映画・テレビ

2023年1月22日 (日)

のんびりシス。

深夜の模型作業は1/72 X-29の続き。デカールの乾燥状態を確認しつつ、デカール部分のレタッチをする。あとはノズル部分の塗り分けがまだだったので、白部分を吹く。この部分、てっきり焼鉄色で良いかと思っていたが、翼と一部繋がっているデザインなのでノズルの根本は白ということになる。ただ白に塗っても面白くないかなと思って、一部マスキングして金属色にしてみた。意味は特にないです。
キャノピー部分の白がクールホワイトのままなのは微妙なのでこの部分も後日やらないとまずいなぁ。
取り敢えず、デカールの乾燥待ち。乾燥後にクリアーコートして、クリアーホワイトで退色表現入れて、そのあとウェザリングカラーで少々フィルタリングしてトップコートしておしまいという流れ。トップコートをグロスにするか、まだ考え中。
Img_1958
Img_1959

起きたら昼だった。
昨日作ったシルバーデカール(スターブライトジェラルミンデカール)をインテークの内側に貼り込む。
Img_1961
Img_1962
貼っていて気がついたのはこのインテーク部分のデカール、高さが左右で違ってしまっている。右がこの部分だけ1mm低い...むう。
Img_1960
そんなこんなで細部の塗り分けをしつつ、乾燥を待つ、そんな日曜日。3日くらい、観察しつつ、置いておこうかな。

iMacの写真アプリのクラッシュが頻発。どうも書き出しか読み込み途中で止まる模様。問題は文章なんかは普通に打てるものだから、書き続けているといつの間にかアプリがクラッシュしていて、どこもクリック出来ない状態になっている。アプリの強制終了は写真アプリを選択できず、唯一出来るのは強制終了のみ。今日も一回クラッシュして、もうふて寝...しようと思ったところで、日5の閃光のハサウェイタイムでテレビ版を鑑賞してクールダウン。植物園のシーン、爆撃シーン、絵が綺麗だな、やっぱり。

| | コメント (0)

2023年1月 2日 (月)

記憶にございません。

深夜の模型作業は1/60 ゲルググの続き。サフ吹き。あまりのパーツの多さにゲロを吐きそうになる。終わるのか、これは。結局、サフ吹いて、傷消して、サフ吹いてを順番に繰り返す。ようやく終わりが見えてきた午前3時。

初夢なんか覚えているわけがないだろう。現実ですら、記憶が曖昧なのに。

昨日思った事で、今日確認できた事は昼間の正月番組というのは基本的に皆無で、ほぼ全ての局がその前の年のドラマを一挙放送している事。これってどういう事?あとは今まで見たことない会社のCMをやたらに見るのだけれども、これも一体全体どういう風の吹き回しなんだろうか。ドラマだったら、スポンサーになりますよ的な力加減っていう事?日本、謎正月、2023。

昼間の間に再度パーツチェック、傷消し。
あとは使う予定の塗料のチェック。調色、塗料の濃度調整。
Img_1831
調色したのはザクカラー2色、黄色くらいあとは瓶だしで対応。
ザクカラー、左から2010セット(F2)、2021セット(FZ)、そして2023(ゲルググ)比べてみるとMGサイズのザクに塗るのに正解だったのは2010セット。沈澱している粒子を見てみると結構な量のクリアイエローを入れている模様。濃い緑もその影響がよく出ている。2021はFZ用に塗るために調色しているけど、濃い緑がFZのバランスの反動でちょっと鮮やかになり過ぎている。これも蛍光色に引っ張られている感じがする。
ゲルググ用の薄い緑はかなり青色に引っ張っているし、緑は元のFS34227に近い気がするけど、スタートはこれくらいで行こうと思う。
ついでに古い塗料も少し整理。無くなったものからだいぶ整理しつつあるけど、無くならないもの=使わない色=廃棄物という図式も成り立つ。
いつか使うかも。って思っても使う事、滅多にないのだ。ボツはボツということである。

夕方、カミさんと娘の買い物についていく。近所の百均はお正月休みという事で、ショッピングモールまで行きたかったところだったし。
本屋でジョジョの奇妙な冒険を大人買いしようかと思ったけど、見当たらず。ジョジョリオン以降読めば良いはず何だけど、まずは調べてからにしようかな。

| | コメント (0)

2022年11月 6日 (日)

朝から上野で、花の詩女 ゴティックメード。

深夜の模型作業は1/60 ゲルググの続き。スジボリ。左足。まずは片足、気楽。曲面へのスジボリ、そもそも左右対称に正確に彫ることは不可能に近い。努力はする。
途中でこのタイミングでどうにかしたい、ゴティックメード。見に行けるのなら見ておきたい。
TOHOシネマズ、どこにあるのかチェック。埼玉にあるのは富士見野。これが交通の便が微妙に悪くて、選択肢は車で30分くらい。しかも昼過ぎか、夕方くらい。そうなると都内。池袋、新宿と見て、上野。朝9時25分から上映回がある。これは好都合なので、上野に行くことにした。
さてiPhoneで予約して、支払いをApple payにしたところ、確認のメールが来ない。???メールの設定をした覚えがない。よくよく設定を見たら、電話番号も住所も古いままで、肝心なメールはなぜか会社のメールが設定されていた。これはどうだ?予約番号と電話番号(昔の家の)さえあれば何とかなるみたいだけど。

朝から倅が塾に行くのと同時に僕も家を出て上野まで。上野のTOHOシネマズ、実は御徒町というのを上野着いてから知る事態。
朝のアメ横を抜けて、御徒町まで歩いて、何とか9時10分くらいに発券完了。

さてと初ゴティックメード。公開から10年経過して、現環境のFSSがこの世界観に移行してからも約10年が経つ。これを全くの先入観無しに見たらどうだったんだろう?っとちょっとゾッとした。最後に登場するFSSの知ったキャラ達。これってどういうこと?どうなっちゃうの?みたいな不安しかなかったと思う。ただ今見ると普通に楽しめるのかな。システムカリギュラとか破裂の人形はやっぱりカッコいいし、カイゼリンの起動音、恐ろしいし、文句なくカッコいい。永野キャラ、永野メカが動く映画、話自体は非常に簡単なので、余計にそういうところがちゃんと楽しめる。絵的に良いのは風に靡く髪の毛の表現が実に細やかだった。

秋葉原方面に寄って、帰ろうかとも思ったけど、思っただけ。
中田商店で少々物色。もうおじさんには中田商店以外のアパレル関連のお店は要らないのかもしれない。中田商店には夢が詰まっている。
あとはヤマシロヤに寄って、昼飯に六厘舎に寄って、そのまま帰宅。
いろいろ買いたいものもあったけど、すっかり忘れて帰宅してしまった。

帰って来てから、少々昼寝した後、ゴティックメードの余韻に浸る。
取り敢えず角川オンラインでパンフレットを購入。
・「花の詩女 ゴティックメード」 劇場パンフレット BOTH 451 ¥1650+550
BOTH 451なのね、なるほど。
あとボークスのサイトで買い物。流石にカイゼリンを思い付いてぽんと買えるお大尽でもないので、今絶賛予約受付中の、
・IMS 1/100 エンゲージ SR1 ¥¥10131
99円分ポイントがあったので使ってしまう。
あと折角なので手元にある花の詩女 ゴティックメード ワールドガイドも眺めてみた。ああ、なるほどね、このタイミングでは「謎の」とかになっていたのか。バレバレだけど。システムカリギュラ関連、やっぱりカッコいいなぁ。

| | コメント (0)

2022年10月24日 (月)

アンデッドシリーズ。

深夜の模型作業は1/60ゲルググの脚関節調節のみ。股関節と足首をひっくるめて調節しているので少しずれるとかなり印象が変わる。固定してしまえば良いと思うけど、これもまた大きさ的にも、自重的にも少し動くゆとりは持たせておきたい。難しいなぁ、大型キット。
そんなこんなでちょいと疲れたのでAmazon primeで映画を見る。
ちょっと前に勝手にロボットもの?的なイメージがあって、実際どうなんだろう?って思っていた「囚われた国家」を見た。
正直、期待していなかったけど、これがかなり面白かったオススメ。ジャンルとしてはサスペンスものになるのかな。最後の方で、「そういうこと?そうなんじゃない?ああ、そうであって良かった。」という内容で終わるので、悶々とするものが無くて、僕は非常にスッキリした。ジョングッドマンのおじさん役が最高。圧倒的な力でエイリアンに支配された地球の数年後が舞台で、それでもなお戦うレジスタンスのお話。どんな話でもそうだけど、先制攻撃で勝てない場合、負け確定。全滅確定。宇宙人だろうが、ロシアだろうが、中国だろうが、攻めて来たら、躊躇無く応戦しに行かないとダメなんですよ。話し合いなんか共通言語を持たない時点で意味がないです。どっかのバカが酒でも呑んで話せばとか寝言をほざいていた時代もあったけど、結局、相手は最初からやる気満々ですよ。そもそも酒を呑む行為自体が大間違い、正常な判断ができない状態に自ら落とし込んでいる時点で交渉すら出来ぬままの負け確定なんで、そんな奴に任せる訳がないです。あとロボット(砲台?)は出てくるけど、実に寂しい敗北の風景なだけなんだけど、それがなんか良い風景なんだよなぁ。

昨日、何年か分の10/23の日記の話を書いてみたけど、2002年の10月に関しては、ココログ化していなかったので、良い機会だからしておいた。
読み返してみると「あれ、これってこの時期?」って思う事があって、さらに前後読み進めて、2002年12月まで読んでみた。要するにそこには呪いが書かれていた。今読み返してみると、恐ろしい気分になった。エイリアンに支配されるのは恐怖すら感じずに負け確定になると思うけど、vs 人間は勝っても負けても正直しんどい。少しの共通言語を持つ事で疑問符は生まれるけど、相容れない何かがそこにあれば憎悪しか生まれないし、それがずっと遺恨として残る。10月から始まり約2ヶ月くらいかな、終焉は12月の終わりくらいだった模様。日記を読む限り、かなり荒れている状況なので、貰い事故的にいろんな人に迷惑をかけていたのかもしれない。忘れた頃にまたアップしようかと思うけど、今はしないし、何よりそのまま「これって何のことだっけ?」って本当に忘れてしまいたい。

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

悶々としている訳ですよ。

Amazon primeで何か見ようかなと思い、仮面ライダーでも...って思ったら、まだ予告編のみ。
仕方ないのでブルースウィリスのコズミック・シンを見る。いろいろなところがよく分からない映画だったなぁ。
寄生されたブルースウィリスのカミさんの身体中にトカゲがムズムズ動き回ると言う表現のところとか、白い服着た人のところとか、ステゴロだと無茶苦茶弱い異星人とか。
唯一共感出来るロジックとしては異星人とファーストコンタクトがあった場合、基本的には先鋭攻撃で種の存続を優先させる事かな。おそらく迷っている間にこっちが消し炭すら残らない事態が起こると思う。兎に角、決断が遅いのは命取りなのだ。

結局、相変わらずの体調不良。どうにもならないのかな。
いろいろと面倒臭い話ばかりなんだけど、考えてみれば、全部が責任転嫁の産物で、何のことはないみんな責任取りたくないんだよね。
僕も責任取りたくないので、基本的には取るべき人に取ってもらおうと思う。
本当にロクでもない事ばかり。決めるときはちゃんと決めてほしい。それだけなんだよなぁ...異星人が相手だったら、もう既に全滅だよ。

そんな月曜日。やる気ある奴いるか?って聞きたい。

| | コメント (0)

2022年10月 1日 (土)

貴重な週末、結婚記念日である。

おすすめで出てきたので、「009 RE:CYBORG」を流し見。
最終的にコレ、どうなった?的な終わり方でこちらがいろんな意図を汲まなくてはいけない映画で実にそこがサイボーグ009らしいといえばらしいのかな。大体、GOD'S WAR然り、009が神と戦うとろくな事が起きないという話ではあるのだけれども。その辺が逆に上手く処理できているのが神山監督なのかもしれない。
深夜の模型作業は1/60 ゲルググの続き。まずは下腕の三連ミサイルランチャーの接続について。ここをネオジム磁石接続にする。接続に使うネオジム磁石はセリア製の少々大きめのもので保持力がある奴を使う。次いで肘と手首の接続を3mmポリキャップ化する。関節は基本的に元キットと同じくらいでほぼ動かないけど、接続ピンの保持力を上げるため。
Img_1657
こんな感じで少しづつ、マスキングテープの仮止めが減って来ている。ようやく普通のガンプラになった気がする。

夕方、お金を下ろすついでに本屋に寄る。
機動戦士ガンダム サンダーボルト 太田垣康男 ARTWORKS: サンダーボルト画集 (原画集・イラストブック) ¥4800
この手の本は結局デジタルではどうにもならないものがあって、できる限り手に取って見た方が良いというのがおじさんの意見です。
デジタルだと伝わるものも伝わらない。そういう事だと思う。
Img_1646
このシーンも色付きで見る事が出来ると新しい発見もあるのだ。

あとは百均でアレコレ買い物してみたり、貴重な休日を満喫、結婚記念日なので外食してケーキを貪る。

| | コメント (0)

2022年9月30日 (金)

寂しいものです。

深夜の模型作業は1/60ゲルググの続き。バックパックの残りのパーツを作り切った。
次いで両腕に付ける予定の三連ミサイルランチャーの作製。大体の大きさであとそれっぽい感じに組んでみる。2個作るのでなるべく最短で形にする。
そんな感じで本体に組み付けてみる。バックパックの接続は大きめのネオジム磁石。腕のロケットランチャーもネオジム磁石接続にする予定だけど、まだもうちょっと時間がかかるかな。この休み中になんとかしたい。
Img_1645
Img_1642
大きい模型は楽しいけど、場所を取るし、ゴミもたくさん出る。


今日は9月末日。同僚、お世話になった先輩が去っていく日。
いろいろな意味で寂しいものがある。新天地での活躍を祈る。


帰り道にイエサブに寄って、ちょっと買い物。¥1057
・プラ=パイプ(グレー)肉厚 外径7.5mm
・PC-03 P・キャップ×3
・マスキングテープ 24mm
3mm径のポリキャップ。ゲルググ用に購入。プラパイプは三連ミサイルランチャー用。内径5.7mmなのでここから発射されるミサイルの直径350mm、弾倉に収まるミサイル全長720mm、そんなミサイルあるかいっ!みたいな仕様。
作品の返却が始まっているので、週末回収に行こうかなと思う。

今日のAmazon便。
【Amazon.co.jp限定】ジ・エンド、ソー・ファー (メガジャケ付) ¥2860
Slipknotの新譜、なぜかというかやっぱりの通常盤が買えず、このAmazon限定のメガジャケ付仕様しか予約できなくて、仕方なくこれを買ったけど、こればっかりは正直なところ本当に不要な特典。サインでももらう時に使えば良いのかしら?
機動戦士ガンダム サンダーボルト 20 B5ポスターBOOK付き限定版 ([特装版コミック]) ¥2500
ガンダムサンダーボルトの20巻。特装版で購入。画集は買ってないけど、売ってたら多分買っちゃうと思う。

| | コメント (0)

2022年9月18日 (日)

そうして速やかにリスタートする。

深夜の模型作業は在庫のチェックをしてほぼそれくらいかな。戦略を練る。何をどこまで弄り倒すか?始めるのには早いに越したことはない。
そんな事考えていたら、映画でも見るかと思い、Amazon primeを物色。噂のポリコレ「力の指輪」を見ようかなっと思ったけど、思っただけで見たのは「モンスターハンター」。
感想としては、まずまずの時間の無駄であった。なんだろうなぁ、この中華バブル時代の映画の雑さの一言に尽きる。ゲームのグラフィックそのままのモンスター自体が悪いんじゃなくて、映画なのに?っという手抜き感というか。この雑さ感は「パシフィックリム アップライジング」に通じるものがあって、この雑さ感が今の中国製のそこら中に感じる製品化した時の雑さに通じる。ネットで見た時は「なかなか良いんじゃない?」って思って通販で買ってみたら、何これ?これなんぞ?的なアレだ。パーツそれぞれは問題ないんだけど、アッセンブルしたら、なんぞ?これなんぞ?こんなの連発してたら映画見なくなるよなぁ...レジェンダリーやらテンセントやらの組み合わせがもうどうにもならないくらいクソである。断言するよ、クソのドボン、ドボンのクソ、どっちでもいい。
意思の疎通が出来ないせいかな、そこら中に矛盾と未回収がゴロゴロ転がっている、そんな疑問符だらけ。
良かったところは、言語が通じない相手には殴り合いで分かりあおうとするところ。ディアブロスと対峙したら、近代兵器でもやっぱり敵わないところ。

さて三連休中日の日曜日、今日から1/60ゲルググを弄る。とにかくパーツだけはやたらと大きいのでなかなか幅増し、幅つめが出来ないので、基本的には関節のオフセットしつつ、スタイルを出して、まずは普通のゲルググを作るところから。通常だとメガグレードかパーフェクトグレードのザクの関節を流用するところだけど、今回は旧キットオンリーで行く予定。問題は剛性なんだよなぁ...
今日の作業。まずはプラ板工作中心。
・頭部5mm幅つめ。
・大腿部5mm幅増し。
・スカート、最大一番後ろの部分で2cm延長。

ウェーブの軽量エポキシパテの在庫が無くて、実はAmazonもしばらく在庫がない状態。ビックカメラは入荷予定で現在在庫無し。ヨドバシには在庫があったので注文した。注文したは良いけど、この状況で在庫品なので古そうな予感がしないでもない。

| | コメント (0)

2022年7月25日 (月)

ダメージインク。

深夜の模型作業は早めに切り上げて、映画でも見ようかとAmazon prime。Youtubeで宣伝している「ムーンフォール」を見ようと思ったら、公開前でした。
仕方がないので、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」を見る。吹き替え版。Amazon prime、なんとなくこの辺のなぜ?感があるけど、まぁ見ていなかったので。
大好きクワイガンジン(リーアムニーソン)がどう考えても出オチの時点で悪役感(裏切り者感)が丸出し。それはそれで。
かなりの部分のCGがインド映画っぽいパロディ感が漂っている。主人公のモリーもなんかこう良いブスのはずなんだけど、宇宙人がいっぱい出てくるとその良いブスっぷりが普通すぎに見えてしまう。褒めるところがどこにも無かったなぁ。要するにそんなに面白くないし、得した気分もどこにも無いかな。最後になんだこれ?って思って登場の吉本坂。もう、お腹いっぱいで時間を返して欲しくなった。ウィルスミスとトミーリージョーンズを使わない上に4作目の続編作製に踏み切る勝算と勇気だけ讃えたい。
最近、特によく考える。人間の想像力は偉大であるという事。どんな恐怖の中にも人が考える、手加減が存在している。
もし仮に宇宙人が地球侵略に来た場合、人間は恐怖なんか感じる前にあっという間に殲滅されてしまうはずである。何?の「な」を感じる前にもう消し飛んでいるんじゃ無いかと思う。だって奴らの目的が殲滅だから。もし「何?」って聞ける間があるならば、それは相手が殲滅ではなく友好か、少なくとも興味がある(生き物として)対象であると言う事なんじゃないかと思う。手加減してくれている時点で奴隷でもハッピーなのかもしれない。
人間の想像力、思考スピード、判断は思っているよりも遅い。嫌な予感がしたら、「な」って思う前に、その時点でダッシュで逃げるのが正解だと思う話。

健康診断。今回から業者が変わって、いろんなところのシステムが変更になっているんだけど、なんか古臭い感じがした。一番、やばい気がしたのはバリウムの味が古いタイプのそれで今風の味じゃ無かった事。久々にバリウム酔いで、一日中、ほぼ使い物にならない状態に。
嫌な予感はしていたんだよなぁ、きっと安かったんだろうなぁ、しかも7月(なながつ)のこんな時期。嫌な予感がしたんだよなぁ。

今日のAmazon便。
モデルグラフィックス 2022年 09 月号 ¥850
モデルグラフィックス、ザク特集、買う。難しい内容か?って言われるとそんな事は無かったという感想。
これまで僕が何度かモデルグラフィックス誌上で遭遇した難しい解釈のザクはなかなか超えられないのかなと思う。
1999年7月号の0079センチネルザク。
次いで1999年1月号の服を着た哀原ザク。
そうして2001年7月号の横縞みゆき氏のザク。
この辺を期待していた分、なんか肩透かしでした。じゃぁ、お前作れよ?作って見せろよ?って言われると、いや、本当にすいません。できません。と答えるけど、雑誌というメディアにはやっぱりエンターテイメントを期待したいじゃないですか。

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

巡り合わせである。

深夜の模型作業は1/48 サンダーボルトアッガイの続き。パーツのチェックをしつつ。捨てサフを捨てる作業を少々。

朝、起きたら、誰も起きてなくて、軽く吃驚するけど、今日は土曜日。娘はチャレンジスクールとかいう土曜学校に行くので、それを送りに行きつつ、コンビニで公共料金を払いに行く。しかし暑い。普通に暑い、実に良い夏である。
暑いけど、午前中は塗装時換気用の換気扇ブンブン回して、そこそこ快適に作業出来るので、頭部の発射孔を作っていく。ここのハッチを開閉式にするか迷っているけど、取り敢えずは穴から作るというか塞ぐ。ここはアニメ版は5連装で手前から1と2がロケットランチャー、3と5がスモーク弾、4がフリージーヤードで弾頭の形が違う。1と2がとんがり、3と5が平、4が丸。
Img_1001
穴はU-バーニアフラット(2)の8.0+U-バーニアフラット(1)の6.0の組み合わせ。
今週はモノアイも弄りたいところではある。

昼過ぎ、娘がスイミングスクール出かけようとしたタイミングでスイミングスクールから連絡。コーチがコロナ陽性で本日臨時休館とのこと。なんか暇になったので、これは何かの巡り合わせという事で、ククルスドアンを見に行くことにした。サクッと予約したけど、7/6まで使えるはずの1000円割引券が使えない、そう特別興行。上映時間は17:10からなので、16:30くらいにはさいたま新都心へ。
結構ギリギリ。さいたまスーパーアリーナの今日のライブはケツメイシらしい。結構な人がお揃いのツアーTシャツを着ていて、真面目な人が多い気がした。
それでも一応ヨドバシカメラは覗く。まぁ相変わらずの散々な状況でした。ガンプラも無い(いや、RGHi-νは結構入荷してた。)けど、他のプラモデルも結構充実感が感じられず。全体的に翳りが見えてきたのかもしれないねぇ。欲しかったハセガワ1/48ホーネット類も無いし、スターウォーズ関連も全然在庫が無かったなぁ。1/48 ビランビーはいっぱいあった。
パンフレットは2冊入りのものを購入。あと買えなかったトップガンマーベリックのパンフレットも買う。2500+880円。ブルーレイ買う気マンマンだったけど、通常盤は既に売り切れ?っぽかったのでパス。後日で。
5週目の入場特典はカットフィルムで劇場版とテレビ版のククルスドアン回のもの。
Img_0998
テレビ版のガンダムでした。このガンダムは可もなく不可もなくのタイプかな。2500パターンくらいあるらしい。
肝心な内容だけど、THE ORIGINに実はもうそんなに期待するものも無いのでどうかなと思ったけど、島の秘密も含めて、普通によく練られた面白い話に仕上がっていた。考えてみれば40年もインキュベーションしてたらそりゃどんなエピソードでも盛り込めるでしょう。
ヤギを中心に最後の方の島に全員集合なあたりがなんか安彦アニメ(漫画版のTHE ORIGIN)っぽいなぁって、好きじゃ無いけどなんか微笑ましくも思う。
このパターンで何本か映画化するかも分からないけど、漫画版THE ORIGINで映像で見てみたい回もあるから、継ぐモノがあるかぎり続けてもらいたいものではある。
見たいシーンとしてはア・バオア・クーのセイラがジオン兵を率いて蜂起する回とかクリケットの回とかそういうところ。安彦アニメに求めるところってそういうところじゃないの?オデッサも映画で繋ぐとマ・クベがそこで死んでも問題ないから出来るといえば出来るけど、漫画版での「哀・戦士」はなんとなくそこじゃないから...って思ったけど、「哀・戦士」歌いたい歌手って結構いそうだから市場はあるのかと思う。マ・クベさんの今度こその水素爆弾も物語的には使い勝手が良いんだろうけど...今、そこでリアルに戦争やっちゃってるじゃない?ロシアとウクライナでオデッサ(オデーサ)で。この筋はおそらく永遠に凍結かなと思う。
結局、ガンダムというよりはむしろ安彦アニメを堪能して、満足して帰宅。19時過ぎでもまだまだ暑い。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/100 GGI パトラクシェ・ミラージュ 1/100 MG MS-06F2 ザクII F2型 1/100 MG MS-07B グフ (ver.1.0) 1/100 MG MS-07B3 グフカスタム 1/100 MG MS-09ドム 1/100 MG MS-18E ケンプファー 1/100 MG MSA-0011 Sガンダム 1/100 MG MSM-04 アッガイ 1/100 MG MSM-07 ズゴック U.C.0096 1/100 MG MSN-04 サザビー 1/100 MG RGM-79 パワード・ジム 1/100 MG RGM-79GS ジム・コマンド 1/100 MG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版) 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.2.0 メカニカルクリアVer. 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0 1/100 MG RX-78GP03S ステイメン 1/100 MG ジムライトアーマーC 1/100 RE/100 MS-06FZ ザクII 改 1/100 YMS-09D ドム トロピカルテストタイプ 1/20 スコープドッグ 1/20 スコープドッグターボカスタム 1/24 スコープドッグ 1/24 スナッピングタートル 1/35 OBSOLETE EXOFRAME 1/48 MSM-04 アッガイver.サンダーボルト 1/60 FF-X7-Bst コアブースター 1/60 MS-14 量産型ゲルググ 1/60 PG RX-178 ガンダムMk-II 1/60 PG RX-78-2 ガンダム 1/72 SVF-41 BLACK ACES 1/72 VF-1J バルキリー(TV版) 1/72 X-29 Blu-ray Disc DVD iPad iPod Tシャツ はじまり ひみつ道具 アクセス解析 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ガチャガチャ ガンダムアーティファクト ゲーム コンピュータ ザリガニ(ざりがに) スターウォーズ スノーボード スポーツ テスト デジタルカメラ ニュース パソコン・インターネット ボトルキャップ レゴ 仮組み 写真撮影 実家 携帯・デジカメ 携帯電話 文化・芸術 旅行・地域 昔の日記 映画・テレビ 普通の日記 書籍・雑誌 模型 漫画 無駄使い? 甲殻類 経済・政治・国際 観察日記 調色配色メモ 趣味 音楽 食玩