« 都内、被災中。 | トップページ | 不謹慎と言われても。 »

2011年3月12日 (土)

東京漂流。

久々、徹夜で実験か?って思って、PCRかけたけど、その後。「何やってるんだ?」って自問自答。
この状況下でES細胞とかどうでもいいなぁって。軽く凹む。

結局、なかなか眠れる訳なんか無く、同じラボのM谷さんと二人でうとうとしては余震で起きるを繰り返して午前5時。そこからネットでの再び情報を確認しつつ。たまに携帯電話に流れて来る警報に怯えながら。
午前6時、どうやら寝てる間に携帯電話の回線が解放されたようで、自宅と実家に電話した。
ここで会社の緊急連絡網も回って来た。

JRが7時に動き出すという話と今居るラボの作りの不安さから、6時半、僕は渋谷を目指すことに。無事家に帰るためだ。
歩いて渋谷を目指そうかと思ったけど、井の頭線が動いていたので、井の頭線に乗る。あまり混んでなかったけど、皆疲弊してる。目真っ赤にして座り込んでる殺気立ってる女の人が避難先の喫煙者に対して怒り狂ってた。

渋谷は意外な程静かだった。流れのままJRの乗り場に行ってみれば階段上の埼京線の乗り場の改札口は既に人の群れ。
124000_1034632145_59large
渋谷、7時の時点でJRは封鎖されたまま。山手線も埼京線も動いてない様子。待つにしてもこのまま階段で並ぶのは何かあるとマズい気がするので、埼京線の乗り場オンリーに近い新南口に移動。新南口もシャッターが閉まっていたが、丁度開くタイミングだったので、改札を抜けてみれば、どの電車も動いて無い。なるほど。そういうことか。
そのまま再び改札口を抜けて、銀座線で上野を目指す。電車の数から言って、上野の方が大宮、そして家に近いはずだ。銀座線も渋谷ではそんなに混んでなかったが、上野に着いた時には満員電車に。銀座線からJRの上野駅に抜ける通路は既に人の波。仕方なく日比谷線の方から抜けて、入谷口へ。

124000_1034632534_132large
入谷口のコンコースには人がたくさん屯していた。意外な程のどかな印象。ほとんどが帰宅不能者なんだろうけど、日本のサラリーマンは実に逞しいと思った。タクシー乗り場は長蛇の列。上野のメインの改札口はもっと混雑している様子だった。
改札はどこも入場制限されていたが、要するにJRのどの路線もほとんど動いていないという状況だった。

124000_1034632928_89large
人の波は銀座線の到着とともに人が増え、改札でその状況を確認して、その流れで表のコンコースに移動してさてどうするか?っと途方に暮れる感じだった。僕はここでしばらく休憩。駅の放送が入る駅の中のコンコースの日の当たるところで、昨日買った菓子パンをパクつきながら。池袋に移動してみる?っそりゃ体力の無駄遣いだ。東京から脱出出来ないのか?そんな思いも。
9時半くらいにおそらく高崎線の一本目が走るという放送が流れたのを聞いて、僕も改札を抜けた。改札は既に自動改札の電源が切られ、フリーの状態。ホームに行ってみれば電車はギュウギュウの満員。これは一本見送ることにして、取り急ぎ、トイレに行く事にした。トイレに行った帰りに通常特急が停まる地下ホームのところのモニターでテレビのニュースを流していた。地震が起きてから初テレビのニュース。ようやく何が起きているのか理解出来た。
自分の置かれてる状況はそのモニター映る状況の何十分の一なんだろうけど、それも含めてなんだか涙が出て来た。周りにいる疲れたおじさん達も何人か涙流しながらテレビを眺めてた。
さぁ、帰ろう。東京から脱出する。

その後、おそらく二本目の高崎線に運良く乗れた。たまたまホームに入って来た電車がそれだった(それになった)。
「この電車は高崎線になる予定、行き先はまだ調整中で未定です。」というアナウンスがあったり、
「尾久〜赤羽間の踏切が故障しているので、安全確認のため一時停止します。」とかで3回くらい停車したり、
「余震がありました。徐行します。」っといった感じで約1時間半かけて、昼の12時、無事なんとか最寄り駅に着いた。嫁と息子に無事再会。

家に着いて、状況を確認。
キャスター付きのラックに入っていたCDが散乱。
作りかけで串うち済みの塗装中のケンプファーのパーツがひっくり返って散乱してた。
ダースベイダーのボイスチェンジャーマスクが落下。
そこに木彫りの熊が落下。木彫りの熊が一番の被災者かな?
まぁそこそこの大惨事だったけど、そんなのどうでも良い。こういうものはなんとかなる。

一応、お風呂に水貯めてあったり、飲み水確保、持ち出しグッズも準備してあった。
取り敢えず、シャワーを浴びた後、家族三人で食料の買い出しに出る。旧中山道を歩いている人が随分いて、納得。大宮方面、下手したらもっと遠くから歩いて家に帰る人達の列なのか。
懐中電灯用の電池をなんとか確保して、ホッと一息ついて一眠り。

テレビはひたすら同じことをどの局も垂れ流してるけどどうなんだろう、独りよがりじゃない?情報伝達手段としてのテレビの役目ってもう随分細いんじゃないかなぁ?もう少しテレビ局は自分たちの役割、今自分たちが出来ることが何なのかを考えたら良いよ。

今回の一件、ますますtwitterの使い方を考えなくちゃいけないと思った。twitter、こういういざという時に良い情報を選ぶ事が出来れば、その即時性からかなり役に立つ。少なくても僕がフォローしてる人達は良い情報をくれてた。感謝。

兎に角、今は三人いれば一人よりも心強い。一人が0歳児でもだ。それだけでも安心。

|

« 都内、被災中。 | トップページ | 不謹慎と言われても。 »

普通の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京漂流。:

« 都内、被災中。 | トップページ | 不謹慎と言われても。 »