« リズムが狂い始めているのか。 | トップページ | まだまだリズムが狂ってる。 »

2013年10月30日 (水)

なんのことはない。

されはさておき、上司と面談があった訳だけど、その感想としては「まぁ、なんのことはない。」と言ったところだ。
結局、僕の思っていた通りの時系列で物事が進みつつあるし、それはもう何をやっても止められない。
だから僕は後は幕の引き方だけをひたすら考えて来た。上司も気付いているだろう。面談して分かったことはこの人もかなり苦しい立場にあるということ。それが見て取れた。どの立場でモノを言うのか?その位置が随分高い位置にあり、現実味がさっぱり無い。不利な事は考えるのを止めるパターンだ。人間、だいたい50歳くらいでそういう政治的にも保身に走るようになるんだろうね。それはそれで悪く無いと思う。
本人は否定するかもしれないが、僕が感じていた通りの時系列で物事は進んでいる。本人は知っているだろうし、それはもう隠せない事実だろう。この半年間くらいで完全に僕の信頼を失った人達が多数いる。レポートラインだのホウレンソウだの言う奴はまずは部下にもちゃんと「駄目だった理由」をちゃんと説明してみろよ。出来ない、努力の足りない自分を省みろと言いたい。空気読め的な態度もクソだ。僕は多分この人達よりも遥かに空気を読めるし、勘も良い自信がある。ちゃんと科学的に説明がつかない上に言葉を濁すなら、ちゃんと物事の時系列の話をして、それが駄目な理由だと明確にしてくれれば考えやすいのになぁ、変に期待持たせたり、努力させたりするから余計に変な事になっちゃうし、何よりも信頼無くすだけなんだけどね。小さい嘘の積み重ねなんだよなぁ、結局。
多分、僕の前の回で面談した二人も同じような事を言ったんだろうと思う。意見への対応の被せ方がステレオタイプになっていて、逆にその必死さがその二人に被せられたモノを僕に被せてきているんだろうなというのが見て取れた。そこから更に被せて圧迫かけても良かったんだけど、ちょっと止めておいた。僕は逆に謙って「いろんな意味で他人の責任にしたり、それを言い訳にして、結局やらないままにしてしまっている事が多いと考えています。」って言ってみたけど、響いたかなぁ。やらないままにしているのが誰か?誰だろうね?

負けた気はしないけど、なんだかグッタリだった。気が滅入る事も無く、僕は僕の時系列で動くだけだ。

|

« リズムが狂い始めているのか。 | トップページ | まだまだリズムが狂ってる。 »

普通の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんのことはない。:

« リズムが狂い始めているのか。 | トップページ | まだまだリズムが狂ってる。 »