« 一ヶ月目の定期健診。 | トップページ | 削って、彫って。 »

2011年2月 1日 (火)

日常のいろいろ、そんな2月。

一日、駒場。
会社に行った方が良い気もしたけど、どうでも良いことなんでメールで済ませた。
なんとかなる。

124000_974464394_145large
噂の渋谷駅の集英社の宣伝ってどこにあるんだろう?ってちょっとわからなかったけど、偶然発見。
2億冊って凄いと思うけど、「ONE PIECE」、実は僕、ちゃんと読んだことがないという...否、何度かトライして10巻くらいまでは読んだことがあるんだけど、途中で挫折というか、なんか駄目なんだよなぁ...これと同じパターンに陥って最後まで読めてないのが「鋼の錬金術師」。あとなぜか「スラムダンク」。「読み終わるまで帰れません。」的な強制的に一度読む機会が無いと駄目だなぁ...とは思ってる。

まぁ偶然というか、実はちょっと早目に帰れそうだったんで、半蔵門線で神保町。
世界で唯一のMa.K(マシーネンクリーガー)模型店のNutzに行ってみた。神保町から行けば意外とすんなり行けるもんだ。
124000_974465148_189large
住所を頼りにテクテク歩いていくと看板をすぐ発見。
なんだろう?既視感。昔、新宿の西口のマンションの中なんかにあった輸入盤レコ屋みたいな感じのインディーズ臭さがたまらないそんな店だった。
恐る恐る入れば、作業中らしく、店内はプラキャスト臭が充満。そこは実に趣味の世界というか、Ma.Kらしいというか。店長が好きなものを好きなように売ってる感じの空間。実に良い。
グルッと狭い店内一周して、バラ売りパーツのチェックしたり、バラ売りデカールのチェックなんかした後、ちょっと店長さんとお話。ちょっとしたMa.K的な考え方と解釈、アイデアを頂いた。その延長でちょっとした戦い方も教わった。なるほど。目の前にある模型からそれを見てる人が勝手にひたすら想像力を掻き立てるように作ることが大切な訳だ。筆ムラすらも、合わせ目すらも。実にモデラー的視点。面白いなぁ、ココ。
あと知ってる人は知ってるだろうけど、ココの店長はモデラーとしてもやはりかなりの手練なので、痒いところに手が届くものがいろいろ売られてる。ペーパーの当て木(?)に良いステンレス棒とか、コルクキューブとか。ああ、コレあったら良いなって思うモノが多数。Ma.Kを作らない人も一度覗くとへぇーこんなものあるのか?って新しい発見があるような。

|

« 一ヶ月目の定期健診。 | トップページ | 削って、彫って。 »

普通の日記」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常のいろいろ、そんな2月。:

« 一ヶ月目の定期健診。 | トップページ | 削って、彫って。 »