1/100 MG ORX-013 ガンダム Mk-V

2023年12月25日 (月)

そうだよなぁ、そう思う。

朝、メールをチェックしたら、前職の同僚のナイスガイから「今年もメリークリスマス!」っていうメールが来ていた。嬉しいので、早速返信。

模型作業。
1/100 MGガンダムMk-V。白い色、どうしても汚く見えてしまうところがある。今日は大きめの修正。スミ入れの拭き取りが十分でなくて、汚くなっていた場所、胸上面部分とシールド上部を少しマスキングして、ニュートラルグレー1をうっすらと吹いて、その後にフラットクリアーを吹く。
写真を撮ると気が付く事が多いので、しばらく眺めつつ、気が付く度に修正を入れていくしかないかなと思う。
Img_3816_20231226222101
Img_3809_20231226222101
Img_3813_20231226222101

そんなこんなで夕方から新しいキットを開封。
Img_3798
Max Factory製、1/24 ダイビングビートル。冗談ではなく、真面目に。今、このタイミングじゃないとおそらく一生作らないであろうキットにトライする。
ソフトビニール製、近々、Max Factoryからプラキット化される予定なので、本当に今しか無い。限界まで改造してみようと思う。
このキット、2013年3月にヤフオクで落札した模様。うちに来てからも10年経つという事実。つまりは30年以上前のソフトビニール製のキットということだ。
落札当時、パーツチェックしたので、大丈だと思うけど、一応、チェックしつつ、パーツを切り出していく。レジンよりは柔らかいけど、意外と厚みのある整形品だった。カッターナイフとデザインナイフで切り出せなくは無いけど、刃は常に新しい方が良い。
一応、全部切り出して、軽く仮組みまでしたところで、おしまい。
思っていた以上に一体成型になっていて、大胆な肉抜き穴があったり、分厚いソフトビニールで出来ている部分は往々にして「す」が入っていて、気泡だらけだった。この気泡埋まるのか?早々にサフを吹いて、パーツを磨く方向で行くしか無いかな。年内、そうして実家に帰ってもひたすらパーツを磨くしか無いなと思った。全然、楽勝じゃないし、バンダイ製のATのフレーム使って関節可動とか考えていたけど、自重に負けてしまうのは目に見えていたので、この時点で可動案は止めてしまう事にした。

| | コメント (0)

2023年12月24日 (日)

メリー、クリスマスって声に出して言う。

模型作業。
1/100 MGガンダムMk-Vの続き。
深夜、追加塗装>フラットコートでほぼ終了。あとは寝ている間に乾燥。朝から組み立て。
朝から組み立て開始。取り敢えず各ユニットを形にする。どうしてビームサーベルに開いている縦穴を塞ぎたくなってしまったので、そこの隙間に入るパーツをプラ板工作して、取り付けてしまう。ビームサーベルを持たせる事は無いから。
一旦、収納用の箱にしまって、部屋の掃除。スプレーブースも掃除。フィルターも交換。大体プラモデル一個作る度に交換していたフィルターだけど、だらだらエアブラシする体制なので、サフ吹き終了の時点で一回交換を挟んで2枚/キットくらいのタイミングが良いかなと思う。今は百均のもの、粘着シート状の貼り付くタイプの換気扇用30cm×30cmを1/4で使っているのでコストもそんなに気にならないし。
Img_3733_20231224232501
そんな訳で組み立てる前に並べてみる儀式。
表面の埃をマスキングテープで除きながら、下半身から組んでみる。大腿部と前縦を繋ぐ動力パイプ長を調整する必要があるため。大腿部のパイプは充電ケーブルから中のリード線を引き抜いて、アルミ線に入れ替えたものを使う。この辺はガンダムアーカイヴス『ガンダム・センチネルU.C.0088』編の黒川さんのMk-Vとほぼ一緒で黒川さんはモビルスプリングを芯にしていたけど、ちょっと硬い気がするので僕はアルミ線にしました。
普通にガリっと言ってしまったり、ちょっと泣けてくるけど、大方許容範囲と微修正対応でいけるかなと思う。取り敢えず、作ったパーツ全部盛りで全体チェック。
Img_3751
Img_3758_20231224232501
Img_3791
Img_3782_20231224232501
Img_3773
Img_3762_20231224232501
Img_3789_20231224232501
コクピットハッチを開ける際に取手をピンセットで摘んだら、見事に塗装が剥げてしまった...上のフィルター部分?のスミ入れの拭き取り忘れもチェック。
組み立ててみても見つからないアラは写真を撮る事でよく分かる。付着した埃は勿論、塗装に巻き込まれた埃、スミ入れの拭き取りミス、拭き取り忘れ、塗装のはみ出し。立体にして初めて分かる部分も多い。スミ入れした方が良いところも見えるし、ここ裏側から丸見えみたいなのも確認できる。
今回のテーマの一つはニュートラルグレー1と白の違いで、ニュートラルグレー1は単体で見ると白に見えるけど、白よりはグレーという事は分かった。ただし、ニュートラルグレー1から白にグラデーションするとほぼ視認する事が出来ない。今回はテスト的にニュートラルグレー1>ニュートラルグレー2>白で無理矢理視認性を上げてみたけど、あんまり分かりにくくなってしまった。グラデーションを入れた場所は腰のアーマー、裾の横板、袖。確認しやすいのは裾の横板くらい。各部の青はシルバー8にキャンディ塗装、調色したクリアスカイブルーにしてみたけど、これは思っていた以上に光を拾う。
このサイズの大型MGくらいならまだ完成させる事は可能。何度か挫けそうにはなるけど、プレバン限定で定価8800円だと流石に投げ出す事は出来ない。むしろ途中で思ったのは8800円分、楽しめたかどうか、そっちの方が重要かな。8800円分、しゃぶりつくそうと思うと、パチっと素組みでお終いとは行けず、まずはお刺身で、次は焼きで、最後は煮物で...っと素材を嗜みたい気分になった。8800円かぁ、考えてみるとやっぱり高いなぁ...青いMk-Vも作りたいけど、いつになる事やら。シールド3個付ける事が出来るので、少なくても両手にシールドを装備したギャプランっぽい何かは作りたいと思うけど...シールドセットなんか出ないよなぁ...
作業通して、やっぱり時間がかかるのはデカールを選ぶ作業。各メーカー、スケール表示して発売してくれているのはありがたいけど、なんて書いてあるの?意味あっているの?とか考えちゃうと迷いは生じる。各コーションの意味が書いてある紙が入っているメーカーのものはやっぱり使いやすいと思った。
取り敢えず、これにて一旦完成にして、年末年始で微修正しようと思う。

人と話す事が少なくなっているので、明日は大声で「メリー、クリスマス!」って叫ぼうかな。空からプレゼントが降ってくるかもしれないし。

| | コメント (0)

2023年12月23日 (土)

寒い、寒いと連呼する。

模型作業。
1/100 MGガンダムMk-Vの続き。パーツをチェックしながら、組み立てを進める。まだまだフラットコート前のパーツがいくつかあって、なかなか進まない。フラットコート前の状態とはスミ入れ前の状態なので、兎に角、全パーツがスミ入れした状態にはなった。
Img_3728_20231224001301
主に腰回り、胴体、キット付属の武器類のパーツが遅延中。それでも串が付いたままのパーツはかなり減ってきた。
やり残していた事としては指の関節の塗り分け。メカサフヘヴィで塗ってあったので、あと2色のグレー系を微妙に選べずに苦戦する。今回は本体が白で赤いデカールを多めに貼っているので、指の差し色としての機能があまり効果的では無いので指自体はそのままで良いかなと思っている。赤に塗り分けても人差し指くらいかなと思う。この件は保留。
あと下腕と背中にあるシールド類の接続ラッチの蓋をプラ板工作で作る。なるべくキッチリ作りたいけど、キッチリ作りすぎると抜けなくなってしまうので、ほどほどで。背中と腕のラッチのデザインが接続上で実は上下逆になっているので蓋としては共用出来ない。左腕には基本的にシールドが付く予定なので、右用と背中用でそれぞれ1個づつ作っておしまい。

パズドラの鬼滅の刃コラボが復刻していて、なんかちょっと嬉しいんだけど、なんだか涙が出てきた。前回のコラボは3年前の事らしい。
今回は内容としては遊郭編〜刀鍛冶の里編くらいまでのストーリーキャラが出てくるのだけれど、この辺を漫画で読んでいた時、ちょうど鬼滅ブームで本屋に在庫が無かったり、何よりコロナ禍の真っ只中と言う事もあって、その辺の近いところも遠いところもどこもかしこも全て世界的な絶望感が思い出されてしまう。この辺、作品にはさっぱり関係無いけど、コロナ禍PTSDの一つなのかもしない。
あともうガチャで珠代さんは出てくれなくて良いですが、最終的に無惨を殺す猛毒を開発するので、超強力な装備に進化すると予想するとなかなか交換の玉にも出来ません。
今でも思い出されるのは流行りはじめの頃、ニュースでインタヴューされた中国籍の家族が「日本に旅行しに来れば、タダで医者に見てもらえる」と言う主旨でニコニコしながら話をしていて、本当になんなんだこのシステム?って疑問符しか出なかった。あとcocoaとかおかしなゴミアプリもあったけど、まぁそういう負のぶら下がりビジネスの大きな負の部分だけはよく理解出来た。

WAVEの1/24 スコープドッグが既に店頭に並んでいる模様。店頭で見たら買おうかと思ったけど、思わずAmazonでポチッとしてしまう。ああ、サンタさん、ありがとう、ありがとう。

夜、理事会によるマンションの見回りに参加。夜の散歩なので楽しいんだけど、寒くて死にそう。

| | コメント (0)

2023年12月22日 (金)

佳境なのかな。

模型作業。
1/100 MGガンダムMk-V。今週末で一旦完成にする。公式な公開は八月大戦かな。それくらいまで放置になってしまうと思う。
そんな予定な話はさておき。
まず発生した問題。動力パイプ問題。二の腕の外側と追加した大腿部内側の動力パイプの取り付けをしようと思ったところで、用意していた百均製の充電ケーブルが赤外径3.6mm、白外径3.6mmと2.9mm。3.6mmのものは太すぎて論外。二の腕の外側部分、キットに付属しているパーツは2.5mm。追加した動力パイプは2.9mmでピッタリ。即ち用意したもので使えるのは白の2.9mmのみ。どうしようかな。質感を同じにしたかったけど、こんなにサイズが違うのはちょっとなぁ...探しに行こうか。
引き続き、レタッチ、フラットコートの繰り返し。デカール作業は本日で終了。
Img_3718
パイロットのオーガスタ系ノーマルスーツのフィギュアは若干手直し。手荒れが酷いっす。
Img_3724
コクピットに納める。コクピット内の全周囲モニターは表現するのが面倒くさいのでシルバーで塗っておしまいにしました。
組み立てていると予期せぬ事が起きる。塗膜のクラックだったり、パーツのクリアランスの問題でパーツ自体が割れることもある。
Img_3727_20231223102001
肘内側。この部分はなぜ力が加わったかよく分からないまま1パーツのみヒビが入っていた。確認していたら小さいヒビなので軽めに修正、出来れば見なかった事にしたいくらい。流し込み接着剤>塗料>800番でヤスって>トップコートやり直した。写真は修正済み。
Img_3726_20231223102001
付属のビームライフルのサイト部分の白枠、ハメたらパッカリと割れてしまった。これはもう仕方がないので瞬間接着剤でくっつけてヤスってサフからやり直し。パーツの合いの問題なので内側にハマる透明パーツ(メタリックブルーで塗装済み)を少しづつヤスってクリアランスを取る。今回はどうしてもオーガスタカラー、白くしたかったのでパーツの内側部分の透けそうなところもなるべく白くしたので、全体的に塗膜が厚くなってしまっているのは、仕方がないのかなと思う。
事実としてはガンプラの多くはプラパーツの軟性と剛性のバランスで組み立てられている事が多いので、自分が思っている以上に力がかかった状態で組み上がっていると言う事。これはもう通念としてダボ切りで対策する事になっている。ダボ切りして、力を逃した上でも塗膜の厚さで不具合が出るのは当然の話ではある。あとは隠れた要素としてプラの湯流れにより生じるパーツの脆弱性があると思う。これはドロドロのプラが固まっていく中、型を流れていくスピード差が生じる事で微妙にランナーの枠内で硬化の温度差が生じていて、一見一体化したパーツの形のようだけど、実は先天的にクラックが入っているようなパーツが出来てしまう事もある。この現象は筒状のパーツ類に多い気がしていて、頻繁に同じような位置が割れる。
塗装の溶剤によるダメージもきっかけになる事が多いけど、これは設計上の予期せぬ不具合であることも多いのかなと思う。剛性を逃すためにダボを切っても複合的な理由で割れるのは避けられないけど、予想がつくなら事前に覚悟はしておきたい。次に作るときはこういうところが割れる可能性があるので気を付けようと思う。あとはやっぱり青いMSは青いMSとして作る方がいろんな意味でストレスが少ないと思う。
塗膜のクラックについてはトップコートが乾燥する前に追いトップコートを吹いてしまうせっかちさ故に起きる。これに関しては乾燥後に軽くヤスリをかけて塗装し直して、トップコートをやり直してしまえば大体OK。デカール部分もクリア層、勿論その後のクラックの入ったトップコート層が出来上がっているので何も考えずにマスキングする。
Img_3722
組み立てて初めて気がついたのは膝下の台形のパーツ。ニュートラルグレー3で塗ろうと思っていたままで、メカサフのまま、トップコートして、流れ作業のまま組み立ててしまった。この部分、バラすのは二次災害を生む予感しかしないので筆塗りしてトップコートしてお終いにする予定。

前述のパイプに関しては百均2軒梯子して、確認したけど2.9mmよりも細いケーブルは無いらしい。
日本化線の自遊自在、頑固自在も考えたけど、サイズのラインナップでは該当サイズが無かった。自遊自在、以前はいろんなホビーショップで売っているのをみたけど、今はあまり見ないなぁ。いろんな色があって、可能性を感じていたんだけど。ちなみに、
自遊自在は、0.9、2.0、3.2、6.0、10.0
頑固自在は、1.0、1.6、2.0、2.6、3.2、4.0
仕方ないので色は白を採用すると言う事で二の腕部分は塗装することにしました。

朝、走りに行くついでに郵便ポストまで特定口座内保管上場株式等移管依頼書を証券会社に郵送する。この移管手続きが終わらないとどうにもならないか?って言われると移管できなかった場合は、公開買い付けに同意できなかった体で、普通に元の証券会社の口座で売却してしまえば結果としてはほぼ同じくらいで回収する事は出来るはず。

| | コメント (0)

2023年12月21日 (木)

師走であるな。

模型作業。
1/100 MGガンダム Mk-Vの続き。引き続き、フラットコートからの組み立て。追加塗装等。
本体に関してはほぼ全パーツ処理が終わったかなっと言ったところ。
脚に関して言うと、1箇所、両足で2箇所脹脛の中のブースター裏に焼き表現を入れてみた。これがまた埃との戦いで1箇所乗ってしまった埃が除去できずに、キャンディ下地のシルバーまで侵してしまったのでやり直しと言う事態が発生。泣きながら下地からやり直すと言う修正。
Img_3715
オーガスタ系ノーマルスーツ青はこんな感じに。フラットコートして、スミ入れしたところ。
Img_3716
組み上がったパーツはこの辺。正に牛歩。

証券会社から株式の移行関連書類がようやく届いた。今週中に書類を送り返しても、結果として処理が終わるのは新年になってしまいそう。何とかなるのかしら。

| | コメント (0)

2023年12月20日 (水)

年末、屍モード。

模型作業。
1/100 MG ガンダムMk-Vの続き。デカール貼りはほぼ終了。
デカール乾燥2日後にクリアコート>スミ入れ>チェック>埃等の巻き込みがあれば除去>レタッチ>フラットコートと言った流れ。
場合によっては「ここ塗り分けようか。」って思い付きで追加塗装もある。デカール保護のためにもクリアーコートしておかないと思い付き塗り分け、思い付きマスキングが出来ない。もう人生と同じで行き当たりばったりです。フラットコート用のフラットクリアはガイアのEX04+クレオスGX114のミックス。
仕上がったパーツから組み立て始める。
Img_3714
腰のアーマー部分、形に加えてオーガスタカラーがTENGAっぽいが気のせいだ。想像力逞しくてよろしい事です。
コクピットも完成したら見える事がないのだけれど、パイロットを塗装する。
オーガスタ研のノーマルスーツ仕様があるらしいので、それに準拠。有名なのは0080のアレックス搭乗時のクリスが着ていた赤いタイプ。あとはセカンドロットの4号機、5号機のノーマルスーツがそれぞれ青と赤だったので、取り敢えずは青に塗ってみる事にした。オーガスタ研のテストパイロットと言う設定。キットの付属のフィギュアは普通のノーマルスーツパイロット(おそらくブレイブコッド)なので、それっぽく塗り分けただけ。

子供達は冬休みモードなのかな、ただただひたすらダラけているその姿を見ていると、自分はこうじゃなかった気がするけどなぁってつくづく思う。

夕方、水道料金を払いに行くついでに、実家用の年賀状の年賀はがきを100枚買う。

| | コメント (0)

2023年12月19日 (火)

フラフラと右往左往。

模型作業。
相変わらずの1/100 MGガンダムMk-Vの続き。Mr.ウェザリングカラー用の薄め液があと数mLしか無いので、ここに来て作業がスタック。仕方がないのでパーツチェックしつつ、塗り分け部分の追加をしたり、デカールを追加で貼ってみたり。
なんか白いパーツに赤いコーションレターを貼るとなんだかユニコーンガンダムを作っている錯覚に陥る。

朝から作文作業をちょっとして、一応、仕上げてしまって、プリントアウトした後、お出かけ。ほぼ一日、フラフラする事になる日の始まりだ。あちこちフラフラするので本日は自転車で出発。
まずはハローワークに失業手当の申請書類を提出しに行く。割り当て時間では無かったけど、本日はその時間に別件があるので無事完了。
別件は15時からなので、この間に少々買い物。
ビックカメラではMr.ウェザリングカラー用の薄め液在庫無し。仕方ないので新都心のヨドバシカメラまで行ってみたら、無事確保出来た。
250mLのプラボトル入りは在庫無し、110mLの瓶入りのみ。
・Mr.ウェザリングカラー用の薄め液 ¥585
・真鍮パイプ 内径1.5mm、外径2.1mm、200mm×2本 ¥770
実は画材屋さんに行きたくて、百貨店の世界堂のあったところに行ってみたら、なんかワンフロアがリフォーム屋さんになっていて、ちょっと悲しい気持ちになる。欲しかったものはリキテックスリキッド、アクリルインキングをテストしてみたかったので。まぁこれは急ぎでは無いので次の機会にでも。
昼飯を食べた後、まだ時間があったのでブックオフをチェック。特に欲しいプラモデルも無いので別にどうでも良い話なんだけど、在庫が動かない中古市場って価格設定的にいかがなものなんだろうかと余計なお世話。
CDコーナーにて、
Img_3710_20231219211401
・GOING TO DESTRUCTION(破壊盤)/BiSH ¥712
サインはハシヤスメアツコだったけど、かなり綺麗な気がした。この破壊盤、店頭で税込792円で売られているんだけど、ケースに傷があるので712円。意図的に作製された数量生産限定盤にも関わらず、お店の販売ルールに則るとこういう事になるのが面白いと思った。内容は相変わらずの最高なアルバムなので見かけたら全部買う気マンマン。
ディスクユニオンにも寄ってみたけど、迷った挙句に結局、買わない。このディスクユニオン、どうも在庫の状況がおかしく、この数ヶ月あまり大きく動いていないというか、むしろ減っている気がする。BiSHのコーナー無くなったし。CDの時代が終焉を迎えている気がしなくも無いけど、かといってレコードの復権なんかある訳も無く、即ち店舗型の販売が終焉を迎えつつあるのかなと思う。あと問題は年齢のせいか、このアルバム持ってたっけ?思い出せないという事態。まぁ気になったら買ってしまって、後から後悔すれば良いだけなんだけど、現在、無職なので。
リクルート就職支援、本日の宿題を提出しつつ、次回、職務経歴書と履歴書を作成して持っていく事にする。あと面接の質疑応答の想定問答を作る。想定された問答に答えるのは実は苦手で余計な事を話すのは相変わらず得意。
結局、本気か?って言われると困るんだけど、常識として知っておいて、書類も作っておこうかなと思って、この勉強をやっている。兎に角、知らない事が山程あるし、時代はいつの間にか流れに流れてしまって、常識すら分からないおじさんなのです。

結局、自転車だったのでフラフラと目に付くコンビニには全部入って確認してみたけど、想定していた通り、ガンダムアーティファクトは1個も売ってなかった。

今日のAmazon便。 ・The JOJOLands 2 ¥528 ・葬送のフリーレン 12 特別短編小説付き特装版 ¥1590 葬送のフリーレン、女神の石碑からの展開なので、ああ、こういう風に話が展開するとやっぱり読者も読みたい話に繋がるだろうし、、まるでおとぎ話に出てくる魔法のようだなと、なんだか週刊サンデー恐るべしである。

| | コメント (0)

2023年12月18日 (月)

これは如何とも。

朝からダイソンの掃除機のヘッドの回転スイッチの修理。どうも当たりがシビアで少し使っているとズレてしまう模様。それを見越して位置を決めてみたけど、またズレそう。埃がひどくて、朝から死にそう。
その後、ちょっとスッキリさせるために走りに出る。本日は測距がてら鉄道博物館まで。往復で4kmくらい。やはり3kmちょうどで股関節に違和感、その後、膝に激痛。これは股関節というか大腿筋が悪いとみた。さてとどうやって嵌めるかな。

今日のAmazon便。
・バンダイ(BANDAI) ガンダムアーティファクト第4弾 (10個入) 食玩・チューインガム ¥5790
Img_3709_20231218235401
早速、開封。構成は写真の通りでガンダムMkII3個、トールギス1個、パラスアテネ2個、ウィングガンダム2個、ザク06Rが1個づつ。ザクが足りない。探しに行かなくては。

模型作業。
1/100 MGガンダムMk-Vの続き。塗り直し、レタッチ、デカール保護のクリアーコート。クリアーコートは4/5くらいまで終わったかな。基本的には埃との戦いである。
スミ入れに使っているMr.ウェザリングカラー用の薄め液が残り少なくなってしまったのでピンチに。

昼飯を買いがてら、上記の2点を満たすためにイエサブまで。
ガンダムアーティファクトは4箱くらい積んであって、うち3箱が開いていたけど、その中にはザクは2個しかなくて、明らかにザクを抜かれた後の模様。その2個のザクは僕が回収。無事三連星にする事が出来た。¥550×2
デンドロビウムが店頭ラスト1個と書かれていたけど、取り敢えず今回のところはパスかな。他にやらなくちゃいけない事が多過ぎるので。今回生産された分がどこかしらで僕のところに回ってくる可能性もあるだろうし。Mr.ウェザリングカラーの薄め液の在庫が見当たらず。
仕方がないのでAmazonで注文しようかと思ったけど、なぜかこちらも在庫切れの模様。明日、大宮に出る予定があるので、探しに行こうと思う。

マンションの理事会関連、僕は薪を焚べるだけ、焚べて、なんだかとてもガッカリしたんだけど、ようやく状況が見えてきた人もいるらしく、そっちがボーボー燃え始めていた。燃えているけど、基本的には泥沼。
勘違いしてはいけない点を以下メモしておく。
・彼らはクレーム対策は万全の話。
顧客だろうとなんだろうと、つまりどういう事かというとあまりにクレームが日々多いので、基本的には無視。聞いていたら仕事にならないというスタイル仕事をしている、所謂プロである。これは上から下までそのような体制であるのでほぼ不動。おそらく弁護士も意味が無いので、次元を変えた裁判起こすしか無いのかな。足をすくっても彼らからしてみれば「無くなったら困るのそっちでしょ?」っていうところで、総じて、そういうオチかなと。
・スケルトンの話。
これは工事の発注書(見積もり含む)と完了の報告書(確認書)を再度確認すれば責任の所在がはっきりするのでは無いかと思う。
まず見積もりを取ったのは誰か?作業内容が確認出来ているはずなので、その発注者が依頼者側の責任者。工事の完了の報告書に業者は通常サインを求めるはずなので、そちらにサインされている人が即ち確認者で立ち会いした人という事。その書類を受け取った人が誰かは業者に聞けば良い話。業者はコピーを保管しているはずだし。ただこれも請け負った業者がまともか否かで変わってくるし、何より不利な情報は全部隠蔽しちゃうんじゃないかな、そういう会社って事でしょ?クソはクソ同士、同じような臭いがするから仲良しなんです。
・ネジの件
これはゼネコンが下手な対応だっただけの話。実は規格外ネジだとか異種ネジみたいなものは無いのに、現場に任せてしまったばっかりにおかしな対応に対応を重ねた上に月日が経ってしまって、うやむやにし続けてしまっているように思える。実態としてはゼネコンがクソだったという話。正直、この会社は良い話を聞かないので、またかと思ったけど、やっぱり駄目な会社は駄目なんだなって思った。この会社、この間の話に来た時も案の定だったので、やっぱり上から下まで馬鹿ばっかなんだと思った。出来れば近くに寄りたくないなぁ、馬鹿が感染るから。
この辺は興味を持った人が掘り進んで行ってくれればいいので、僕は別のところを新しく掘ろうかなと思う。
どこも同じかもしれないけど、時代の流れに取り残された仕事の仕方が分かって無い会社が多いなぁって改めて思う。

| | コメント (0)

2023年12月17日 (日)

ああ、なんかそういう事かと、でも腑に落ちない。

週末なので映画を見る。レジェンダリーゴジラシリーズから「ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ」をPrime videoで鑑賞。正直、あまり印象がないので、なんとも言えないけど、レジェンダリーシリーズはここから見てないはず。
鼻につくのは「環境が...」とか言う世界的にはさっぱり響かないけど、日本人には響く説教臭さ、これはワールドワイドな落とし所なのかな、そんな考えていますよ的な擬態、どうもこの辺がこねくり回され過ぎて、工夫が足りない。ここは映画通してずっと頭の中で引っかかるところ。あとはやっぱりモスラは繭が水の中っていうのはいかがなものかと思うよ。生態系どうこうなぞるなら蛾は水中で繭にはならないし、羽化して滝からバサって出てくるのは誰が見てもおかしいだろう?東京タワーじゃなくても良いから高層ビルをひん曲げて蛹にならないと根本的にいろいろ駄目。何よりもこう言うところだぞ、レジェンダリーの世界的にダメなところは。
生物学的な考証を考えると怪獣の大きさも存在も何もかも全てが地球の生態系からかけ離れているので、もう人間は勿論全ての生物なんかお構いなしに地球全域使って、鬼ごっこのような覇権争いする事には間違いなくて、この状況で描ける人間ドラマなんか無理に決まっている。即ち怪獣ガチンコ対決を見守る人間の図式は非常に合致しているので、ここはほぼ完璧で見せ場として素晴らしいところ。キングギドラはやっぱり外来種なんだろうから、対決の作業仮設的には非常に良い素材。
エマ・ラッセルっておそらくこの物語上で、諸悪の根源になるんだろうけど、この人、本当に何したかったのかよく分からなかった。科学者としてもどうかと思うし、頭がおかしいならもっと頭がおかしくすれば良かったのに、分かりにくい。この役は非常に難しいとは思うけど、もうちょっとシナリオでもなんとかなったんじゃないかと思う。
吹き替え版で見たので、気になるところはカイルチャンドラーの吹き替えの田中圭がどうしても合わない気がする。それに引き換え、やっぱり大女優は芦田愛菜。なんでも出来るな、芦田愛菜。怪獣映画にはやっぱり芦田愛菜だ。芦田愛菜、最高。

模型作業。
1/100 MGガンダムmk-Vの続き。続きでデカール貼り、パーツのチェック、再塗装、クリアー塗布、そこからの再塗装。要するにパーツ毎の出来のチェック。要するに無限地獄の続き。気が済むまでやろう。結局、午前3時まで作業していた。

午前中、マンションの長期修繕、2工期目の説明会。うちの棟は2/19〜7月までが実施期間となる。模型部屋の換気扇が回せるかどうか、つまり塗装作業が可能かどうかで2024年の行動パターンを変える必要がある。

昼間、家族で買い物。僕はフラフラと見物していただけ。

| | コメント (0)

2023年12月16日 (土)

修行のような気分。

模型作業。
1/100 MGガンダムmk-Vの続き。
マスキングして塗装してパーツのマステを剥がして、チェック&レタッチ。大失敗は特に無く、誤魔化せるだけ誤魔化すスタイル。
デカールを貼ったパーツのチェックをしつつ、埃をはらった後、スーパークリアー3を吹く。デカールの保護+塗膜の保護。今回の場合は主にデカールの保護。デカールを塗装の一部と考えるとこのタイミングで塗膜と同化させるイメージ。シルバリング対策?デカールから生じる段差を無くすための研ぎ出し用?といろいろな物言いはあるけど、塗膜の中に埋めてしまう作業。スーパークリアー3は薄めに希釈1:3〜1:4くらい。この後、気になればクリアー再度吹いて、研ぎ出し作業しても良いし。脳死状態でクリアー塗布です。ただ主に時間の制約がある場合、スミ入れ>デカール>トップコートという手順に入れ替えます。完成したら実は一緒かもしれないし。
乾燥したパーツからスミ入れ。白系パーツのスミ入れはMr.ウェザリングカラーのマルチグレー。基本的にはスミ入れはMr.ウェザリングカラーほぼ一択。
白地なので、選択肢としてはグレー、レッド、オレンジ、ブルーになると思うけど、赤いデカールを貼ったので、今回はなるべく喧嘩しないグレーにします。
このタイミングで更にフィルタリングしたりチッピング入れたりする場合もあるので、僕が作るプラモデルの場合はこの作業までは基本的に同じ。この後、乾燥を待って、塗膜を保護するためのクリアを吹く。場合によってはここからさらにフィルタリング>塗膜保護>を繰り返すスタイル。デカール貼ってもなかなか終わらないし、ウェザリングって?っていう話を聞かれるとどこのタイミングでどうしているのか実は説明出来ないという話。
全体の1/3程度のパーツにクリアーコートしたところで作業終了。マスターグレードのパーツ数、兎に角多いし、ハマると無限地獄です。
一部、全くデカールを貼っていないパーツがあったり、シールド部分に色の入れ違えがあったりで再塗装したり、まだまだ終わらないけど、来週中には終わらせる宣言。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/100 GGI パトラクシェ・ミラージュ 1/100 MG MBF-P02KAI ガンダムアストレイレッドフレーム改 1/100 MG MS-06F2 ザクII F2型 1/100 MG MS-07B グフ (ver.1.0) 1/100 MG MS-07B3 グフカスタム 1/100 MG MS-09ドム 1/100 MG MS-18E ケンプファー 1/100 MG MSA-0011 Sガンダム 1/100 MG MSM-04 アッガイ 1/100 MG MSM-07 ズゴック U.C.0096 1/100 MG MSN-04 サザビー 1/100 MG ORX-013 ガンダム Mk-V 1/100 MG RGM-79 パワード・ジム 1/100 MG RGM-79GS ジム・コマンド 1/100 MG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版) 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.2.0 メカニカルクリアVer. 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0 1/100 MG RX-78GP03S ステイメン 1/100 MG ジムライトアーマーC 1/100 RE/100 MS-06FZ ザクII 改 1/100 YMS-09D ドム トロピカルテストタイプ 1/144 FF-X7-Bst コアブースター 1/20 スコープドッグ 1/20 スコープドッグターボカスタム 1/24 スコープドッグ 1/24 スナッピングタートル 1/24 ダイビングビートル 1/35 OBSOLETE EXOFRAME 1/48 F/A-18E スーパーホーネット 1/48 MSM-04 アッガイver.サンダーボルト 1/60 FF-X7-Bst コアブースター 1/60 MS-14 量産型ゲルググ 1/60 PG RX-178 ガンダムMk-II 1/60 PG RX-78-2 ガンダム 1/60 ストライクドッグ 1/72 SVF-41 BLACK ACES 1/72 VF-1J バルキリー(TV版) 1/72 X-29 1/72 ザブングル 1/72 震電 Blu-ray Disc DVD iPad iPod Tシャツ はじまり ひみつ道具 アクセス解析 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ガチャガチャ ガンダムアーティファクト ゲーム コンピュータ ザリガニ(ざりがに) スターウォーズ スノーボード スポーツ テスト デジタルカメラ ニュース パソコン・インターネット ボトルキャップ レゴ 仮組み 写真撮影 実家 携帯・デジカメ 携帯電話 文化・芸術 旅行・地域 昔の日記 映画・テレビ 普通の日記 書籍・雑誌 模型 漫画 無駄使い? 甲殻類 経済・政治・国際 観察日記 調色配色メモ 趣味 音楽 食玩