« 早いものです。 | トップページ | そうしてまた静かに終わりを迎えるのである。 »

2018年8月 3日 (金)

もうちょっとやりたい気もするけど、これはこれで良いのかな。

深夜の模型作業は一応、終わりが見えたということで無しにした。ゆっくり寝る。
まだやりたい気もするけど、それはまたいずれ塗り足そうかと思う。
Img_2425
結局、ポーズが今ひとつ決まらず。ほぼほぼ素立ち。フィギュアも置いてみた。フィギュアの目線はズラすというか、明後日の方角で。メインはスコープドッグで、フィギュアは大きさを実感するためのものということで。1/20ってこれくらいのサイズですよ。ロボットとしてみれば4mくらいなんですよ。的な錯覚というか。
一応、題名は悩んだところで、今回は「FIRESTARTER」にする。そうそう、もうベタにベタな感じで、ProdigyのFirestarterだ。あの曲がバックで流れるイメージで。
一応、塗装メモ。調色メモとしたいけど、ほぼほぼ瓶出しなので。
基本色はペールゼンファイルズ版と同じ。
水性アクリルで塗っているので、塗膜が薄くするためにサフレス。B/Wからの立ち上げ。オール筆塗り。
グリーン:灰緑色(タミヤ)
グレー:明灰白色(1) (クレオス)
白:タミヤアクリルの白ベースにバフを加えたもの。
基本塗装は白に振っている。
武器、バックパック類:ガンメタル、チタンシルバー、メタリックグレー(タミヤ)
指の赤:バーミリオン(ファレホ)
スピード感を持って、パパッと色を乗せていく。下地の白と黒を微妙に残す感じで、筆塗り。筆ムラも含めて、最終的なウェザリングもこの時点でどこに入れるか決めてしまう。
基本の色が置き終わったら、Mr.ウェザリングカラーでドッティング。ここで筆ムラも相殺する形でマージしてしまう。グリーンの部分はシェードブルーとイエロー。この2色をドッティングして表面で混ぜれば結構鮮やかな緑色になる。青を多めに残すと透明感というか、彩度が上がるので結構、スコープドッグ全体に流れるドブのような色のイメージが一新される気がする。これはペールゼンファイルズ版を作っていた時にちょっと気がついた。白のところはラストオレンジとステインブラウン。シャドウの部分以外で黒を多めに残すところはチッピングの下地に残す感じで。今回は往年のロボットのセル画にあるようなワカメ影を大きく塗料の剥がれた部分ということでそこにチッピングを書き込んでみたけど、なんか微妙な感じだった。腕の内側や、太ももの内側なんかに。チッピングは黒をベースにメタリックグレーでダークチッピング、そこにファレホのナチュラルスチールでライトピッピングを書き込みつつ、周辺部分にMr.ウェザリングカラーのラストオレンジ。Mr.ウェザリングカラー、これだけあれば何とかなるとも言えないので、スコープドッグ作るなら全部揃えておくのはオススメ。
武器類、メタリックカラーなんだけど、ここも基本的には全部筆塗り。筆ムラも重要。シュードブルーとラストオレンジでドッティングして表面で元のウェザリングカラーの色を残しながらマージ。そうするとメタリックに深みが出るというか、よりメタルっぽく見える。これが僕の中で盛り上がってくるところ。うまくいくとキャンディっぽい塗装までできる。
(もうちょっと書くよ。)

|

« 早いものです。 | トップページ | そうしてまた静かに終わりを迎えるのである。 »

普通の日記」カテゴリの記事

無駄使い?」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

1/20 スコープドッグターボカスタム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうちょっとやりたい気もするけど、これはこれで良いのかな。:

« 早いものです。 | トップページ | そうしてまた静かに終わりを迎えるのである。 »