映画・テレビ

2022年2月26日 (土)

貪る。

深夜の模型作業は1/24 スナッピングタートルの続き。膝直下のふくらはぎ部分、メッシュを貼ろうと思って穴を開け始めたら、4カ所中の1箇所割れた。仮で当てた筋彫りのガイドに沿って割れたので、やっぱりプラの劣化が始まっている模様。流し込み接着剤をパーツに染み込ませながら処理。
BGVはYoutubeでホットゾーンの2ndシーズン、「ホットゾーン アンスラックス」の第1話を見る。9.11直後の混乱の米国での炭疽菌事件、FBIの捜査官視点でのお話。これもなかなか良い。1stシーズンも思ったけど、このドラマの一番の教訓は結局のところ、組織内、組織間の連携の取れ無さ、前例の無い困難な直面に対した際のルールという脆弱性。最終的には軽い嘘と独断に近い形で仕事を進める事になる。もう20年以上も前から教訓として共感得られるのが分かっている事なのに、未だにそれが出来ない訳だし、何よりもその時よりもずっとずっとやりにくい世の中になっている。じゃぁどうすれば良いか?権限の移譲、その一言に限るだけど、それが出来ないのも今の世の中、今の世界、今の日本なんだろうね。あと捜査官の彼女?のブスさ加減が絶妙で好感が持てる。

朝から暇だったのでスナッピングタートルの続きをする。
Img_0398
金属メッシュを貼った。出来は60点くらいかな。この位置にこのサイズで貼り込むのはちょっと無理があったなぁ。あと膝裏がスカスカなので蓋替りとして1/48のMMのジャンクパーツから座席のパーツを貼っておいた。この部分、キットはガラ空きで、設定上は降着フレームが入っているんだけど、今回はそれをオミットしたので、これを土台にして、それっぽくする予定。
Img_0399
スワンピークラッグはこうやって装着するよりも立てた方がカッコイイなぁ、やっぱり。どっちにしても足首がガラ空きなので、脛側の裾のところにマッドガード的なものを追加しようかなと思う。

カミさんが夕方髪の毛を切りに行くと言うので、晩御飯を調達しに家を出て、散歩がてら大宮まで電車に乗ったくらい。基本的に暇なおじさん。

| | コメント (0)

2022年2月24日 (木)

そうだよなぁ。

深夜の模型作業は軽め。ナショナルジオグラフィックのドラマ、「ホットゾーン」の続きを見る。見ている最中に、あれ、結局、この原作のオチってアレか?って思い出す。

今日はマンボウ絡みの娘の学童登園自粛対応で、午後帰って来た。木曜日の午後、早々と帰ってしまうのはただただ気分が良い。
何か新しい事でもしようかと思ったけど、思っただけでした。

| | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

思っていたよりも面白かった。

深夜の模型作業は1/24 スナッピングタートルの続き。どうしてくれようかと悩みつつ。寒いのを理由に塗装を進めないので、それまでの間は弄っていこうかなと思う。

そんな中、作業中のBGMがてらにYoutube で無料公開されているナショナルジオグラフィック版のドラマ、「ホットゾーン」をなんの気なしに見始める。第一話。馬鹿に出来ないくらい面白かった。よく出来ているなぁって思う。「ああ、それやったら、だめだ。」みたいなギリギリのシーン、アウトなシーンの連続。年代もちょっと古めの設定なのかな、機器類もみな古くて、それっぽい感じだ。ただあんまり出てこないなって思うのは、手洗いシーン。結局、清潔にする事が最も大切だと言われているのだから、そこのところはこのご時世でも重要な要素なのだから、ちゃんとシーンに盛り込まれると良いのになって思う。1stシーズンはエボラでこれから始まる2ndシーズンは炭疽菌。炭疽菌事件の頃、英会話で炭疽菌の話をして、アンスラックスのLiveを見に行った事があるというオチの話をしたのをちょっと思い出したんだけど、なんか記憶が曖昧だ。郵便物に炭疽菌っていうニュースは9.11以前の話?以後の話?米国の炭疽菌事件は以後の話のはずなので、その時には僕は英会話を既にやって無かった気がするんだけど、どこでどうなるとこの記憶が繋がるのか、もう謎過ぎ。

| | コメント (0)

2021年12月27日 (月)

年末だ、忘れてしまおう。

深夜の模型作業は1/100 MGアッガイの続き。本体のフレーム部分をコクピットから出し入れ出来るサイズにヒートペンで切り取りつつ綺麗にする続き。内側の空いている穴は基本的にプラ板で塞いでいく。
Img_0174-2
涎掛け?パーツのサイズも調整。前側が3cm、後側が6cmで調整。このパーツ、前回は接着してしまったけど、今回は取り外しが出来ないとコクピットの出し入れが出来なくなってしまうので、ちょっと考え中。背部と繋がる部分ではあるので、よく考える。
何にしてもアニメ版とは違うけど、既に1個あると「ここ、どうしたっけ?どう線を繋いだんだっけ?」って間違っているかもしれないけど、現物を見ることが出来ると楽だと言えば楽。過去の僕、実に頼しい。

月曜日、仕事、いろいろあるけど、例年に比べたら随分と楽だなぁ。例年、休み前にあまり成績の良くない細胞融合して、休み明けに少ないクローンのクローンピッキングがあるという憂鬱な正月を過ごすことが多かった。今年はタイミングがズレて、それが無いとなると何と晴々しい事か。

今日の本屋さん予約の引き取り。
Img_0173-2
Get truth 太陽の牙ダグラム 1 プラモデル付き特装版 (ビッグコミックススペシャル) ¥2970
太田垣ダグラムの1巻。高いか、安いかと言ったら多分安いと思う。プラモデル付き。漫画はフルカラー。
実はMax factory製のダグラムを作った事が無いので、キット構成がどうなっているかよく分からないんだけど、バンダイの食玩のスーパーミニプラよりも普通のプラモデルだった。ターボザック付きは普通にキットとして売るんだろうなぁ。
漫画に関して言えば、ダグラム自体を知らない人はこの漫画をまず手に取らないだろうから、敷居は高いだろうけど、知ってる人からすればこんなに理解の早い漫画は無いという、作者にしてみれば、説明が不要で描きたいところを描きたいように描けるから、実は楽だったりするのかなって思った。あとはデイジーの眉毛が無いのがとても良いです。

帰って来て今日のWowowのBiSHのライブを録画するのを忘れた事に気が付いて天を仰ぐ。昨日の寝る前までは覚えていたのになぁ。

| | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

どこまでも続くのである。

深夜の模型作業は作業机のお片付けです。今年中に一回CDを整理したい。A to Zで並べ直したい。一番最後に並べたのは結婚して引っ越した時以来なので2005年10月の話なのかな。まぁ何にしても一回棚卸しがてらやっておこうと思う。

今日のAmazonプライム。
ついこの間、続編の2の上映が始まったばかりのヴェノム (吹替版)の1作目を見た。評価高めなだけあってよく出来ていると思う。面白い。やっぱり主人公がダークヒーローで、「ああ、結局、僕も同じ負け犬だ。」って主人公とそこかしこで共感出来るところが良い。ダークヒーローなアメコミよろしくオチがオチずに一本では終わらない、終わらせない、幾つもの伏線のある起承転結の「起」になってしまうあたりや、コンビニのシーンで冒頭とエンディングで韻を踏む当たりとか、まさにマーベルコミックなのだ。ヒロインの謎なちょいブス具合もなかなかな味である。続編の2を見たいか?って言われたらそのうち見たい、そんな負け犬なんですよ、僕は。

久々に昼飯抜きでお仕事。月曜日、12月、寒い。

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

いい冬らしい。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。レタッチを少々。完成に向けて少しでも動かないとなぁ。剥がれてしまった塗装もここでなんとか挽回するのだ。

そんな訳で今日のAmazonプライム。
オール・ユー・ニード・イズ・キル(吹き替え版)
トムクルーズ主演のタイムリープもの。戦う、死ぬ、目覚めるの繰り返し。実際かなりの部分がそこにネタバレが集約される。どこがどうとか書くとネタバレが過ぎるので、書かないけど、思っていたよりも何倍も面白かった。まず異星人に対する人類の無力さが圧倒的で、その中に活路を見出すための人類のチート作業の設定が良い。なんだろうね、気持ちいい。なかなか死なない主人公役の多いはずのトムクルーズがこうまで簡単にタイミングが悪いだけでバンバン殺されるのを見ると実は普通の人な気がして好感が持てる。タイムリープモノでやる気スイッチ全開なところがトムクルーズらしいといったところかな。
日常生活も繰り返してればいつかプロフェッショナルになれる気がする。この映画の主人公は死ぬ気で頑張るんじゃなくて、実際繰り返し死んでしまって学習するので、それとはまた違ったもう一歩踏み込んだ圧倒的な差がそこにあるので真似したり、教訓にしたりする映画ではない。軽い気持ちで見る事をリコメンド。

月曜日、寒い。いい冬みたいだ。やる気スイッチは無い。

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

マンティスガチャ。

深夜の模型作業は無しにした。トップコートを吹きたいのだけれども湿度高めのため。エアコンブンブン回して、吹くのも可能なんだけど。
そんな訳で深夜の映画を楽しむのです。
今日のAmazonプライム。
アサシン クリード (吹替版)
大ヒット?ゲームの映画化作品。ゲームは海外版をDSで少々やったくらい。暗殺系のゲームってそんなにヒットしている物なのかしら。
内容的にはこれまた微妙な感じだったなぁ。アサシンの祖先が現代から過去の先祖にアクセスして、宝探しをするお話。最後は悪い奴に復讐しつつ、現代にアサシン教団が復活するみたいな流れ。結局、誰も良い人がいないっていうお話なのかな。暗殺者の割に仕事が派手で正々堂々、大騒ぎになるのがなんとも言えない。冒頭、幼少の頃の主人公が自転車でジャンプして落っこちるシーンがあって、そこにマットが敷いてあって、それでも落ちた怪我がちょっと痛そうなんだけど、その後、なぜか鷹を見ながら馬鹿そうに笑うシーンが良かった。その後、家に帰ったら大変な事態が起きてるっていうのに。

昼過ぎ、家族とショッピングモールへ買い物。
服を買おうかと思ったけど、思っただけだった。家族の買い物がそちらの方角に行かなかったからだ。途中、ガチャガチャ屋があって、そこでカマキリのガチャがあったので1回だけ回した。
・いきもの大図鑑 かまきり02 5 オオカマキリ(ダークグリーン腹部膨張版)¥500
これってメスっていう事なのか、それともハリガネムシでパンパンなのか。
素材が基本的に軟質プラなんだけど、硬いパーツと柔らかいパーツでうまく組み合わさっているので、関節部分、組み立てに力をかけて押し込んでも折れないように設計されている。なかなか凄い設計だと思った。飽きたらちょっと塗ろうかな。

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

引きこもっていた。

深夜の模型作業は微速。1/100 MGグフカスタムの続き。塗り分け少々、ウェザリングカラーによる墨入れ少々。結局、トップコートを吹いていないなぁ。

暇。おそらく家族の中で一番暇。都内に買い物に行こうかとも思ったけど、行かず。
まずは今日のAmazon便。
WildRiver's G-WORLD 2nd: 『円形劇場』演出師 WildRiver荒川直人 ガンダム情景作品集2 ¥4180
完成写真に加えて、途中写真が多いので、実に情報量が多い。この情報量の表現方法が難しいけど、こんなの小中学生に見せたら軽く射精して、その後の賢者タイムで身も心も空っぽになって鬱になるくらいでしょう。個人的に好きな作品はガンタンク。今、丁度、秋葉原で刊行記念のイベント展示会やっているのかな。解像度の解釈が1/72のミニAFVくらいが基準になっていると思うので、この辺、ガンプラモデラーに超えられない壁がそこにある。2012年の夏、一冊目が出た時、その記念のイベント展示会に行ってみたけど、生で見ると感動するというか、なんかやらなくちゃいけない衝動に駆られるんだよね。どの辺が超えられない壁かというと、流用パーツの選択が思っているよりはスケールが小さいものを選択していて、実は写真で見るよりも実物が一回り小さいのにちょっと吃驚して、ぐぅの根が出なかった。

今日のAmazonプライムビデオ。
ゴースト・イン・ザ・シェル (吹替版)
士郎政宗、攻殻機動隊は大好物ながら、食わず嫌い選手権の1位にあった本作を見てみた。まず良かった事は吹き替え版で見たので、声優さんがほぼオリジナル?だったので逆に補正されて良いように見えた。逆にいえば、これをもし字幕で見ていたら余計に分からなくなっていたかも。北野武が拳銃を打つシーンが何回かあるけど、アウトレイジを彷彿させる。「狐を殺すのに兎を寄越すな。」って名台詞なのか。それでも集中力が続かず、3回くらい中断しながら完走。しかしどの話をベースにしているのか今ひとつ理解出来なかったし、その理解の出来なさが、士郎政宗的な難解さで理解出来ないんじゃなくて、単につまらないという気持ちしか湧いてこなかった。背景の街並みはブレードランナーの解像度を上げたような感じなだけだったし。
アニメ版のバトーの台詞、メスゴリラに寄せているのかな、スカーレットヨハンソンのどこまでCGなのかよく分からない、あのむちむち感が受ける層が世界のどこかにあるんだろうか?そこは日本語の解釈が間違っていると思うんだ。

MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-
MAN WITH A MISSIONの映画。公開されたのは知っていたけど、内容までは知らなかった。音楽アーティストの映画っていろんなパターンがあるけど、本当にファンのためにだけ作られた歴史の振り返りドキュメンタリーだった。あとは最後に流れる新曲のための映画なのかな。もうちょっとライブの曲が完走されるもんだと思っていたけど、なんか結構肩透かしだったなぁ。思っていたよりも浅かったなぁ、あとジャンケンジョニーは口数が多いだけにしゃべればしゃべるほどどんどん薄っぺらく聞こえてくるのは僕だけなんだろうか。
Fly Againのデモがクソだった話はちょっと面白かったので、クソなデモverを聴いてみたい。

 

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

季節の変わり目が怖い。

急激に冬が来ているようで、じじい、身体がついていけてないっす。
結局、模型作業はあまり進まず、パーツの仕上がりをチェックしつつ、仕上がっているパーツとそうでないパーツをグルーピング。

のんびりしつつ、暖かい日差しの元で少々昼寝。寒気で起きる。

今日のAmazonプライムビデオ。
ターミネーター:新起動/ジェニシス
ターミネーターシリーズは基本的に大好物。2作目以降のリアル映画館世代。要するに大学の頃の映画の履修科目には「ターミネーター」があった世代だ。テレビシリーズはサラコナークロニクルズのファーストシーズンまで。
Amazonプライムで見られるターミネーターはいくつかあるけど、見たかった「〜ニューフェイト」が無料じゃなかったので、取り敢えず「〜新起動/ジェニシス」。感想としては見ておいて良かったかなと思う。それくらい。カイルが過去に送られるシーンでスカイネットがジョンに襲いかかる寸前にジョンの後ろに立っている存在感というか違和感の演出が良かったかな。あとは歳を重ねるT-800っていう設定は有りかな?無しかな?と言われると旧ファンとしては無しだけど、ここまで僕も年齢を重ねちゃうとこれはこれで有りかな。元気なお爺さん、エクスペンダブルズを見ているのと同じ気持ちで見ることができる。未来がいくつか分岐しちゃってもう収拾がつかなくなっちゃってはいるけど、これはこれで新しい楽しみ方なのかもしれない。タイムパラドックス的な考え方はこの際未来が分岐してしまっているのでオミットするしかない。考えてみれば1作目から2作目でT-800が味方になっちゃうあたりのどんでん返し以上のどんでん返しは今のところ無い、ジョンコナーが機械化されても、心臓移植されても。最終的にマーベルあたりでディズニーになっちゃえば何でも有りになるから、これはこれで有りかな。そうなったらスパイダーマン的な独立三部作でちゃんと作って欲しい。でもそれが現実化したらきっとドウェインジョンソンが出てきそうでやっぱりちょっと嫌。どうも興行収入が振るわなくてポシャるパターンしか無い、そこがターミネーターなのかもしれない。こんなに面白いのに。

| | コメント (0)

2021年11月14日 (日)

第何なの?

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。苦戦しているのはジオンマーク。まずジオンマークには大きく2種類あって、宇宙攻撃軍のものと突撃機動軍とあって、0080くらいから使われるようになったゲジゲジマークの方が突撃機動軍、THE EARTH OCCUPATION FORCEっていうことにになるらしい。グフカスタムも当然地球上での運用になるので、後者に所属するのでゲジゲジマークの方が付属している。これ、実は全く知りませんでした。話を戻すとこのマークのデカールがいくつか手持ちのガンダムデカールにあるんだけど、色が合わない。黄色を貼りたいのに黄色が透けすぎてしまっていたり、一部は傷んでいて、ボロボロになってしまう。あとは付属のドライデカールの白もゲジゲジ故にうまく転写出来ず。さてどうしようと考えて、結局、印刷用の水転写デカールにドライデカールを貼り付けて、水転写デカールとして貼ることにした。ゲジゲジジオンマークはこれで何とか乗り切りたいところ。結局、ドライデカールも自作の印刷用のシートに転写してしまえば少しは使いやすくなるかなって思う。

今日のAmazonプライム。余裕は全くないけど、現実逃避しているのだ。
そんな訳でパシフィック・リム / アップライジングを見た。前作のパシフィック・リムはみんな「凄い、面白い。」のコメント満載で、映画館で見たかったけど、機会がなくて映画館で見れず、結果、Blu-Rayを買ってみることに。満足。さて本作2作目、二転三転した後、何とか完成したのは良いけど、評判がよろしくない。どれくらいよろしく無いかと言うとAmazonで早々にBlu-Rayが1000円になっていたので、意気揚々とカートに放り込んだけど、レヴューが兎に角に酷くて。こんなに酷い事書けるようか?くらい。1000円ですら腰が退けてしまうくらいだ。
まぁ折角なんで見ておこうかなと思う。結論から言うと、どこがどうとかじゃなくてもうちょっとなんとかなったんじゃ無いかとは思うけどなぁ。全体的にダメな感じだ。うーん。ジョンボイエガは相変わらずどこにいても賢いのか、賢く無いのか、本当によく分からない奴だし、菊地凛子は悪くない良いおばさんに仕上がっているけど、別におっぱいは出てこない。最後の方でKAIJUは遠回りして東京に上陸した後に、最終的に三身合体して富士山頂を目指すんだけど、ああ、これは第3新東京市なのかっと言う事で無理矢理納得した。納得ついでに折角なら、東京のアナハイムエレクトロニクス前に脱出ポッドが落ちてくるんだから、社屋前にあるユニコーンガンダムに乗って戦えば良かったのになぁって思う。宇宙世紀のサイコフレームは時間さえも巻き戻せるんだから。レジェンダリー・ピクチャーズって面白いのかつまらないのかよく分からない映画を作ることが多くて、単純に考えると、昔のジャッキーチェンの映画のように物事を捉えれば、面白いで済むのかなぁ?浅いっていうか、幅を持たせるというか、もうちょっとこうオタク心をくすぐらないと、伝説は生まれずに、喜劇しか生まれない気がするアルよ。

昼からちょっと模型部屋の掃除。掃除と本、漫画、雑誌類の片付けをする。定期的に本を本棚にしまわないとどんどん積まれていって、地層化する。地震が起きるとそこのすぐそばに寝ている僕は埋まる。多分死ぬ。それはヤバいので、片付けるのだ。本当はCDをAtoZに並べ直したりしたいところだけど、そこまでとてもとても。年末にはなんとかしたいぞ。勉強しなきゃいけないのに、部屋の片付けをする。これも立派な現実逃避だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/100 GGI パトラクシェ・ミラージュ 1/100 MG MS-06F2 ザクII F2型 1/100 MG MS-07B グフ (ver.1.0) 1/100 MG MS-07B3 グフカスタム 1/100 MG MS-09ドム 1/100 MG MS-18E ケンプファー 1/100 MG MSA-0011 Sガンダム 1/100 MG MSM-04 アッガイ 1/100 MG MSM-07 ズゴック U.C.0096 1/100 MG MSN-04 サザビー 1/100 MG RGM-79 パワード・ジム 1/100 MG RGM-79GS ジム・コマンド 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.2.0 メカニカルクリアVer. 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0 1/100 MG RX-78GP03S ステイメン 1/100 MG ジムライトアーマーC 1/100 RE/100 MS-06FZ ザクII 改 1/100 YMS-09D ドム トロピカルテストタイプ 1/20 スコープドッグ 1/20 スコープドッグターボカスタム 1/24 スコープドッグ 1/24 スナッピングタートル 1/35 OBSOLETE EXOFRAME 1/60 FF-X7-Bst コアブースター 1/60 PG RX-178 ガンダムMk-II 1/60 PG RX-78-2 ガンダム 1/72 SVF-41 BLACK ACES 1/72 VF-1J バルキリー(TV版) Blu-ray Disc DVD iPad iPod Tシャツ はじまり ひみつ道具 アクセス解析 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ガチャガチャ ガンダムアーティファクト ゲーム コンピュータ ザリガニ(ざりがに) スターウォーズ スノーボード スポーツ テスト デジタルカメラ ニュース パソコン・インターネット ボトルキャップ レゴ 仮組み 写真撮影 実家 携帯・デジカメ 携帯電話 文化・芸術 旅行・地域 昔の日記 映画・テレビ 普通の日記 書籍・雑誌 模型 漫画 無駄使い? 甲殻類 経済・政治・国際 観察日記 調色配色メモ 趣味 音楽 食玩