあるのかもしれない気がしてきたけど、会社で個人情報を握り過ぎる気がするからダメだな、やっぱ。
でもネットワークさえ構築出来ちゃえば、顧客は無限に存在しそうだし、高齢化社会を狙って、思い出出会い系の妬けぼっくりっていう事情もあるかもしれないから、なんとかなるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

カミコン。

ディズニーシーへ行く。
実に2年振りなので、気合い十分。6時半に起きるが、二度寝。
天気はこれから崩れる予定だけど気にしない。

まぁ8時には家を出て、1時間くらいで現地着。
約2年来てないので、その辺の空白を潰す感じで無計画に。
メインはTower of Terror。
このご時世というかタイミングを見計らったかのように、ホテルのエレベータ設定の落下系アトラクション。
ファストパスを取ったら、午前9時の時点で19時のモノでした。
一通り、キャッキャっと遊ぶ。
レイジングスピリッツはうーん微妙。
縦回転は360°は、僕、バク宙出来るので、普段味わおうと思えばいつでも味わえるから、新鮮味が足りないのか?
考えてみたら、ジェットコースターって前方向(前転方向)に回転することないの?
Center of the Earthに並んでいたら、急に音楽が止まって、電気が全部点灯した。何事かっと思ったら、「システムエラー発生。速やかに退場してください。」
とのこと。こんなの初めて。
そうしてなんか珍しいモノを貰った。コレ。
Img_1858
ファストパスと同じ効力があるっぽい。っで、結局、このパスで再度動き出したCenter of the Earthに乗った訳なんだが。(嫁撮影)

めぼしいアトラクションには一通り。そして食い倒れ。
取り敢えず、何でも食べるよ。ひたすら食べる。目に付いた新しい屋台は全部。
でもギョウザドッグは食べないよ。
あれって、アトラクションの一つとしてカウントした方がよくねぇか?

ふと見ると、結構いろんな人がいるよね。
なんだろう?何繋がりなんだろう?この組み合わせの男女はみたいな。
その辺の彼氏彼女の事情みたいなところって、部分的な会話の内容とかから察して、勝手に想像するとちょっとした待ち時間を潰せたり、そのアトラクションより面白い気がしてきた。
(なんでこの二人、この歳の差で、しかもなぜ女の子が敬語なんだ?)みたいな。

ふと(また)見ると、ディズニーシーの植木って生で露地なんだよなぁ。
これって維持管理、結構、金がかかってそうだった。これが植木鉢でパーツ化されちゃってるとパーク側は楽なんだろうけど、センスの問題でアウトだろうね。
そう言えば、以前、凄い疑問に思っていた、ディズニーシーのリハーサル等の件。
(説明するのが面倒だけど、一応、想像してたのを書くと、ディズニーシーの大きな池でボートを使った光のショーのリハーサルとかギミックのテストとか組み立て仕込みって、普通にやっちゃうとミラコスタから丸見えでホテルとしての営 業とか売ってる夢とかどうなの?実は千葉沖に孤島のような同じような秘密基地のような施設があって、念入りなテスト&リハーサル後、何百キロも海の中を海底トンネルでスライドさせてくるんじゃないの?的なこと。地下基地ってのも有りだけど。うーん、よくわかんねーかな。)
...どうやら普通に夜やってるらしいね。ホテル側から客室に丸見えになっちゃうけど、ごめん的な断りが入るような形で。
ちょっと納得しました。
そりゃそうだよな。

肝心なTower of Terrorは、良く出来てました。
うん、コレ、なかなか良いよ。ファストパスなくなるのもわかった。
内蔵がグッと上がって、ちん○んキュンってする。

肝心なカミコンはスケジュール帳にしました。
ディズニーキャラの辞典みたいな日めくりの奴。
自分用のお土産は、
・ディズニーシー5周年ミッキーマウス ¥3500
・5周年万華鏡 総額¥3600
Tower of Terrorの警備員仕様のミッキーマウスは売り切れでした。残念。

帰宅後、電池切れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »