映画・テレビ

2022年9月18日 (日)

そうして速やかにリスタートする。

深夜の模型作業は在庫のチェックをしてほぼそれくらいかな。戦略を練る。何をどこまで弄り倒すか?始めるのには早いに越したことはない。
そんな事考えていたら、映画でも見るかと思い、Amazon primeを物色。噂のポリコレ「力の指輪」を見ようかなっと思ったけど、思っただけで見たのは「モンスターハンター」。
感想としては、まずまずの時間の無駄であった。なんだろうなぁ、この中華バブル時代の映画の雑さの一言に尽きる。ゲームのグラフィックそのままのモンスター自体が悪いんじゃなくて、映画なのに?っという手抜き感というか。この雑さ感は「パシフィックリム アップライジング」に通じるものがあって、この雑さ感が今の中国製のそこら中に感じる製品化した時の雑さに通じる。ネットで見た時は「なかなか良いんじゃない?」って思って通販で買ってみたら、何これ?これなんぞ?的なアレだ。パーツそれぞれは問題ないんだけど、アッセンブルしたら、なんぞ?これなんぞ?こんなの連発してたら映画見なくなるよなぁ...レジェンダリーやらテンセントやらの組み合わせがもうどうにもならないくらいクソである。断言するよ、クソのドボン、ドボンのクソ、どっちでもいい。
意思の疎通が出来ないせいかな、そこら中に矛盾と未回収がゴロゴロ転がっている、そんな疑問符だらけ。
良かったところは、言語が通じない相手には殴り合いで分かりあおうとするところ。ディアブロスと対峙したら、近代兵器でもやっぱり敵わないところ。

さて三連休中日の日曜日、今日から1/60ゲルググを弄る。とにかくパーツだけはやたらと大きいのでなかなか幅増し、幅つめが出来ないので、基本的には関節のオフセットしつつ、スタイルを出して、まずは普通のゲルググを作るところから。通常だとメガグレードかパーフェクトグレードのザクの関節を流用するところだけど、今回は旧キットオンリーで行く予定。問題は剛性なんだよなぁ...
今日の作業。まずはプラ板工作中心。
・頭部5mm幅つめ。
・大腿部5mm幅増し。
・スカート、最大一番後ろの部分で2cm延長。

ウェーブの軽量エポキシパテの在庫が無くて、実はAmazonもしばらく在庫がない状態。ビックカメラは入荷予定で現在在庫無し。ヨドバシには在庫があったので注文した。注文したは良いけど、この状況で在庫品なので古そうな予感がしないでもない。

| | コメント (0)

2022年7月25日 (月)

ダメージインク。

深夜の模型作業は早めに切り上げて、映画でも見ようかとAmazon prime。Youtubeで宣伝している「ムーンフォール」を見ようと思ったら、公開前でした。
仕方がないので、「メン・イン・ブラック:インターナショナル」を見る。吹き替え版。Amazon prime、なんとなくこの辺のなぜ?感があるけど、まぁ見ていなかったので。
大好きクワイガンジン(リーアムニーソン)がどう考えても出オチの時点で悪役感(裏切り者感)が丸出し。それはそれで。
かなりの部分のCGがインド映画っぽいパロディ感が漂っている。主人公のモリーもなんかこう良いブスのはずなんだけど、宇宙人がいっぱい出てくるとその良いブスっぷりが普通すぎに見えてしまう。褒めるところがどこにも無かったなぁ。要するにそんなに面白くないし、得した気分もどこにも無いかな。最後になんだこれ?って思って登場の吉本坂。もう、お腹いっぱいで時間を返して欲しくなった。ウィルスミスとトミーリージョーンズを使わない上に4作目の続編作製に踏み切る勝算と勇気だけ讃えたい。
最近、特によく考える。人間の想像力は偉大であるという事。どんな恐怖の中にも人が考える、手加減が存在している。
もし仮に宇宙人が地球侵略に来た場合、人間は恐怖なんか感じる前にあっという間に殲滅されてしまうはずである。何?の「な」を感じる前にもう消し飛んでいるんじゃ無いかと思う。だって奴らの目的が殲滅だから。もし「何?」って聞ける間があるならば、それは相手が殲滅ではなく友好か、少なくとも興味がある(生き物として)対象であると言う事なんじゃないかと思う。手加減してくれている時点で奴隷でもハッピーなのかもしれない。
人間の想像力、思考スピード、判断は思っているよりも遅い。嫌な予感がしたら、「な」って思う前に、その時点でダッシュで逃げるのが正解だと思う話。

健康診断。今回から業者が変わって、いろんなところのシステムが変更になっているんだけど、なんか古臭い感じがした。一番、やばい気がしたのはバリウムの味が古いタイプのそれで今風の味じゃ無かった事。久々にバリウム酔いで、一日中、ほぼ使い物にならない状態に。
嫌な予感はしていたんだよなぁ、きっと安かったんだろうなぁ、しかも7月(なながつ)のこんな時期。嫌な予感がしたんだよなぁ。

今日のAmazon便。
モデルグラフィックス 2022年 09 月号 ¥850
モデルグラフィックス、ザク特集、買う。難しい内容か?って言われるとそんな事は無かったという感想。
これまで僕が何度かモデルグラフィックス誌上で遭遇した難しい解釈のザクはなかなか超えられないのかなと思う。
1999年7月号の0079センチネルザク。
次いで1999年1月号の服を着た哀原ザク。
そうして2001年7月号の横縞みゆき氏のザク。
この辺を期待していた分、なんか肩透かしでした。じゃぁ、お前作れよ?作って見せろよ?って言われると、いや、本当にすいません。できません。と答えるけど、雑誌というメディアにはやっぱりエンターテイメントを期待したいじゃないですか。

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

巡り合わせである。

深夜の模型作業は1/48 サンダーボルトアッガイの続き。パーツのチェックをしつつ。捨てサフを捨てる作業を少々。

朝、起きたら、誰も起きてなくて、軽く吃驚するけど、今日は土曜日。娘はチャレンジスクールとかいう土曜学校に行くので、それを送りに行きつつ、コンビニで公共料金を払いに行く。しかし暑い。普通に暑い、実に良い夏である。
暑いけど、午前中は塗装時換気用の換気扇ブンブン回して、そこそこ快適に作業出来るので、頭部の発射孔を作っていく。ここのハッチを開閉式にするか迷っているけど、取り敢えずは穴から作るというか塞ぐ。ここはアニメ版は5連装で手前から1と2がロケットランチャー、3と5がスモーク弾、4がフリージーヤードで弾頭の形が違う。1と2がとんがり、3と5が平、4が丸。
Img_1001
穴はU-バーニアフラット(2)の8.0+U-バーニアフラット(1)の6.0の組み合わせ。
今週はモノアイも弄りたいところではある。

昼過ぎ、娘がスイミングスクール出かけようとしたタイミングでスイミングスクールから連絡。コーチがコロナ陽性で本日臨時休館とのこと。なんか暇になったので、これは何かの巡り合わせという事で、ククルスドアンを見に行くことにした。サクッと予約したけど、7/6まで使えるはずの1000円割引券が使えない、そう特別興行。上映時間は17:10からなので、16:30くらいにはさいたま新都心へ。
結構ギリギリ。さいたまスーパーアリーナの今日のライブはケツメイシらしい。結構な人がお揃いのツアーTシャツを着ていて、真面目な人が多い気がした。
それでも一応ヨドバシカメラは覗く。まぁ相変わらずの散々な状況でした。ガンプラも無い(いや、RGHi-νは結構入荷してた。)けど、他のプラモデルも結構充実感が感じられず。全体的に翳りが見えてきたのかもしれないねぇ。欲しかったハセガワ1/48ホーネット類も無いし、スターウォーズ関連も全然在庫が無かったなぁ。1/48 ビランビーはいっぱいあった。
パンフレットは2冊入りのものを購入。あと買えなかったトップガンマーベリックのパンフレットも買う。2500+880円。ブルーレイ買う気マンマンだったけど、通常盤は既に売り切れ?っぽかったのでパス。後日で。
5週目の入場特典はカットフィルムで劇場版とテレビ版のククルスドアン回のもの。
Img_0998
テレビ版のガンダムでした。このガンダムは可もなく不可もなくのタイプかな。2500パターンくらいあるらしい。
肝心な内容だけど、THE ORIGINに実はもうそんなに期待するものも無いのでどうかなと思ったけど、島の秘密も含めて、普通によく練られた面白い話に仕上がっていた。考えてみれば40年もインキュベーションしてたらそりゃどんなエピソードでも盛り込めるでしょう。
ヤギを中心に最後の方の島に全員集合なあたりがなんか安彦アニメ(漫画版のTHE ORIGIN)っぽいなぁって、好きじゃ無いけどなんか微笑ましくも思う。
このパターンで何本か映画化するかも分からないけど、漫画版THE ORIGINで映像で見てみたい回もあるから、継ぐモノがあるかぎり続けてもらいたいものではある。
見たいシーンとしてはア・バオア・クーのセイラがジオン兵を率いて蜂起する回とかクリケットの回とかそういうところ。安彦アニメに求めるところってそういうところじゃないの?オデッサも映画で繋ぐとマ・クベがそこで死んでも問題ないから出来るといえば出来るけど、漫画版での「哀・戦士」はなんとなくそこじゃないから...って思ったけど、「哀・戦士」歌いたい歌手って結構いそうだから市場はあるのかと思う。マ・クベさんの今度こその水素爆弾も物語的には使い勝手が良いんだろうけど...今、そこでリアルに戦争やっちゃってるじゃない?ロシアとウクライナでオデッサ(オデーサ)で。この筋はおそらく永遠に凍結かなと思う。
結局、ガンダムというよりはむしろ安彦アニメを堪能して、満足して帰宅。19時過ぎでもまだまだ暑い。

| | コメント (0)

2022年5月29日 (日)

たった5分で勝負は決まる話。

深夜の模型作業は1/100 MG ジム・コマンドの続き。仮組みする。
肩幅が狭くて、上半身がちょっと小さいジム。
Img_0967
いつも通り、紙コップにランナー毎にパーツを切り出し、ゲート処理した後、説明書の順番をちょっと無視しつつ、適当にユニット毎組んでいく。
プレバン製のキットの問題はパーツが余る事。このキットもジムスナイパーのパーツがいくつか入っている。先述の方法だと余計なパーツも処理していくので時間がかかるかと思うけど、それほどでもない。ただ余った時、これは本当に使わないパーツなんだろうか?って最後まで疑問符が消えないだけだ。
Img_0966
バックパックはコレ。このバックパックのパーツだけ欲しい。B-Clubブランドでジム用高機動型ランドセルとしてレジン製キットが売られていたけど、巡り合わせが悪くて、結果的には手元に無い。箱組み2〜3パーツで作れそうではあるので、そのうち作る。

さてと朝から暇人、おじさん。
昨日潰した1/24スナッピングタートルのボックスアートを保存したかったので、少し大きめで細長い箱を朝からスキャニングして、2回のスキャニングファイルを結合する簡単な作業...のはずが色が微妙に合わないので苦戦する。
Takarasak5_snturtle01
L版サイズに印刷するだけなので、こんな感じで良いかな。これでボックスアートと一緒にディスプレイ出来るので成仏です。

昼過ぎ、暇過ぎるので、近所のイオンに1人で映画を見に行く事にした。倅も娘もカミさんも行かないという。
それでも興味はあるようで、何を見に行くのか、娘と倅にはしつこく聞かれた。
そんな訳で「トップガン マーヴェリック」を見てきた。
パンフレット、昨日で売り切れただと...訳が戸田さんなので、アドバイザーが付いていても、相変わらずの不安が過ぎる。
これが即ちこのエントリーのタイトルで、おそらく最初の5分間くらいで面白い事が猿でも理解できるように作られている映画だった。1年以上眺めていた映画のトレイラーの疑問符がなるほどこういう風に繋がるのかと。あまりネタバレになるとアレだけど、ヴァルキルマーが出ると出ないだと明らかに映画の締まり具合が違うと思った。デンジャーゾーンが流れたところで日本語訳の字幕が出るのでかなりズッコけるんだけど。 トップガン、公開当時、僕は中学生で沼津の映画館で見たんだけど、当時の主流のシステムの同時上映がなんだったか思い出せず、調べてみたらプリティインピンクだったとの記述があったけど、全然?マークが消えない。多分、友達と一緒に行った気がするよ。西村君、鈴木君あたりかな。元気にしてるんだろうか。

| | コメント (0)

2022年2月26日 (土)

貪る。

深夜の模型作業は1/24 スナッピングタートルの続き。膝直下のふくらはぎ部分、メッシュを貼ろうと思って穴を開け始めたら、4カ所中の1箇所割れた。仮で当てた筋彫りのガイドに沿って割れたので、やっぱりプラの劣化が始まっている模様。流し込み接着剤をパーツに染み込ませながら処理。
BGVはYoutubeでホットゾーンの2ndシーズン、「ホットゾーン アンスラックス」の第1話を見る。9.11直後の混乱の米国での炭疽菌事件、FBIの捜査官視点でのお話。これもなかなか良い。1stシーズンも思ったけど、このドラマの一番の教訓は結局のところ、組織内、組織間の連携の取れ無さ、前例の無い困難な直面に対した際のルールという脆弱性。最終的には軽い嘘と独断に近い形で仕事を進める事になる。もう20年以上も前から教訓として共感得られるのが分かっている事なのに、未だにそれが出来ない訳だし、何よりもその時よりもずっとずっとやりにくい世の中になっている。じゃぁどうすれば良いか?権限の移譲、その一言に限るだけど、それが出来ないのも今の世の中、今の世界、今の日本なんだろうね。あと捜査官の彼女?のブスさ加減が絶妙で好感が持てる。

朝から暇だったのでスナッピングタートルの続きをする。
Img_0398
金属メッシュを貼った。出来は60点くらいかな。この位置にこのサイズで貼り込むのはちょっと無理があったなぁ。あと膝裏がスカスカなので蓋替りとして1/48のMMのジャンクパーツから座席のパーツを貼っておいた。この部分、キットはガラ空きで、設定上は降着フレームが入っているんだけど、今回はそれをオミットしたので、これを土台にして、それっぽくする予定。
Img_0399
スワンピークラッグはこうやって装着するよりも立てた方がカッコイイなぁ、やっぱり。どっちにしても足首がガラ空きなので、脛側の裾のところにマッドガード的なものを追加しようかなと思う。

カミさんが夕方髪の毛を切りに行くと言うので、晩御飯を調達しに家を出て、散歩がてら大宮まで電車に乗ったくらい。基本的に暇なおじさん。

| | コメント (0)

2022年2月24日 (木)

そうだよなぁ。

深夜の模型作業は軽め。ナショナルジオグラフィックのドラマ、「ホットゾーン」の続きを見る。見ている最中に、あれ、結局、この原作のオチってアレか?って思い出す。

今日はマンボウ絡みの娘の学童登園自粛対応で、午後帰って来た。木曜日の午後、早々と帰ってしまうのはただただ気分が良い。
何か新しい事でもしようかと思ったけど、思っただけでした。

| | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

思っていたよりも面白かった。

深夜の模型作業は1/24 スナッピングタートルの続き。どうしてくれようかと悩みつつ。寒いのを理由に塗装を進めないので、それまでの間は弄っていこうかなと思う。

そんな中、作業中のBGMがてらにYoutube で無料公開されているナショナルジオグラフィック版のドラマ、「ホットゾーン」をなんの気なしに見始める。第一話。馬鹿に出来ないくらい面白かった。よく出来ているなぁって思う。「ああ、それやったら、だめだ。」みたいなギリギリのシーン、アウトなシーンの連続。年代もちょっと古めの設定なのかな、機器類もみな古くて、それっぽい感じだ。ただあんまり出てこないなって思うのは、手洗いシーン。結局、清潔にする事が最も大切だと言われているのだから、そこのところはこのご時世でも重要な要素なのだから、ちゃんとシーンに盛り込まれると良いのになって思う。1stシーズンはエボラでこれから始まる2ndシーズンは炭疽菌。炭疽菌事件の頃、英会話で炭疽菌の話をして、アンスラックスのLiveを見に行った事があるというオチの話をしたのをちょっと思い出したんだけど、なんか記憶が曖昧だ。郵便物に炭疽菌っていうニュースは9.11以前の話?以後の話?米国の炭疽菌事件は以後の話のはずなので、その時には僕は英会話を既にやって無かった気がするんだけど、どこでどうなるとこの記憶が繋がるのか、もう謎過ぎ。

| | コメント (0)

2021年12月27日 (月)

年末だ、忘れてしまおう。

深夜の模型作業は1/100 MGアッガイの続き。本体のフレーム部分をコクピットから出し入れ出来るサイズにヒートペンで切り取りつつ綺麗にする続き。内側の空いている穴は基本的にプラ板で塞いでいく。
Img_0174-2
涎掛け?パーツのサイズも調整。前側が3cm、後側が6cmで調整。このパーツ、前回は接着してしまったけど、今回は取り外しが出来ないとコクピットの出し入れが出来なくなってしまうので、ちょっと考え中。背部と繋がる部分ではあるので、よく考える。
何にしてもアニメ版とは違うけど、既に1個あると「ここ、どうしたっけ?どう線を繋いだんだっけ?」って間違っているかもしれないけど、現物を見ることが出来ると楽だと言えば楽。過去の僕、実に頼しい。

月曜日、仕事、いろいろあるけど、例年に比べたら随分と楽だなぁ。例年、休み前にあまり成績の良くない細胞融合して、休み明けに少ないクローンのクローンピッキングがあるという憂鬱な正月を過ごすことが多かった。今年はタイミングがズレて、それが無いとなると何と晴々しい事か。

今日の本屋さん予約の引き取り。
Img_0173-2
Get truth 太陽の牙ダグラム 1 プラモデル付き特装版 (ビッグコミックススペシャル) ¥2970
太田垣ダグラムの1巻。高いか、安いかと言ったら多分安いと思う。プラモデル付き。漫画はフルカラー。
実はMax factory製のダグラムを作った事が無いので、キット構成がどうなっているかよく分からないんだけど、バンダイの食玩のスーパーミニプラよりも普通のプラモデルだった。ターボザック付きは普通にキットとして売るんだろうなぁ。
漫画に関して言えば、ダグラム自体を知らない人はこの漫画をまず手に取らないだろうから、敷居は高いだろうけど、知ってる人からすればこんなに理解の早い漫画は無いという、作者にしてみれば、説明が不要で描きたいところを描きたいように描けるから、実は楽だったりするのかなって思った。あとはデイジーの眉毛が無いのがとても良いです。

帰って来て今日のWowowのBiSHのライブを録画するのを忘れた事に気が付いて天を仰ぐ。昨日の寝る前までは覚えていたのになぁ。

| | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

どこまでも続くのである。

深夜の模型作業は作業机のお片付けです。今年中に一回CDを整理したい。A to Zで並べ直したい。一番最後に並べたのは結婚して引っ越した時以来なので2005年10月の話なのかな。まぁ何にしても一回棚卸しがてらやっておこうと思う。

今日のAmazonプライム。
ついこの間、続編の2の上映が始まったばかりのヴェノム (吹替版)の1作目を見た。評価高めなだけあってよく出来ていると思う。面白い。やっぱり主人公がダークヒーローで、「ああ、結局、僕も同じ負け犬だ。」って主人公とそこかしこで共感出来るところが良い。ダークヒーローなアメコミよろしくオチがオチずに一本では終わらない、終わらせない、幾つもの伏線のある起承転結の「起」になってしまうあたりや、コンビニのシーンで冒頭とエンディングで韻を踏む当たりとか、まさにマーベルコミックなのだ。ヒロインの謎なちょいブス具合もなかなかな味である。続編の2を見たいか?って言われたらそのうち見たい、そんな負け犬なんですよ、僕は。

久々に昼飯抜きでお仕事。月曜日、12月、寒い。

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

いい冬らしい。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。レタッチを少々。完成に向けて少しでも動かないとなぁ。剥がれてしまった塗装もここでなんとか挽回するのだ。

そんな訳で今日のAmazonプライム。
オール・ユー・ニード・イズ・キル(吹き替え版)
トムクルーズ主演のタイムリープもの。戦う、死ぬ、目覚めるの繰り返し。実際かなりの部分がそこにネタバレが集約される。どこがどうとか書くとネタバレが過ぎるので、書かないけど、思っていたよりも何倍も面白かった。まず異星人に対する人類の無力さが圧倒的で、その中に活路を見出すための人類のチート作業の設定が良い。なんだろうね、気持ちいい。なかなか死なない主人公役の多いはずのトムクルーズがこうまで簡単にタイミングが悪いだけでバンバン殺されるのを見ると実は普通の人な気がして好感が持てる。タイムリープモノでやる気スイッチ全開なところがトムクルーズらしいといったところかな。
日常生活も繰り返してればいつかプロフェッショナルになれる気がする。この映画の主人公は死ぬ気で頑張るんじゃなくて、実際繰り返し死んでしまって学習するので、それとはまた違ったもう一歩踏み込んだ圧倒的な差がそこにあるので真似したり、教訓にしたりする映画ではない。軽い気持ちで見る事をリコメンド。

月曜日、寒い。いい冬みたいだ。やる気スイッチは無い。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/100 GGI パトラクシェ・ミラージュ 1/100 MG MS-06F2 ザクII F2型 1/100 MG MS-07B グフ (ver.1.0) 1/100 MG MS-07B3 グフカスタム 1/100 MG MS-09ドム 1/100 MG MS-18E ケンプファー 1/100 MG MSA-0011 Sガンダム 1/100 MG MSM-04 アッガイ 1/100 MG MSM-07 ズゴック U.C.0096 1/100 MG MSN-04 サザビー 1/100 MG RGM-79 パワード・ジム 1/100 MG RGM-79GS ジム・コマンド 1/100 MG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版) 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.2.0 メカニカルクリアVer. 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0 1/100 MG RX-78GP03S ステイメン 1/100 MG ジムライトアーマーC 1/100 RE/100 MS-06FZ ザクII 改 1/100 YMS-09D ドム トロピカルテストタイプ 1/20 スコープドッグ 1/20 スコープドッグターボカスタム 1/24 スコープドッグ 1/24 スナッピングタートル 1/35 OBSOLETE EXOFRAME 1/48 MSM-04 アッガイver.サンダーボルト 1/60 FF-X7-Bst コアブースター 1/60 MS-14 量産型ゲルググ 1/60 PG RX-178 ガンダムMk-II 1/60 PG RX-78-2 ガンダム 1/72 SVF-41 BLACK ACES 1/72 VF-1J バルキリー(TV版) Blu-ray Disc DVD iPad iPod Tシャツ はじまり ひみつ道具 アクセス解析 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ガチャガチャ ガンダムアーティファクト ゲーム コンピュータ ザリガニ(ざりがに) スターウォーズ スノーボード スポーツ テスト デジタルカメラ ニュース パソコン・インターネット ボトルキャップ レゴ 仮組み 写真撮影 実家 携帯・デジカメ 携帯電話 文化・芸術 旅行・地域 昔の日記 映画・テレビ 普通の日記 書籍・雑誌 模型 漫画 無駄使い? 甲殻類 経済・政治・国際 観察日記 調色配色メモ 趣味 音楽 食玩