1/100 MG RGM-79 パワード・ジム

2020年10月25日 (日)

一歩進んで二歩くらい下がる。

深夜の模型作業はサフ吹きをする。
1/100 MGパワードジム、正直かなり煮詰まったのと、スネの延長した部分のスジボリを掘り直した時、ヤバイくらいにタガネが引っかかるので、ちょっと様子を見るためにもここは一つ、捨てサフを拭いておくことにした。バラして、持ち手をつけてバンバン吹く。
あとは1/35のウォーダディ似のおじさんもサフを吹く。コレもちょっと様子見で、行けそうならそのまま続行する。
Img_3591
いけそうな気がするので、ファントムグレーでシャドウを吹く。主に下側と影になりそうな部分。
Img_3592
コレは行ったり来たりするスタートの色になるので、大体でOK。
昼間、サフ乾燥させたMG パワードジムを組んでみる。
Img_3595
1週間くらいかけて、傷だらけのパーツ、未処理のゲート跡、パーティングライン、合わせ目消しをしつつ、また考えようかな。取り敢えず、サフ吹いてやるべきことを探してみる。

昼過ぎ、娘とお散歩に出る。娘の夏休みの宿題の絵が最寄駅に展示されているということなので、見に行くことにした。何らかの形でこういう風にみんなに見てもらう機会、感想を言ってもらう機会はあればあっただけ成長に繋がると思う。感想によっては挫けることあるし、自分と他人の評価に大きな隔たりがある時もある。そこで挫けるのも有りだし、自分を信じて続けるのも有りだろう。他人の好きと自分の好きは違うのは当たり前。親としては他人の好きという価値観よりも自分の好きを大切にしてもらいたい。

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

のんびりとした週末だ。

結局、娘は夜中に咳き込んで、バタバタと起きて、水分補給とかするので、おちおち模型作業もしていられない。
それでも模型作業するのだ。深夜から起きて昼間にしていた作業はこんな感じ。
1/100 MGパワードジムは肩のホイストフックをやっぱり付けることにしたので、真鍮線と真鍮パイプで作製する。最初1.5mmの真鍮線で作ってみたけど、コレは太すぎるのでボツ。1mm径で作製した。
1/35ウォーダディ似のおじさんは結局目が飛び出ているのはやっぱり変なので、削り取った。もう後戻り出来ぬ。一応、0.1mmのタガネでそれっぽく彫ってみたけど、まぁ難しい作業だ。もう知らないおじさんになってしまった。
昼過ぎ、倅をスイミングに送る。お迎えの時間までの間にドラクエウォークをしながら、大宮公園、氷川神社の近くの写真館まで行ってみた。七五三の時期なのにやはり開いていない模様。閉めちゃったのかなぁ、真相分からず。

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

コレで良いのだ。

深夜の模型作業は1/100 MGパワードジムの続き。胴体の面取りをする。スジボリをまた少し追加。

今日はどうしようかと迷ったけど、自転車で行くことにした。鍵無し。会社の駐輪場も鍵をかけずに置いてみる。
結果からしてみれば盗難されることもなく、無事。そんな訳で帰り道に自転車屋に寄って、鍵を買う。¥1980
ちょっと高めの奴にしてみた。同じようなワイヤーロックでダイヤルで合わせる奴で番号が自由に変えられる奴。カミさんがたまに乗るので、前の番号と同じにしておいた。

今日のAmazon便。
S.A.L (特典なし) / KYONO ¥3168
元THE MAD CAPSULE MARKETSのVo.のKYONOの2ndソロアルバムという扱いで良いのかな。暑い夏は大体THE MAD CAPSULE MARKETSの成分で乗り切れるのでオススメ。Amazon特典の大きいジャケットはあれはあれで良いとは思うけど、溜まってくると邪魔なので今回から特典無しにしました。

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

これもまた謎である。

深夜の模型作業は1/100 MGパワードジムの続き。やっぱりバランスを戻そう(変えよう)ということで二の腕のパーツを1.2mm延長することにした。
あと腹の赤いパーツ、ハッチ部分に手すりを付けてみた。都合3個、0.4mm真鍮線でそれらしく。ただコレ、上と下、どっち向きに開くのが正しいんだろうか?
Img_3585
もうバランスはこれ以上弄らない。あとは細部、スジボリを追加しつつ、ディテールを入れておしまいにしようと思う。

午前中、雨の中、カミさんと娘は音楽教室の発表会に出かけて行き、僕は車の半年後点検+リコールでディーラーへ。息子はその間、友人と遊びに出るという。
代車は軽自動車だった。アクセルが軽いのか、重いのか、エコなのか、難しい。多分、馬力が足らないんだろうなぁ。
点検パックもリコールも早々に終わったけど、代車を戻すのは18時にしてしまったので、のんびり過ごす。子供達もいつもと違う車に乗るのも楽しいだろうから、スイミングスクールの送迎も代車で。

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

どうしても欲しくなってしまうもの。

深夜の模型作業は1/100 MGパワードジムの続き。武器を弄る。ハイパーバズーカ(Mk2用)も手首の座りが悪いので磁石を埋めてみたけど、あまり面白く見えないので、ブルパップマシンガンを少々アレンジする。あとは追加するディテール、スジボリを考え中。週末、時間があれば捨てサフを吹くつもりでいる。

あっという間に週末だ。今日は弟の誕生日。気がつけば奴も47歳。
帰り道、銀行からお金を下ろした後、本屋に寄る。
Armour Modelling(アーマーモデリング) 2020年 11月号 ¥1478
今月の特集はシャーマン戦車。結局、AM誌は既にAmazonで安定的に購入出来る雑誌では無いというのがこの数ヶ月で分かったので、まっすぐ本屋で購入するのだ。ライターの塗装の味というか、技法というかマテリアルの選択で仕上がりの具合いの違いが面白い。フィギュアの塗装練習もしたいし、真面目に戦車も作りたい。そんな2020年の秋である。
Scale Aviation (スケールアヴィエーション)2020年 11 月号 ¥1478
今月はの特集はイスラエル航空宇宙軍。表紙のF15Iからして痺れる。この塗り分けに退色表現を乗せるにはどうすれば良いのか、+αの深み。基本的に飛行機モデラーの塗装技術はいろんな意味で参考になる。SA誌はまだまだAmazonで買える雑誌ではあるようだけど、ついでに本屋で買うのだ。
ひょっとするとSA誌を買うとグラビアの女の子に詳しくなるようになるかも知れぬ。飛行機模型は紳士の嗜みである。
今月は模型雑誌、ラーメン二郎とか、ジャンクガレッジとか、またはどでんみたいな実に満足感がそこにある。

 

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

コロナ下時代の運動会の公開練習。

深夜の模型作業は1/100 MGパワードジムの続き。煮詰まり中。バックパックのノズルの中身を入れる。ビルダーズパーツの中から選ぶ。あと股間、付け根が棒っぽいのは流石に格好悪いので、これも何とかしようと思う。
ビルダーズパーツ、一部はたまに再販しているけど、全く再販されてないアイテムもいくつかあるような気がする。これはもう二度と出ない物もあるのかな?

午前中、会社を半休して、運動会の公開練習の見学に行く。今年は運動会も平日に実施し、父兄は見ることが出来ないのだが、公開練習は見学出来るという不思議なシステムとなった。カメラ、ビデオ撮影は禁止で運動会当日の写真はカメラマンが撮影したものを売るという。種目数も少なく、各学年2種目、徒競走と何か。日差しは強いが、少し寒い中、いっぱいいる子供の群れの中から自分の子供がを見つけて、拍手する感じかな。なるべく感覚を開けろって事らしいけど、基本的に子も親も密だった。良い経験だったと思う。

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

恐怖の大王って何ですか?その質問自体がむしろ邪悪。

深夜の模型作業は1/100 MGパワードジムの続き。続きというか、しばし考え中。深夜の馬鹿力も聞かずに。要するにまた変な病に侵されているようだ。完成しないかもなぁ。

先月からか、「今、何年?2020年?...あっそう。」みたいな、自分がすっかりおじいさんになった事を思い知らされる事多数。おそらく事の発端は子供達と一緒に行ったムーミンバレーパークからだろう。子供達はそもそもムーミンを知らない。なぜならムーミンに触れる機会が無いままの小学生だからだ。僕の幼少の頃、夕方4時半くらいにアニメの再放送の時間があった。比較的ちょっと古い世代のアニメがその時間に再放送されていた。毎日。その中にあったりしたんじゃ無いかな。あとは児童文学として、触れる機会。これはちょっと積極的な能動的な読書への欲望が必要になる訳だけど。
話が逸れたので戻すと、週末にも「2000年ってもう20年も前の話なのか?」っていう事実を突きつけられて、愕然とする。2002年のサッカーワールドカップからも18年か、WTCに2機の飛行機が突っ込んでからも。その頃の僕は何をしていたか?ああ、また暗黒の思い出が...だとか。
僕の中でコロナ禍の危機的な状況を少し楽しんでいるというか。こういう時にその人の本性が見える気がしてならないし、その人間の汚さが見える瞬間がとても微笑ましい。人間の強さを感じる時もあるし、弱さを感じる時もある。おそらく「この状況をどうしたらいいんだろう?」ってその無力感を感じたのは、ノストラダムスの大予言の特集番組で、司会は愛川欽也だったと思う。小学校2年生くらいかな。
実験が終わるのを待つ間、そんな話をしている途中、「っで終に恐怖の大王は降って来なかったんだよ。もうかれこれ20年くらい。」っていう話をした時、
「えっ恐怖の大王って何すか?それ何すか?」って突っ込まれる。ああ、そうか、この新人、1999年は4歳だったらしい。恐怖の大王が降ってきたら、大変だったろうなぁ、4歳児。っで「何が降ってくるんですか?」
正直、もう説明するのが面倒。彼がジューダスプリーストのファンだったり、また知ってさえいればまた面白い話を盛れるところだけど、そんな奇跡が起きる訳もなく、もうね、おしまいです。

 

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

台風なのに。

深夜の模型作業は1/100 MGパワードジムの続き。ちょっと飽きて来た。
Img_0127
新しく入れたGeek toolのお天気表示、警報関連はこんな感じで吐き出される事を確認。なるほど。

今日はカミさんが在宅勤務らしいので、僕が子供達のスイミングスクールの送り迎えをする。台風が近づき、雨が降っているので車で出る。まだ見学ができないので、近所のショッピングモールへ。折角一人で出かけたのに、何か買うものがあったはずなのに忘れた。まぁ仕方がないのでブックオフへ。行ってみて、いつも充実していない模型雑誌のコーナーに行ったら、モデルグラフィックスの「ガンダムアーカイヴス」が何冊か置いてあった。これはっということで持っていない奴をピックアップ。しかし持っている奴がどれなのか、うる覚えという事態。
・ガンダムアーカイヴス『一年戦争のガンダム』編 ¥2810
購入。3900円くらいの本なので、ちょっと安いくらいかな。帯が無かったけど、まぁ良しとしよう。
ガンダムの腰の前後にある黄色い四角、「ヘリウムコア」ってこのブログで検索されることが非常に多いキーワードなんだけど、実はこの黄色いところの事ではなく、サイドの白いでっぱりところのことらしい。黄色い部分は「ヘリウムコントロールコア」っていうらしい。初めて知りました。すいません。そうするとガンダムVer.kaにはヘリウムコアが無いってこと?再び謎が生まれるのであった。
思っていた以上に車が混んでいて、なんとかギリギリお迎えの時間に間に合う。

夜、WOWOWで「天気の子」を見る。外は台風だし、これはこれで良いのかな。結末を知らないまま見たけど、これはまた奇想天外な話。面白かった。単純に雨男と晴れ女の恋愛話という訳ではなく。何よりも東京の風景が実に綺麗だし、なんだかとても懐かし思った。既視感としては新宿の歌舞伎町や池袋駅のちょっと北の辺りだとか、上京して来た頃の風景とはまた違った移り変わる東京の姿が思い出されて、ちょっとそんなところで涙が出そうになる。倅は相変わらず映画を見ると大泣きをする。そのツボがいまだに良くわからないけど、「そこじゃないんじゃない?」っていうところで泣き出す。まぁ何にしてもいろんなところに感銘を受ける、感受性の強いところは良いところだと思う。
何にしても明日は晴れると良いなぁ。

| | コメント (0)

2020年10月 9日 (金)

結局のところ、もう何か、そう刺激って言うのかな。

深夜の模型作業は1/100 MGパワードジムの続き。ちょっとやる事が無くなって来てしまった。
Img_0126
パテで消した延長部分のスネの合わせ目を消した。情報量をどう追加するか。スジボリを増やすか、ディテールを増やすか。細かい話、芋付けにならないようにジムの枠からはみでないようにする。1/100のMGサイズなのでスジボリはまず多重装甲っぽさを出すのを念頭に置くのかな。

昨日、受講した文献検索システムで試しにいろいろ検索してみた。面白いものがいろいろ引っかかって来た。見方を変えるとこういう風にも見えるのね。あとはやっぱり自分がどう見られているのか、ちょっと検索して見るとなるほどね。振り返れば、2000年代の初めの、もう15年くらい前、当時のことがいろいろ思い返された。結局のところ、いろんな意味で刺激的で危険な状況で、結局、やって良い事、やっちゃ駄目なことがごちゃ混ぜだったけど、あれよりも何より面白い現実社会ってもうこの世界には無いのかもしれない。そういう風に考えると今の仕事もライフサイエンスもガッチガチで、もうそんな面白い事も起きないのかなって改めて思ってしまった。もっと面白い時代を知っている先輩方もいるだろうし、今も面白いと思う後輩がいるとも思う。歳を取ってフェーズが変わったっていう意見もあるだろう。ただ僕の生きて来たその瞬間は少なくても今の僕よりも面白かったんじゃ無いかってね。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

全ては天気のせいだ。きっぱり。

深夜の模型作業は1/100 MGパワードジムの続き。一日、仕事中も考えた結果、スネのところで2mm程伸ばすことにした。フレームごとカットソーで切り取って、1mmプラ板を2枚挟む。瞬間接着剤で上下左右ズレないようにえいやっと止める。ザックリ削って、パテを塗って、今日のところは作業はお終い。これをやってしまうと脚のフレームが分解する事ができなくなるので膝裏の動力パイプの取り付け方を考えなくてはいけない。やってしまった以上はなんとかするのだ。
Img_3568
バランスチェック。良くなった気もするけど、細身が強調されてしまったような気もする。普通な気もする。
週末に捨てサフを吹こうかなって思う。

雨、風、台風接近でなんだか頭痛くなって来た。心なしか寒い。
基本的に会社に行きたくない病なので、もうね、後ろ向きなんですよ。歩き方さえも。

| | コメント (0)