« 要するに現実逃避病。 | トップページ | ごもっともなんだが。 »

2023年3月 2日 (木)

花粉に巻かれて。

深夜の模型作業は1/48 スーパーホーネットの続き。ちょっと換気しながらの塗装も花粉が怖くてパス。折角なので、一度は保留にしていた武装類の合わせ目けしを始めてみる。飽きる。

風が強くて、花粉にグルグルに巻かれる。左目、左の鼻の奥、左耳の中。全部左側。

今年は昔の事をいろいろ思い出すことが多い。これはいわゆる死亡フラグかもしれないね。
今朝、うっすら夢の中で思い出したのは高校三年生の三月の事。あの頃は花粉症なんてあんまり話題にならかったなぁ。中学校の頃の友達に1人ぐらい?だった気がする。
受験が中途半端な形で終わって、それでもまずはリフレッシュだぁ...っと思って気がついたら、僕は入院していた。
全身が気怠くて、全く動けず。意識が朦朧とする中、血液検査の結果を聞いた後、気がついたらベッドの上だった。まぁ懐かしい話だ。
みんなが冷やかしがてら病院にお見舞いに来てくれて。病院の近所に書店があったので、みんないろんな本を買って来てくれた。
B!誌の発売日にはちゃんとB!誌を買って来てくれたり。91年の4月号なので表紙はスラッシュでした。90年の読者投票結果の号なので、よくベッドの上でそれを眺めていた。ちなみにその年の5月号はPRIESTのロブとMEGADETHのデイブムステインでした。これも一人暮らし始めたタイミングだったのでよく覚えている。まぁいろんな本を買って来てくれて、いろんな本も読んだ。普段読まない漫画(少女漫画)なんかも病院の本棚にあったので、暇がてら読んでいた。友達が持って来てくれた本の中にあの大川隆法の本まであった。僕には何一つ響かなかったけど。
あの1ヶ月、高校生活の最後、本当はちゃんと話をしなくちゃいけない人もいっぱいいたけど、僕は病院の中。結局、今もどうしているのか、分からないままの友達もかなりいる。ただそのちゃんと話さなければいけなかった内容ももうすっかり忘れてしまっているので、まぁなんとも言えないっていう話。
(思い出した内容の中にホットの人が出てきて、逆にちょっとビビる。)

|

« 要するに現実逃避病。 | トップページ | ごもっともなんだが。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

普通の日記」カテゴリの記事

無駄使い?」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

1/48 F/A-18E スーパーホーネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 要するに現実逃避病。 | トップページ | ごもっともなんだが。 »