« いろいろ考えてみる。 | トップページ | 2011音楽関連を軽めに総括。 »

2012年1月16日 (月)

いろいろあるわな。

米国留学していた同僚2人の報告会があった。片一方は与えられた「実験」して来ました的の内容。実に普通。かたやもう一方は自分で率先して人脈を作り「研究」をして来ましたという内容だった。スタンスが明らかに違う。後者は自分で対等の立場を作りつつ、最終的にコントロールする側にいる。こういうことが出来た人って僕が知る限り居なかったような気がする。実験と研究。言葉としては凄く似てるけど、全く違うものだ。
ただ2人とも2年間も知らない土地で知らない人囲まれて、それでもなんとかやり遂げて来たことは凄いと思う。但し、お疲れさまとは言えない。その分、学んで来たことをどんな形にしても生かしてもらうつもり。これからだ。

ちょっと思うところがあって、一応、メモ代わりに書いておく。
これくらいの歳になって海外留学する上で言語というのはおそろしく障害になる。さすがに頭が硬くなっている分、すんなり行くとは思えない。それでもそこでなんとかしなくちゃいけないという場に置かれてあがいた時、そこで培われた「勘」が鈍らないうちに僕は彼らの「勘」をなんとか利用したいと考えている。
TOEICの試験がいくら良くても、相手は生きてる訳だから、母国語じゃない限りある程度は訛っているだろうし、ドモリもするだろう。こっちは勿論、相手も100%正しい受け答えが常に出来る訳がないはずだ。聞き取れなかった言葉を前後から類推する行為、表情、語気から先読みして言葉を選ぶ行為、それが日常の会話で常に発生しているはずだ。異文化社会で生き残って行く術としてのスキルは実験だろうと研究だろうとどっちでも磨かれて来ているはずだ。2年間も米国で過ごしたならば、2年居たからさすがに慣れた部分と、2年経っても慣れなかった部分の両方から生じるコミュニケーションの「勘」は僕らほとんど日本語しか使っていなかった人よりも閾値として鋭くなっていると僕は思う。
そこに賭ける部分があっても良いんじゃないかな。精神的な支えくらいにはなると思う。

|

« いろいろ考えてみる。 | トップページ | 2011音楽関連を軽めに総括。 »

普通の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろいろあるわな。:

« いろいろ考えてみる。 | トップページ | 2011音楽関連を軽めに総括。 »