« 問題はそこではない。多分。 | トップページ | そして誰もいなくなった。 »

2011年1月13日 (木)

たばこと塩の博物館。

124000_949086802_224large
帰り道、ちょっと迂回して、たばこと塩の博物館に寄ってきた。今、特別展示でやっている「小林礫斎 手のひらの中の美 ~技を極めた繊巧美術~」を見てきた。
展示数もミニチュアだけにスペースの割に膨大で、見応え十分。凄いのは実物とほぼ同じ材料を使って本人あるいは別の一流職人が細工して作っているという冗談みたいな事実。作り方、見せ方でいろんなトリックを使っているんだけど、何より質感が心地よいので、よくできてるというよりはそのサイズの小人さんが使う実用品にしか見えない。
冗談みたいな凄い展示なんだけど、そうそうこの数の作品が展示される機会は無いと思うので、渋谷に来た暇な田舎者は是非。

小学生の頃、多分来たことあったと思うんだけど、常設展示を見てもあまり思い出せることがなかった。塩の作り方のダイオラマと煙草の箱の標本みたいに並んでいる奴が見たことあるかもって感じたくらい。そもそも当時も渋谷にあったんだろうか?


|

« 問題はそこではない。多分。 | トップページ | そして誰もいなくなった。 »

普通の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たばこと塩の博物館。:

« 問題はそこではない。多分。 | トップページ | そして誰もいなくなった。 »