音楽

2019年7月26日 (金)

忙しいのか、忙しくないんだか。

朝起きて、吃驚。いつの間に寝ていたらしい。むう。何も進んでいない。
早々に会社に行こうと思ったら、二重家賃の期間だったのを思い出し、慌てて、ネット経由で振り込み。しかし暑い。
急いで会社。仕事、山積み状態もおそらくこれでファイナル。一段落。それも覚悟していたのに意外とすんなり進んであっという間に終わってしまった。インキュベータの中は細胞クローンの山になった訳だけど。

それでも早めに帰れたので、711でチケットの発券をする。PRTでダメもとで予約した12月のKISSのファイナルツアーの東京ドームのチケット。番組中に電話で予約後、払い込みはしたものの、その後の水疱瘡パニックで発券出来ずにいた。店員さん、東南アジアンタイムだったので、実にそっけなく、チケットを出してくれる。SS席が既に売り切れでさてどうしよう状態の本当に出遅れのダメもとでPRTのS席予約をしてみたんだけど、一応、地獄のアリーナ、D-14ブロックの後半。A、B、Cの中央がSS席なので、なかなか良いところではないかと思う次第。前回、東京ドームで見たのは2001年3月13日でアリーナのC-3ブロックだったらしい。それよりは後ろっていうことだな。まずは確保、安心なんだけど。

早めに帰ってみたら、今日は娘が保育園の夕涼み会なので、遅めということでカミさんがなんだか寂しそう。お泊まり保育ではないので、8時半くらいにはお迎えに行く訳だけど。
迎えに行った娘、僕がいるのすらさっぱり気がつかないくらい楽しかった模様。まぁそういうもんだろうな。

 

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

返ってきたイヤフォンと。

深夜の模型作業は無しにして、10日が締め切りの報告書をうちで仕上げる。これがかなりの難物で、何より頭がさっぱり冴えていない。ここまで文章が出てこないか?っていうくらい出てこないダメモード。何とか仕上げるけど、結論から言えば誰も読まない報告書に時間をかけるのは無駄。体裁だけを整えるのも無駄。そんなところだ。

久々に会社。正直、まだ何かに感染している状態ではある。若干狂ってると言えば狂ってる。
会社の落し物コーナーから僕のイヤフォンを回収。無傷。素晴らしい。いい人万歳。

今日のAmazon便。
モデルグラフィックス 2019年 08 月号 [雑誌] ¥802
歩くオリモノ [MURDERCD-181] / 流血ブリザード ¥2421
先日のライブで物販では買えず、もう本当にダメかな?っとダメ元でAmazonで注文してみたら、すぐに届いた流血ブリザードのベストアルバム。勢いで買ってみたものの、ライブだからこそ、楽しいのかもしれないと今となっては思う次第。

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

The WiLDHEARTSを見に渋谷に行ってきたのだが。

Img_2792
詳細は後日に書くとする。
オープニングアクトの流血ブリザードは何年か見ているけど、なんだかとてもタイトで良いライブをするようになった気がする。普通に楽しいし、カッコイイと思った。
事件は同時にその会場で起きていた。
一つ目は外国人の酔っ払い。客入れの時から、ちょっと目についていたんだけど、途中、フロアにコップに入った強めの酒を持って行くのが見えた。この酔っ払い(酒だけではない気がする)が騒動の発端になるかとも思えたんだけど、そこじゃなかったんだ。
二つ目はジンジャーの体調が悪くて、不機嫌なのか、不機嫌で体調が悪くなっているのか、正直、分からないけど、メンバーが出てきて、ショーの始まりが遅れると話し出した。そこからしばらくして嵐のようなライブが始まる。まさに事件。このあたりが珍しく後ろから見ていたT君の予想通り。僕らの周りではただただ呆気にとられて、ただただ僕はどんよりとしていた。これは一つの時代が終わったのかもしれないと思った。これはこれで緊張感があって、楽しいと言うよりは、見てよかったと思う。それだけ。ここ数年、僕はジンジャー関連のライブで外れを引きまくっていて、結局、今年もそのジンクスのまま外れというか当たりを引いたようだ。

終わった後、ご意見番のYさんと会うと「面白かった。まるでプロレスみたいじゃない?」と言う。そう確かにその通りだ。
残された僕とNさんとSさんで反省会がてら、道玄坂の頂上付近の塩ラーメン屋でラーメンを啜る。結局、音楽ビジネスというのは非常に難しいところにあって、もうとっくの昔に成立していない状況が起きている。特に洋楽の置かれている状況は非常に厳しく、小さいレーベルは好きか好きでないか、それくらいの社長の酔狂でなんとかやっているのも事実だろう。この一連のプロレスのような騒動、結果としてみれば、この小さな島国のレーベルから円満に離れる口実、お互いのための新しい一歩を歩み出すための一つの演出だったのではないだろうか。良いように考えればそんな感じなんだけど、始終MCでの悪態のつき方から考えれば、ここから2〜3年くらいは見ることが出来ないってことなんだろうね。

何にしても、何かとんでもないものを見たのは事実だった。これはこれでかつてのThe WiLDHEARTSっぽいって言えば、そいうことなんだろう?

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

なんだろう、本心からはちょっと遠い。

相変わらず、股関節が痛い。長時間座っていると変に荷重がお尻にかかるせいか、立ち上がると激痛。立って、少しストレッチすると入る感じ。こまったものです。
会議、ミーティング、勉強会、何となく上の空。

今日のAmazon便。
ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray] ¥3538
【Amazon.co.jp限定】三毒史(初回限定生産盤)【特典:ステッカー付】 限定版 / 椎名林檎 ¥3888
カートに入りっぱなしだったボヘミアンラプソディと一緒に椎名林檎のニューアルバムを注文。Youtubeに上がっていたMVの「鶏と蛇と豚」がまるで何か一昔前の角川SF映画のようでパンチ炸裂。

オリンピックのチケット販売、そろそろ最終日。IDすら取っていなかたので慌ててID申請。チケット販売サイトは40分待ちという状態。深夜の馬鹿力が終わる3時くらいにつないでみようか。

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

米津玄師を見に幕張メッセへ行く。

いつの間にか寝てしまい、結果として何もせずに、月曜日の朝が来る。雨。それでも昼過ぎには晴れるという。
仕事も適当に、明日できる事は明日やればいいのだ。早めに上がって、幕張メッセまで。雨は予報通りに上がっていた。
米津玄師を見に行く。今年の初ライブが米津玄師になるとは思ってもみなかったのだが、これも巡り合わせというか。来月のExtreme the DOJO vol.33のPhilip H. Anselmo & The Illegalsを見たいところだけどなぁ。取るタイミングを逸して今のところチケットを取ってない。

幕張メッセ、久々の上に、これまた久々に電車で行くことにしたんだけど、実に遠い。うん、約1時間半くらいかかるんだよね、埼玉から。東京経由で行くか、南浦和から行くか、ふた通りの路線があるんだけど、どっちも同じくらい時間がかかる。遠い。

駅から会場まで歩きながら周りを見ると客層が実に若いし、女の子が多い。おじさん、最年長に近いんじゃないか。客入れの状況がいまいちよく分からなかったけど、それなりにスムーズに入場。1万人くらいいたんだろうか、なかなかのイベントの様相。スタンディングでこの人数さばくのか?っていうくらい人がたくさんいたが、女子多めなので、結構、ゆったり見ることができた。
開演前に女の子3人に男の子1人グループが隣にいたんだけど、その男の子が今の仕事の話をしていて、そのうち「仮想通貨が、ビットコインが、暗号が、買取が、バックが。」と話をし始めて、実に今時だなぁって思った。女の子のうちの1人がおそらく彼女で「勧誘すんなよ。」って諌めるあたりも実に微笑ましい。

ほぼ開演時刻にスタート。「Flamingo」のCDのツアー?なので、表題曲の「Flamingo」からスタートし、「Loser」でひと盛り上がり。演出がかなり凝っていて、おそらくアリーナツアー用に作られたプログラムなんだろうけど、かなり豪勢な作りだった。ダンサー有り、マーチングドラム有り。何よりサウンドがクリアなので、違和感というか、途中で気がついたんだけど、今時、やっぱりこのクラスの会場でもレーザーでデジタルなサウンドをバンバン飛ばしている模様。
本編の最後は「Lemon」でレモンの匂いがするという今まで体験したことが無い演出まであった。確かに海外、特にヨーロッパ、ドイツのクラブシーンでは泡だったり、匂いだったりとそれこそ五感で感じる音楽が提供されるという話を聞いたことがある。これはさすがに普段僕の行くライブにはない演出だと思った。そもそも僕の行くライブは酸っぱい匂いか、加齢臭か、あるいは歯周か、だいたい死臭か。
アンコールで聴きたい曲だった「クランベリーとパンケーキ」をやって、菅田くん無しの「灰色と青」でお終い。DAOKO無しの「打ち上げ花火」は無かった。
途中のMCがかなりグダる感じ(これはしょうがないし、分かる気がするので許す。)があったけど、「2018年の自分が売れていく姿を山火事を見ているように傍観している自分が居て。」っというくだりが実に良かったなぁ。
楽曲に差、バンド形式の曲とそうでない曲、それ以前の曲とのライブ映えの差があったり、歌詞の言葉の選び方が売れる以前と今ではかなり感覚的に違うとか、誰が仕掛け人なのか分からないけど、売れ筋の音楽に群がる恐ろしい数の人がいたりと、いろいろ考えるところはあるんだけど、総じてライブ自体は良かったし、面白かった。ただやっぱり平日、幕張メッセは遠い。うん。

アルバイトのスタッフがKENスタッフの青いジャンパーを着ていた。懐かしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

ごくごく普通の月曜日だったはず。

寝る間際でも無く、深夜、深夜の馬鹿力待ちしている間にTwitterをぼんやり眺めていたら、The Prodigyのキースフリントが亡くなったと言うニュースが話題に。よくよく見れば自殺という話のようで、また悲しい気持ちにドーンっと沈む。radicoから流れる深夜の馬鹿力の伊集院光がちょっと前にThe Prodigyのカニのアルバム、THE FAT OF THE LANDが好きだという話題をしていたのも思い出される。いろいろやろうかな?って思っていたことも全部止めて、寝てしまおうかと思う。ニューアルバムが実に心地よいアルバムだったし、また日本公演があれば行ってみたいと思っていたところだったので、ただただ残念。90年代の僕のロックアイコンがまた一人逝ってしまった。合掌。

そんなわけで仕事の方もそれに引っ張られる形でのんびりとぼんやり過ごす。とりあえずはしばらく僕の人生のThe Prodigy回顧録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

まだまだ迷走中。

テンション下がり気味。
朝から不動産屋さんにメールを書きつつ、ちょっと遅めに出社。基本的にのんびりモード。
結局のところ、ほぼ振り出しに戻ったのかもしれない。まぁ仕方がないのかな。巡り合わせが悪いとしか。

今日のRound records store便。
・The Wildhearts (2018 Remaster) - 2 Disc CD Digibook (pre-order) £43.69
バッジ付き。先に届いていたG·A·S·S· Mark II - CD (pre-order)と一緒に注文したので、この値段。結構、高くついた気もするなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

これは珍しい事態。

深夜の模型作業はWarhummerのおまけのおじさんをフラットブラックで塗る。このフィギュア、雑誌のおまけとはいえ、Warhummerブランドなので、黒一色とはいえ、塗るとモールドがグッと引き立つ。恐ろしいなぁ、Warhummer。大きめのフィギュアとか買っちゃいそう。
本塗装前に予習、復習しなくては。深夜というか、実は朝方。

昼間、会社でアナウンスがあって、「ニューシャトル、脱線?パンク?終日動かない。早めに帰っていいから、最寄りのJRの駅まで歩け。」とのこと。どうやら加茂宮〜鉄道博物館のところで脱線。新幹線やら在来線の架線の問題でどうにもならない模様。
そんな訳で最寄り駅まで歩く人が多数。僕も帰り道、同僚をテクテク案内しながら帰宅。

今日のお買い物。
・The Wildhearts - Renaissance Men Signed CD ¥1842+814
ニューアルバム、サイン入りCDで一応予約購入してみました。paypal経由で支払い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

それはそれ。これはこれ。

今日から3日間、カミさんが横浜で仕事なので、僕が子供達の送り迎えをする。加えて今日は倅のクラスに出向き、親子クリーン活動という、いわゆるボランティアに参加。そんなわけで一日お休みして、のんびり過ごす。娘を送った後、家事を少々して、模型作業を少々。1/20スコープドッグの続きでトップコートのやり直し。リペイント分含めて、トーンを合わせる意味でもほぼ全身。大まかに分解してささっと3回ほど。今回はフィニッシャーズのスーパーフラットコートを使ってみることにした。これでほぼ完成...っと思ってチェックすると、このタイミングでウェザリングカラーの拭き取りが甘いところが見つかるという事態。トップコートしている最中に初めて気がつくことって多いんだよなぁ。仕上がらないアルアル。

昼飯後、本屋に寄ってちょっと物色。
モデルグラフィックス 1月号 ¥802
機動戦士ガンダムNT ¥778

ボランティア活動に関しては初めて、給食後の彼らの姿を見たけど、まぁ汚いなぁ。あっちこっちに食べ物が落ちていて、豚小屋のようだ。新任だった担任の先生も青臭さが抜けて随分と逞しい感じになった気がする。

今日のAmazon便。
これからの麺カタコッテリの話をしよう ¥2475
マキシマムザホルモンの新譜は「本」というフォーマットらしい。

晩御飯、娘は焼肉に行きたいらしいが、うーん、どうだろうっていうことで、ピザーラ。すみっこぐらしの皿がもらえて、娘だけが大満足の模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

いろんなものが怖い。

まんじゅうとか、カップラーメンとか、炭水化物とか、アイスとかね。世の中にこわいものが溢れかえっているのだ。

今日の直送便。
Img_2474
NO TOURISTS / THE PRODIGY £17.5(送料込み)
現在、日本盤の情報は後日発表予定となっているTHE PRODIGYのニューアルバム。今すぐ聴きたいのでTHE PRODIGY STOREからCDを購入。サイン入りのセットリストのコピー付き。折れないようにボール紙の封筒に入っていた。Paypal経由で払ってしまったので、微妙に手数料が高くつくんだけど、まぁ仕方がない。日本盤も出るんならそのうち買うんじゃないかな。

今日のPledge便
Legion Of Flames (Re-Release) / Zimmers Hole
Zimmers HoleのRe-Release盤の再リリース盤。20曲入り。元のCDは確かに持っている。釣られた。買った。そんな感じ。Zimmers HoleもFear Factoryも最高。気分が上がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧