映画・テレビ

2020年4月22日 (水)

ああ、これだ、これ。

深夜の模型作業は1/20 スコープドッグの続き。股関節の調節。フレームの股関節軸を結果として5mm程度上に移動。このパーツ、今回は交換出来るようにしておこうかなと思う。この股関節軸、PF版のように中心軸をずらした形で回転するギミックを作れば良いんだろうけど、やはり強度的に不安が残る。
Img_3362
脚の股関節の位置を変えるとやはり気になる肩の高さ。実物見ているとそんなに感じ無いんだけど、この写真のような角度で見ると怒り肩が強調される。
そんな工作をしながら、そう言えばっと無料公開になっている「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見る。Blu-rayを持っているはず&見たはず、だったんだけど、「これ、最後、どうなったんだっけ?」ってなくらい。多分、いろんな意味で嫌いだったんだろうなぁ。今見てみるとそんなに悪くないし、むしろ面白かった。やっぱり最後はアレ?終わり?大惨事じゃん?って感じだったけど。これもこの後の更なるびっくり展開をある程度知っている今だからそう思えるのかもしれない。

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

もうね、普通にカツ丼が食べたいんですよ。

深夜の模型作業は1/20 Fire Ballの続き。塗装中。腕、脚部にシャドウを塗る。影になる部分に加えて、基本的に墨入れする部分、一段落ちている部分は全部。上半身同様にラバーブラック。バンバン乗せて行く。ちょっとくらい雑でも良い気がしているし、何よりそれも筆塗りの味っていうことで。兎に角手早く。

Img_3006

このまま残せばワカメ影っぽい感じになるはず。このまま残さない訳だけど。
昼過ぎ、家族揃って買い物、近所のショッピングモールへ。結構、人が多かった。流石に皆飽きて来たのかな。武漢ウイルスブーム。日本人特有の飽きっぽさ。
本屋に寄って見たが、何も買わず。鬼滅の刃は全部売り切れ。凄いなぁ。現代の漫画って本当に売り切れるものなの?
今後、買おうと思っているのは「スペースコブラ COMPLETE DVD BOOK」vol.2 ()。ラグボール編が収録されているので、必修科目でしょう。
今日のAmazon便。
大ダーク ¥880
レディ・プレイヤー 1 [Blu-ray] ¥891
ドロヘドロの林田球の話題作、大ダーク。SF漫画の新たな金字塔の予感。レディ・プレイヤー1は66%引きらしく、大ダークとほぼ同じ値段。今、ちょっと安いらしく、パシフィック・リム:アップライジング [Blu-ray]も1000円。パシフィック・リム2も見たいし、1000円だしって思ったけど、あまりにレビューが酷すぎて、腰が引けてしまった。ただ最近のAmazonのレビュー、どれもちょっと酷すぎる内容が多くて何より。
「本当にお前、それ最後まで見てるの?見なきゃ良いじゃん。あと逆に聞くけど、お前の面白いと思うオススメの映画って何なの?」って思う。

夜中、ちょっと買い物。Round Records Store。Paypal経由で決済で総額£69.04(¥9983)ちょっと高くついた気もする。
・The Wildhearts - 30 Year Itch (Live) - Double CD (pre-order)
・Ginger Wildheart - Birthday Bash 2018 - Double CD (pre-order)
・Ginger Wildheart - Headzapoppin - CD (pre-order)

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

THE RISE OF SKYWALKERを見にいく。もう涙しか出ないのだ。

朝起きたら、子供達がLINEを使ってやりとりしたいらしく、「留守番したい。」という意味不明の状況になっていた。よしそういうことか。カミさんは買い物に。僕は映画を見にいく事にした。こうなったらスターウォーズだ。カミさんが福利厚生で取った映画のチケットをくれた。
客の入りはまずまずでビックリしたが、今日は映画が安いそういう日だったらしい。
今回、全く事前に情報無し。実にフラットな状態で見に来た。ネット上の反応は「良い」と言う、情報的にはそれくらいだ。
実に面白かったし、何度も涙が出そうになるなぁ、これは。新時代のスターウォーズのハッピーエンドが見れて良かった。EP7〜EP9のテーマの一つ、「あなたのお名前は?」という、その回答がちゃんと聞けて良かった。黄色いライトセーバー、おそらく初登場だと思うけど、これはこれでカッコイイなぁ。
帰って来て、映画を見た後の僕に倅が「じゃぁ、スターウォーズ、どれから見たら良い?」と聞いて来た。即答できず。これは会社の同僚の若者にも聞かれて、同じように答えに困ったので、ちょっと考えてみた。3本セットで見るとして、EP4〜EP6、次にEP7〜EP9。ここで一旦休憩。余力でEP1〜EP3という形が良いのかな。人物の相関関係、家系図が分からないとやっぱりEP9だけを見るのは厳しいと思う。
涙が出るのはきっと映画の鑑賞回数とか思い入れ、そういった物理的な、所謂質量の問題かな。そんなところだ。タイミングが合えばもう一回くらい映画館で見たい。

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

たま。

あっという間に週末。あっという間に7月も終わってしまいそうだ。

夕方、WOWOWでディズニーのくまのプー太郎のアニメ映画をやっていて、たまたまそのまま見る羽目に。これが後半、夢の中の像とイタチのシーンになって、実に独特な世界観のドラッグムービーだった。実にすっとぼけた、ある種、トレインスポッティングのトイレのシーンに近い気がする。すごいな、これ、ディズニーランドのアトラクションの謎がようやく解けた。
そのまま子供たちが「プーと大人になった僕」を見るというので、字幕ながらそのまま流し見。これが思っていた以上に面白かった。
まず主人公、なんと前述の通りのトレインスポッティングのレントン。ヘロイン中毒の彼がドラッグ断ちをしてロンドンでまっとうな職を持ち、綺麗な奥さんと娘に恵まれたところから話は始まる。忙殺される日々の中、ひょんなことからクマの絵を見つける。これは幼少、ヘロイン中毒だった頃に夢見がちにメモしていた生き物の落書きだった。その上、彼は空間をねじ曲げることでこれらの生き物を具現化することが可能な能力も持っていた。そう彼は稀代のフォースの使い手、またの名をオビワン、のちにベンと名乗ることになる。仕事に煮詰まった彼が家に帰ってくると、その生き物が空間の歪みから姿を現し、助けを求める。「助けて...オビワン・ケノービ...」彼にかつての仲間を探してくれというのだ。
はてさて、彼とその血を色濃く継承する娘の運命は如何に...っといった相変わらずにとんでも冒険活劇だった。
全体の印象としてはどうしてこうなるのか分からないけど、全体的に色が暗いというか、どぶ水を被ったようなくすんだ色なところが、彼の過去の思い出の表現といったところか。これがビビッドな黄色だったり、ピンクだったりしたらまさにドラッグムービーで成立してしまうからかな。

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

念願叶って?スターウォーズEP8を見る。

カミさん、子供達が留守なので、一人何をしようかと考えることしばし。思いついて、検索してみたら、あっまだやってる!夜、一回だけ。そんな訳で夕方近所のシネコンに出かけて行き、スターウォーズEP8最後のジェダイ、ようやく見ました。スクリーンは小さめ、客は5人くらいかな。
まぁいろいろ思うところはあるのだけれど、これはこれでいいんじゃないかと思う。3部作における2作目はこんな感じがベストだ。謎、謎、謎、この後どうなる?EP9みたいなオタクが山ほど議論できる素晴らしい映画だ。スターウォーズってそんなものじゃないの?ああでもない、こうでもない、みんなでワイワイと未来永劫話が出来るエンターテイメントな映画ということで。
何箇所か端折られている部分があるように思うけど、それはきっと映像メディアの特典で明らかになるそうなんで今のところはそこも謎ということでにしておくことにした。最後の方のルークが扉から一人出て行った時に、昔のスターウォーズのMMORPGのを思い出してしまった。結構、無茶苦茶なMMORPGで反乱軍やましてやジェダイになると本当に苦労するMMORPGだったらしいんだけど、なんとかかんとかジェダイになれるとそりゃもう無茶苦茶強いらしく、どれくらいつようかというと僕が見たムービーは宇宙にいるスターデストロイヤーのビームを地上からライトセーバーで跳ね返すくらい強い。ただそんなジェダイも発見されると山ほどいる帝国軍と賞金稼ぎから追いかけ回されてたらしく、ただただ苦労するだけの人生を歩むMMORPGだったらしい。

何はともあれEP9、楽しみ。そうしてその後の3部作も楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

ああ、盛り上がらない。盛り上がらない。

体調イマイチ。平昌オリンピックも気分も全く盛り上がらず。見てはいるけども。

カミさんと子供達は盛り上がっているらしく、近所のアイススケート場へ行くことに。
やっぱりというか、察するところかというか、現地のアイススケート場は大盛り上がりの大盛況。混みまくり。久々にスケート靴を履いてみるが、ちょっとした違和感がある。全くの素人の子供達に氷の上の立ち方から教えて、カミさんと子供達を交互に替わりながらのんびり2時間ばかり。また来ても良いかなとは思うけど、ここ数週間は大変なことになりそうな予感がするので、ほとぼりの冷めた来年あたりが狙い目かな。
娘が「フィギュアスケートやりたい。」と言いださないことを祈りたい。
とにかく、久々に汗だくで、何か抜けた気がする。風邪治ったかもしれぬ。

今日のAmazon便。
ファイブスター物語 14 (ニュータイプ100%コミックス) ¥1404
なんのかんの言っても買うし、読むし。それより何より未だに見逃している映画を見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

そうそう、そんな時期。わくわくっすぞな。

さて早めに就寝、そうして早々に起きて、朝飯食べた後、近所のシネコンへ。
「妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」を見に行く。実のところ、僕自身は興味程度だったんだけど、娘のやる気が今回は大きくて、そのリクエストを叶える形で見に行くことに。現在の妖怪ウォッチの30年後の世界が舞台なんだけど、ゲスト妖怪がゲゲゲの鬼太郎、声優は野沢雅子なんでそりゃもう「ぶっ殺すぞ。」じゃなくて、「わくわくすっぞ。」ですよ。ただ鬼太郎以外の特に目玉おやじはちょっと微妙な感じでした。おそらく最大の関心事はちょっとネタバレにもなるので、あまり触れないけど、レベル5、あざといなぁ。正直言って、今までの妖怪ウォッチの映画の中で1番面白かったかもしれない。このコンテンツの展開がとんでもない方向にあるような気がしてならない。ターゲットは子供じゃなくて家族だ。そう社会科で言うところの一番小さな社会、家族だ。

そんな訳で子供たち用と僕用にパンフレットを購入。
Img_2316
妖怪ウォッチとともにスターウォーズ最後のジェダイのパンフレットも購入。ボトルキャップはストームトルーパーしかなかった。残り2個だったので、とりあえず1個購入。BB8は後日通販で買うつもり。
スターウォーズ是非見たいけど、見るタイミングがなぁ...倅と二人とかなら吹替え版で行けそうだけど。ブルーレイじゃなくて、兎に角映画館で見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

のんびり週末。これでいいのか分からない。

夜中、米津玄師のニューアルバム、BOOTLEGをチェック。アルバムまでは買うつもりはなかったけど、iTunesで検索したら、この夏ハマってしまってこれまで買ったシングル分が安くなっているらしく、残額1750円で買えるようだったのでつい購入してしまう。

結局のところ、破天。
体調もそんなに良いわけではないのでただただゴロゴロ過ごした1日。
今日見た映画。録画、WOWOW。
「君の名は。」
全く内容を知らないまま、ただ音楽とアニメの絵柄から青春童貞群像劇だとずっと思っていたし、このタイミングまで全く内容情報を入れていないフラットな状態で見てみたんだけど、これが思っていた以上に骨太なSF映画だった。ノストラダムスの恐怖の大王が2013年に降って来たって言う話で、その大予言っていうのは実は日本で巫女の家系に代々脈々と口伝で受け継がれており、なんと能力の一部は唾液の中に含まれる一部のDNAがお酒という形態(エタノール中のDNAは安定して保存される)で他人にも継承できる。
そんな話はさておいて。実のところ思っていた以上に脚本が手が込んでいて、そのトリックが面白くて良い映画だった。やっぱり彗星の一部が割れたり、隕石が降ってくる話とか、巨大なクレーターが出来る話とか、外さないなぁ。3年間を行ったり来たりするすれ違いというか、その埋まらないギャップのすれ違いの部分がこれでもかこれでもかと出てきて、それでも名前だけは思い出せないってなんだかとても切なくて素敵な話だと思う。手首に巻いている組紐が手に入る経緯がお気に入りでした。
途中で「めちゃイケ」で見た西野と岡村のパロディも思い出した。

「ハッピーフライト」
「本能寺ホテル」
流れでこの2本見たけど、話自体はそんなに悪くないし、前者は前評判どおりで旅客飛行機物としても面白いところはたくさんある。しかしだ、綾瀬はるか、僕の中でどうしても可愛く見えないのはなぜか。もういい加減見慣れているはずなのに。なんでこんなにもドラマやら映画やらを見ても盛り上がらないのだろうか。顔が好みじゃないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

人それぞれ。

深夜の模型作業はまだまだひたすらパーツを切り分けている。裏のダボも削る。結構、大変。

ほぼ一日中、家の中でゴロゴロしていた。あとはみんなが留守の間にヤスリがけしてたくらい。

夜、カミさんが学童の懇談会に出かけたので、倅と娘とお風呂。急いで入って、出てきて、WOWOWで「シン・ゴジラ」を見る。放送前に巨神兵のムービーが流れて、これが後々こうなるとはと思うと実にいい布石だと思った。ジブリだけど。日本人の間抜けさも良いし、子供が大好きなものが全部出てくる感じもとても良い。ただ僕の中で最後まで残っているのは石原さとみの可愛らしさというか、良い女っぽいところだ。次回作ではきっと尻尾のところに出てきてた造形家サイモンリーが粘土捻った感じのエヴァンゲリオンっぽいゴジラに体を乗っ取られて変身するに違いない。面白かったし、また見ると思うよ。

今日のAmazon便。
ピットロード 1/700 WW-II 日本海軍艦船 装備セット VI No.6 E11 ¥785
いろいろ買ってみないと分からないものだと改めて思う。これは安売りしてたらまた買いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

2年間かぁ、短かったのかもしれない。

深夜の模型作業はタミヤ 1/48クルップ プロッツェ 6輪軽トラック。とりあえず開封してみて組んでみた。ダイキャスト製のシャーシが重量感があって良いんじゃないかと思って買ったんだけど、瞬間接着剤多用で面倒臭い仕様ということに気がついて少々後悔する。一日じゃ、組み上がらないわな。

午前中、倅は近所の子供会の集まりで出かけて行った。子供会かぁ、実に懐かしい響きだな。

午後は倅の音楽教室のクラスコンサートに行く。2年間のクラスもこれで終了。来月からは父兄無しで、自分でレッスンノートをつけなくちゃいけないクラスに進級する。三歩歩くと忘れるこのバカモノ、大丈夫なのだろうか。すぐ泣く泣き虫っぷりは相変わらず。練習不足で出来ないことにイラつくのも相変わらず。泣くのが嫌なら練習する。それだけなんだけど、それがいつになったら出来るようになるのだろうか。要観察中。

夜、一人、wowowで「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」を見た。結局、前作を僕は大好きだったことに気がついた。いろんな意味で伏線を拾いつつ、最終的に娯楽SF映画の王道で終わるあたりの今回もまさにそれで。最後に巨大な女王エイリアン(のスーツ)が塩原をドタドタ走り回ってボールを取り合うあたり、もう最高。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/100 GGI パトラクシェ・ミラージュ 1/100 MG MS-06F2 ザクII F2型 1/100 MG MS-07B グフ (ver.1.0) 1/100 MG MS-09ドム 1/100 MG MS-18E ケンプファー 1/100 MG MSA-0011 Sガンダム 1/100 MG MSM-04 アッガイ 1/100 MG MSM-07 ズゴック U.C.0096 1/100 MG MSN-04 サザビー 1/100 MG RGM-79 パワード・ジム 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.2.0 メカニカルクリアVer. 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0 1/100 MG RX-78GP03S ステイメン 1/100 MG ジムライトアーマーC 1/100 RE/100 MS-06FZ ザクII 改 1/100 YMS-09D ドム トロピカルテストタイプ 1/20 スコープドッグ 1/20 スコープドッグターボカスタム 1/24 スコープドッグ 1/35 OBSOLETE EXOFRAME 1/60 FF-X7-Bst コアブースター 1/60 PG RX-178 ガンダムMk-II 1/60 PG RX-78-2 ガンダム Blu-ray Disc DVD iPad iPod Tシャツ はじまり ひみつ道具 アクセス解析 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ガチャガチャ ゲーム コンピュータ ザリガニ(ざりがに) スターウォーズ スノーボード スポーツ テスト デジタルカメラ ニュース パソコン・インターネット ボトルキャップ レゴ 仮組み 写真撮影 実家 携帯電話 文化・芸術 旅行・地域 昔の日記 映画・テレビ 普通の日記 書籍・雑誌 模型 漫画 無駄使い? 甲殻類 経済・政治・国際 観察日記 調色配色メモ 趣味 音楽 食玩