« うわ、気がついたらもう完全に年末だ。 | トップページ | 大晦日。 »

2010年12月30日 (木)

何事も。

午前中はのんびりと、年賀状やら氷川神社に様子を伺いに行ったりしようかなって思ってたら、嫁から電話。早く来いっと、グズって全然寝れないんだと。

しょうがないから午前中から病院に様子を見に行く。

観察してて解ったことは、僕も含めてそうだけど、嫁と息子X、お互いが初心者なので、いろんな不具合があるってことだ。今日見てて、思ったことは嫁はおっぱいを与える初心者で息子Xはおっぱいを吸う初心者。お互いの意思がちょっとだけズレてて、上手く出来てないだけだ。誰でも得手不得手がある。いきなりやって出来る事もあれば出来ない事もある。出来ない事は練習あるのみ。いきなり上手く出来るのは本能とか天才とか言うんだけど、人間はそんなに巧妙に出来ていない生物だから。上手く出来ないならお互い練習するだけ。温かく見守るよ。

じゃぁ、練習って何回したらいいか?っていう話になる。僕は1000回やることにしてる。
この1000回っていう数字は一応根拠らしいものがあって、中学の時の体操部に入ってた時、そこの美術部と兼任で、たまに来てサボってるとビンタして帰っていくM本先生という人がよく言ってて、その当時、なるほどと納得したし、それからずっと出来ないことも1000回トライすれば必ず出来るって思って生きてきた。体操部に入ってて良かったことは「1000回やればセンスが無い奴でも大体出来るようになる。いいからやれ。」って言葉と同級生や先輩の女子体操部のレオタード姿を見て、妄想し放題という2つだ。
体操の技は、必ず習得するのに順番がある。度胸と身体能力が高ければ、飛び級することが出来るけど、ある程度まで行くと、同じ技をひたすら練習する壁が次から次へと出て来る。これはもう飽きるまでトライし続けるしかない。ただ体操の場合、床やら鉄棒やら各種目でこんな壁があっちこっちに出来るので、トライにも気分転換が出来る。飽きたら他のことやってれば良い。そうして繰り返すうちに身体能力、ちょっと使う筋肉が発達して来て、バランスが変われば大体出来るようになる。サッカーだって、スノーボードだって、みんな同じ。諦めなければいつか出来るっていう理論とともに諦めるタイミングも教えてくれる理論。
学校の勉強も大体それで良いと思う。1000回同じ問題解いたら、もう絶対間違えないだろう。1000回やるべき問題が各教科無限にあるだけの話で。それだけだ。それが速く出来たら、センスがあるとか、勉強が出来る子っていうレッテルが貼れる。
まずベースとしてこれからトライしようとすることが好きであること。嫌々やってたら1000回やっても絶対出来ない。実のところ納得するトリックがあって、好きでも嫌いでもやろうと思って1000回同じ事を繰り返すのは凄く大変。好きだったら、多分1000回やる前に出来てしまうし、その前に1000回数えながらトライしてるのを忘れて、今何回目かわからなくなる。そして出来れば既に次の壁にぶつかってるんじゃない?
もしたまらなく好きなことがあって、1000回ちゃんと数えてても出来なかった場合はどうするか?それで飽きたら諦めれて他の事をすれば良いし、まだ好きならあと1000回、2000回やったら出来るようになると思うよ、多分。

まぁそんなこんなで抱っこしたり、泣かれたり、寝かしつけたりして、微笑ましくのんびり過ごす。二人が寝てると僕まで眠くなって来て、思わず居眠り。親子三人で寝てる状態。

昼過ぎに病院を撤収。氷川神社に寄る。神社で名前を見てもらうつもりでいるので、その辺の事情、宮司さんに話を聞いてみた。なるほどいろいろ納得。状況はわかった。ただ明後日には1/1なので、正月三ヶ日は避けようかなと思ってる次第。しばらく名無しのまま。

帰って来て、年賀状の住所、宛名をチェック。修正しつつ、まずは僕の分を印刷。
白か銀のペンが欲しいなぁって思ったけど、時既に遅く、コンビニには売ってなかったので、明日にでもk病院の帰り道に買うつもり。明日中には僕の分は出そうかな。

夜、久々に模型を少々弄る。本当に少々。

|

« うわ、気がついたらもう完全に年末だ。 | トップページ | 大晦日。 »

普通の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何事も。:

« うわ、気がついたらもう完全に年末だ。 | トップページ | 大晦日。 »