模型

2021年9月17日 (金)

要するに金曜日だ。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。サフ吹き終わる。ただ塗装中にまた色々気が付いてやり直すところも出るかと思う。妥協するかもしれない。ついでに装甲裏、足の裾、スパイクアーマーの裏、スカートの裏を白+タンで塗っておく。

流石にここ数日3時過ぎに寝ていたので、早めに寝ようと思っていたのに午前3時。馬鹿かと。
朝、当番仕事があったので、いそいそと出かけるが、間に合わず。本当にごめんなさい。

帰り道、雨が降らない事を祈りながら本屋へ。その前に銀行のATMへ。
Img_4064
Armour Modelling(アーマーモデリング) 2021年 10 月号 ¥1478
エアブラシ&東雲うみ特集。Amazonで買えなかったので、慌てて町の本屋に駆け込んだけど、いつもより多めに積んであった。今見たらAmazonで買えるようになっていた。
・呪術廻戦 9〜10巻

今日のAmazon便。
SENJUTSU / IRON MAIDEN ¥2887
買いそびれていたIRON MAIDENの新譜、入荷未定だったゲートホールドの輸入盤が届いた。このタイトルで日本公演が無いのはどうかとも思うけど、次の日本公演、果たして僕が生きている間に実現するのかさえ、分からないのがこのご時世。ニューノーマルとか言う奴、糞食らえだ。

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

自分がそう思えないんだからそうだろう?

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。サフのゴールが見えてきた気がする。あと1箇所くらいのはず。いや、もう1箇所か。

会社、水曜日なのに月曜日な感覚。加えて、来週がまた変則な日程で土曜出社とかになっていたので、もう休んでしまう事にした。子供達の習い事対応は僕がのんびり担当すれば良い。
昼過ぎ、twitterで八月大戦2021の結果を知る。今年は2部門出したけど、残念、どちらも入賞せず。まぁそりゃそうだよね、年々戦い方が難しくなって来ているけど、むしろちょっと見えて来たかな。来年も頑張ろう。それだけ。ここ数年で傾向がまた変わって来ているし、むしろ僕が得意としているところに皆が注目するっていうところだ。要するに「これ、凄い。」って物を作るしかないのだ。なかなか出来ないけど、アイテム選択を踏まえて、まずそこでゴリ押す。
これまでの傾向を自分の作品踏まえて傾向で見ていく。八月大戦の戦歴と反省も踏まえてちょっと分析しておく。
2000年 1/100 MGザク改造のグフカスタム
2001年 1/100 MGフルアーマーガンダム
2002年 1/100 MGステイメンイボルブ版
2003年 1/100 MGジムライトアーマーC型
2004年、2005年はちょっとお休み。風邪+結婚式準備とかで仕上がらず。GP02を作っていたけど、完成せず。
ここまでは仕上げや塗装よりは「作りたいものを作ってみた」的な気持ちが多い。周りを見てみると工作技術もさる事ながら塗装技術が凄いものが多かったし、派手なもの、特に赤系が受けが良いように思いました。周りが見えていない典型的なパターンだったと思う。
2006年 1/24レッドショルダーカスタム(銀)
ここで初めて賞(銀)をもらえた訳だけど、それまでのガンプラで鳴かず飛ばずでちょっと奇を衒うためにスコープドッグ。それがたまたまハマったってところかな。まだペールゼンファイルズも映像化されてなかったので、レアな旧キットを引っ張り出して来て「おっ懐かしい。」的な策。
2007年 MGクロスボーンガンダムフルクロス
ここでガンプラをまた作るというか、完成品を見たことが無かったので、つい出来心で作ってみたこれを持っていった。この辺りから見てくれている会社の人の意見を色々参考にするようになって、自分の作り方を修正し始めるようになった気がする。人に評価してもらう、見てもらう事を意識し始めたのかな。
2008年 1/20 スコープドッグメタルスペック+ラウンドムーバー付き
意識し初めて、作り方を変えてみて、結果、ガンプラの作り方のまま1/20 スコープドッグを作ってみたら、そりゃズレてるよ...って今見てもそう思う。あとは丁度ペールゼンファイルズの関係で1/20も1/24もキットが潤沢に市場にあったので、アイテムがバッティングして明らかに工作技術的にも塗装技術的に見ても負けている感じが目に見えて分かっていた。これも良くない傾向かな。唯一性、やっぱり目立つ作品は重要。
この頃の入賞の傾向は塗装の技術も重要、あとは大きめのキットの見栄えの圧倒的な見栄えの良さかな。
2009年 1/60 PGガンダム
流石に煮詰まって、アイテムから考え直す事にした。注目すべきはやはりガンダムで丁度お台場に初代の1/1ガンダムが立っていた頃の話だったので、傾向に合わせてPGガンダムを作る事にした。どうせなら全部のせにしたかったので、武器セットも買って、最終決戦仕様にしてみました。塗装も全部白で塗った後に塗装剥がれの表現(チッピングとは違うかな)を入れてみました。結構、満を辞して持っていったけど、周りを見るとやっぱり微妙な感じがした。並べてみるとなんか浮いているというか。台座をアクションベース以外で付ける事にした初めての作品。
2010年 1/60 PGガンダムmk2(総合優勝)
前年度PGガンダムでダメだったので、こうなったらヤケクソで毎年PG作ってやろうっていう気持ちが生まれて、順番にガンダム系を作っていく目標を立ててみた。そんな訳でPGガンダムmk2の黒い方を選択。過去の雑誌作例、ネット上の完成品画像、とにかく集めまくって、どうするか考えてみた。
ここで金賞じゃない総合優勝というこのあと見たことがない賞をいただくことになった。マスキング頑張ったで賞。正直、ここで何か残せなかったら、もう何していいか分からなくなっていたかも。ただここで賞を取れなかったら、多分翌年PGガンダムmk2の黒い2号機を作っていたと思う。そうしてそのまた翌年3号機...多分。無印良品のアクリル写真パネルでを台座にした初めての作品で、これ以降は頻繁に使うようになる。
2011年 1/60 コアブースター(金)
塗装頑張らなくちゃダメなのは分かったし、アイテムの選択も重要だって分かった。ただここでちょっとまた病気が出る。「欲しいものを作りたい。」っていう2000年の頃の作りたいものを作る病。どうしても作りたくなっちゃったのが1/60 コアブースター。最初は型取って複製して、2機揃えるとか思っていたけど、思っただけで良かった。現実が見える、そんな大人になりつつあったのだ。塗装も塗りたいように塗ったけど、今思えば塗り直したい気分が沸々してくる。ただこの頃、地震があって、日本全体に余裕が無かったせいで、作品数も極端に少なかったように思う。たまたま貰えた気がしないでもない。これもマスキング頑張ったで賞。
2012年 1/100 MG Sガンダム(店長賞)
作りたいものを作る病が再び再発。僕の青春のガンダムはSガンダムなので、これがどうしても作りたくなってしまった。塗装はやっぱりマスキング頑張ったで賞狙いで、結果、店長賞をいただく。ネット上にある綺麗な完成品をかなり意識して作ったので、今見ると結構つまらないように見える。
2013年 1/100 MGズゴックUC版(銅)
実際のところ、赤くて大きいMSは綺麗で見栄えがいいので、賞を取りやすい傾向が続いてたので、MGサザビー(旧)を作っていたけど、娘が8月に生まれるタイミングに模型を弄っている訳にいかないので、仕上げるのを途中で諦めて、それまでにクラッキング塗装の習作として作ったズゴックUC版を持って行った。
ちょっと考えたのは付属の1/100のジオン兵を塗って、台座に置いてみた。これでMSと人とのサイズ感を見せると、見ている人の気をひけるんじゃないかと思って。全く想定してなかったけど、賞が貰えて、なんか申し訳ない気分だった。台座に天然木の木端を使ってみたけど、これは「台座が高い方が良い」という記事をどこかで読んだので、ついっていうか、無印良品のアクリル写真立てを買っている暇も無かったっていうのかな。
2014年 1/100 MGサザビー(金)
これを作っている最中にVer.kaが出てしまい、気分的にしょんぼりしながら作っていた。当然、持って行ったらMGサザビーがいくつもあるという一番「やってしまった。」パターンだった。ただ結果は良かった。大きくて赤くて綺麗なMSに仕上げたかったのに、なぜかチッピングを入れてしまうという今見ると塗り直したい気分が沸々してくる作品に仕上がってしまった。水性アクリルカラーでエアブラシできる環境を作る事も目標にして、それは達成出来たかな。
2015年 1/100 トロピカルドム
再び作りたいものを作る病。旧モナカキットを仕上げてみたくてトロピカルドムを作ってみた。引き続き水性アクリル塗料で仕上げる事を目標にする。
泥んこ、ドブみたいな色のMSはやっぱり見栄えが良くないです。
2016年 1/48 サンダーボルト版アッガイ
いろいろ思うところはあったんだけど、やっぱり作りたいものを作る事にして、1/100 MGアッガイを真にしてサンダーボルト版アッガイを作る事にした。手足がほぼレジン製になるので、ポーズは立膝にしゃがみで固定。しかしながら、レジンが収縮して、作っている最中でも歪む。展示してもらっている最中からなんかポーズが変?な感じになってしまって、結果、なんとなく残念なアッガイになってしまう。これはちょっと残念過ぎるので、回収後にポーズ修正も兼ねて改修して、今のところはちゃんと座ってくれている。もう一体作る気満々でレジン製パーツも複製済みなんだけど、なんかちょっと冷め気味ではある。この計画もどこかでちゃんとした形にしたいところではある。ドブみたい色はやっぱりダメだと思っている。
2017年 1/100 MGガンダムver.3.0
フルハッチオープンのガンダムを作りたくて、1/48で計画していたんだけど、メガの作りって模型じゃなくて家電に近くて、剛性上だめな事に気が付く。剛性を考えると1/60か1/100ということで、手持ちの1/100 MGのver.3.0ベースで作ってみた。HJ誌作例の作り方を参考にしたのでほぼそのまま。フルハッチオープンの作り方はこれで分かった気がした。塗装に関して言えば、2012年のSガンダムと同じ色に塗ってみたので、これはこれでなんか達成感はあった。達成感はあったけど、もっと自分らしく作らないとダメってことだ。
2018年 1/20 スコープドッグターボカスタム(金)
2018年はちょっどイエサブとtamtamの合同企画コンテストでP1グランプリが開催されてそちらに1/20 ペールゼンファイルズ版のスコープドッグを出していた。それに合わせる形でこの1/20 ターボカスタムを作っていたので、それをこちらに出品。作りとしては並べる気満々だったので、ほぼ同じように塗っているはずだけど、ペールゼンファルズ版よりは少しは塗料の使い方が分かってきたせいもあってか、上手くできた気がした。ドブみたい色も最初の下地の色にフィルタリングしていくと綺麗に見えるような気がする。特に緑は綺麗に見える。筆塗り、筆ムラもビビることなく行けるようになった。メタリックカラーも筆塗り出来るキモの太さが得られた気がする。
2019年 1/20 スコープドッグ マスターファイルドクロ
マスターファイルにあるドクロ塗装に痺れてしまったので、それをやってみる事にした。結果として微妙な仕上がりになる。これはこれでかっこいいモチーフだと思うので、そのうちリベンジするつもりでいる。ただ水性アクリルカラーにちょっと限界が見えて来たのも事実。筆塗りで作る塗膜は時間がかかるのに気がついた。この辺までが大作よりは塗装技術に重きが置かれている傾向があった気がする。
2020年 1/20 スコープドッグ マスターファイルスワンピークラッグ(銅)
マスターファイルあるスワンピークラッグ付きに痺れてしまったので、それを作ってみる事にした。ザックもマーシィドッグっぽいものにしようかと思ったけど、プラ板工作が無性にしたくなったので、パラシュートザックをフルスクラッチで作る事にした。
塗装自体は2018年のパターンで見えたところがあるので、それをラッカー塗料で再現。作品数が多く、大作も多かった。大きいものはやはり目を引く。目を引くと見ている時間が長くなる。見どころ満載で夢中にさせるのは絶対的に大切。

2021年の反省。
正直、スコープドッグの入手に難儀していたのも事実でなかなか決まらず。完成品があるものから順番に出してみたというところだったので、結果はそこでもう見えていたのかもしれない。
1/72でバルキリーは見栄えがね、やっぱりちょっと物足りない。1/48くらいじゃないとやっぱりダメでしょう。逆に言えばこれはここじゃなくて、ハセコンの方に出せば色んな意味でワンチャンあったかもしれないとは思う。これ、なんと20年前の模型なんだぜ?
1/72のハセガワバルキリー、サイズ感がとても良いので、まだまだ買うし、作り続けるつもり。バルキリー作るの得意になりたいのだ。また持っていく事になるかもしれないけど、その時はその時で作戦を考える。
1/100 RE/100ザクFZやっぱり作り方を間違えたかなって思う。もうちょっと世間的にザクFZの作品数があって、こなれたところであのカラーリングだったらもうちょっと受けが良かったかもしれない。このタイミングで作るならばポケ戦バーニィ版で作るべきだったかもしれない。良い言い方をすれば生まれるのが早かったんだと思う。ただバーニィ版のポケ戦カラーだと、ドブみたいな色になってしまうのと、どうしてもそこにその色(例えば赤)を置きたくない指定があるのが嫌だったんだ。きっとザクFZ自体を僕が好きじゃなかったんだと思う。

来年はどうしようかな、大作志向が強くなりつつある。そうなると大きいものをフルスクラッチするべきなんだろうな。やっぱり1/48くらいが良いのかな。たやっぱり赤くないとダメなんだろうなぁ、でも赤いスコープドッグはどうしても作りたくない。やっぱりスコープドッグはドブみたいな色で塗らないと。

 

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

まぁ仕方ないよね。

深夜、Amazon眺めながら、ポチる。主にCD関連、迷いに迷って、外付けHDDのケースも一個買う。

なんか最近、あんまりパズドラを真剣にやっていないせいか、夢でパズドラのドロップを回している事が多い。パズドラの神様が怒っているのかもしれぬ。
そんな訳かどうか、分からないけど、ビビっと来る。その方向にあるのはHDDのジャンク箱。ああ、そうか、そう言うことか。
引っ越して来て、HDD3号機(バッファロー製2TB、2012/7/26購入)がカリカリ音の後、動かなくなってしまって、そのまま放置してあった。今回のHDD4号機(WD製4TB)はおそらく基盤が死んでいる。ここから弾き出される答えはニコイチである。
両方とも既製品なのでケースを開けるのに少々手間取るけど、HDDの復旧関連のサイトのおまけなのか、外付けHDDの分解集サイトみたいなのがあって、そこにどちらもで出ていたので、それを参考に開腹作業。バッファロー製はちょっと手こずったけど、なるほど、こういう風になっているのかとちょっと納得した。
Img_4060
WD製のHDDはそのままWD製4TBだった。これは正常なはずなんだけど組み込む前にテストしたい。手持ちに裸族系HDDのケーブルがあったはずだったんだけど、SATAタイプのケーブルが見当たらず。取り敢えず放置。
Img_4061
WD製の基盤。死んでるはずのもの。結構、コンパクトな作りだった。どこが悪いのか、さっぱり分からない。LEDは付くし、ファイルは見ることが出来るので、電源あたりかなと思うけど、原因究明はしない。
Img_4057
バッファロー製の中身はSeagate製バラクーダの2000GBだった。これはカリカリ音の後認識出来なかったので、お前は既に死んでいる。
バッファロー製の基盤をHDDから外して、裸の状態で動くかどうかチェック。普通に動きそう。ただ何かが合っていないのか、HDDがiMacで認識出来ない状態だったので、ここはもう4TBの中身を捨てる事にして全消去して、フォーマットし直して、完了。おそらくデフォルトのフォーマット形式の問題かと思う。HDD4号機の 4TB分のデータ(何が入っていたのか忘れた)は失ったけど、無事1個分の外付けHDDが復活した模様。USBが1.1なのが玉に瑕か。バッファロー製のケースに戻して、ちょっとだけ書き込みテストして、動くことを確認してお終い。
さてと問題は昨晩買ってしまった外付けHDDケースをどうするか?新しくHDDを買うしかないか?結局、そこに至るのか。秋葉原のパーツ屋がたくさんあった頃のクレバリーみたいなお店があれば良いけど、今はもうそんな時代じゃないからね、中身だけ買うとやたらに高くつく。HDD相場師としては今はHDDは「買い」と見ているんだけど、流石に8TBくらいを買わないといけないとダメな気がするので、それ相応で悩みどころではある。

昼間、倅の音楽発表会だったんだけど、同伴2名と言うことで娘がカミさんと行く事になったので、僕は一人でお留守番。
1/100 MGグフカスタムのパーツをチェックしつつ、分解してみたら、肩部分の新造パーツ類の仕上げが荒かったので、ひたすら仕上げのやり直しをして過ごす。
昼間、久々に暑くて、外出る気にならなかったので、ほぼ一日のんびりしておりましたとさ。

 

 

| | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

どうしても、そう、どうしてもだ。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。サフチェックからの下地のやり直し。難産続く。濃い青の部分、プラが変性しているのとエポキシパテ、プラ板工作部分の複合素材になってしまっているので、なかなか面が揃わないのは承知。それぞれのマテリアルの硬さが異なるのが1番の原因なので、まぁほどほどで切り上げるのが一番。そのほどほど加減がねぇ。主にフィニッシャーズの緑パテで揃えていく。

在宅ワークの日。先週末、会社の後輩が宇都宮で餃子を食べて来たと言う話を聞かされて、どうしても、どうしても餃子が食べたくて。
即ち、昼飯は餃子の王将へ。王将にしたかった理由もあって、しばらく京風だれの天津丼も食べていない。それもどうしても、どうしても食べたくて。
京風だれはあんだくで。このあん、もう好きすぎて、ごくごく飲めちゃうし、出来る事なら点滴で入れて、血液の代わりにこのあんを流してもらいたいくらい食べたい気持ちがいっぱいになってしまったのだった。
そうして、在宅ワークの日に限って、太るのも全部、この後輩のせいだ。

在宅ワーク、もう効率が上がらないので報告書の文章作成をiMacですることにした。これが殊の外快適。やはり液晶の解像度が良いので、目が楽。日本語の変換も予測変換してくれるのも楽。結局のところ、winの日本語入力環境が僕に合っていないってことなんだろうね。いつまでも使われて続けている全角英数字がもう謎すぎて、もう無くて良いのになぁ。もうそれこそ20年くらい使っているけど、文章作成スピードはMacでやった方が速いと断言するよ。

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

クラクラしてくるのだった。

深夜の模型作業は無しにしたんだけど、なんだかんだでコンピュータを弄っていたら午前3時という、この事態。

今日は会社に行って、一番大きなイベントはモバイルwifiのアダプタを交換してもらう事。明日また在宅ワークの日なので、これがなんとかならないと如何ともし難い。無事、手続き出来て、同型の新品を貰って来たけど、なんとなく不安。
あとは基本的には特に何か始める訳でも無く。実験は週末にまわした。

帰り道、イエサブに寄る。ちょっと確認と買い物。
・61 焼鉄色
・65 インディブルー
・66 デイトナグリーン
・Mr.サーフェイサー 1000
・タミヤセメント(流し込みタイプ)
タミヤセメントは酢酸ブチルの所謂旧緑キャップの奴。
なるほどインディブルーもデイトナグリーンも基本色でおそらく自動車用の色なのね。インディブルーは手持ちに古いものが2本あったんだけど、どうも何か混色している(おそらく白)ような気がしたので、新品を買っておく事にした。こうやって模型も積まれるが、うちには塗料も積まれて行くのであった。

 

| | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

なんだか。

午前中、娘とカミさんが買い物に行くというので、ついていく。娘の音楽発表会の時に履く革靴を買いに行くという。結局、どこの店も不発に終わる。あったはずのお店に在庫が無い。よくよく考えれば、子供が革靴を履くようなイベント、主に卒園式だったり入学式がことごとくこじんまりとしていて、写真を撮るにしても全部レンタルで良いかって言う話になるんだろうね。なんか僕の知っている世界の形はどんどん変わっている。人類の歴史の中でほんの数年の間の話になるとは思うけど、もう元に戻せない世界がそこにある。恐ろしいなぁ、この伝染病。
実のところ、DIY屋に行って、ネジとナットを2種類ほど買いたかったんだけど、またの機会にする。伝染病が流行っていてもネジとナットはなかなか無くならないだろうから。甘いか?

夕方、ちょっと本屋へ。漫画を買いに行く。¥1467
葬送のフリーレン 4巻
呪術廻戦 5、6巻

あとイエサブに寄って、八月大戦2021の投票をする。投票するのも義務かなと。スケールモデル部門、キャラクターモデル部門は分かりやすい。好きか、嫌いか、カッコイイか、それだけで考えれば良い。ガンプラ部門は正直言うと非常に難しい。どうしても技術的に、主に塗装技術のところに目が行ってしまうので、そこだけ見ると本当にほんの少しのタッチの差というか、ドングリの背比べというか。逆言うとそこから突出した何か、尖った部分を一生懸命探す作業をしてみた。
あとどうもこのご時世のせいか、日曜日は7時に閉まってしまうらしい。スケールモデルのコーナーを眺めていたところで、「蛍の光」が流れて来たので、何も買えずに、店員さんに挨拶だけしてから、慌てて帰るはめに。本当はグフカスタムの胴体の濃い青の部分、ここの色が決まらないので、取り敢えずインスト指定色のインディブルーとデイトナグリーンを最低でも買って帰るつもりだったのになぁ。この青、緑が入っているのは分かっていたけど、デイトナグリーンがいかほどのグリーンなのか知らないのであった。

 

| | コメント (0)

2021年8月31日 (火)

夏休み...まだ何も残せて無いから。

夕方、大雨になって、天気も大荒れ。夜道の道路が冠水していて、思わずそんな水溜りに足を突っ込んで靴の中までビチョビチョでもうなんだかとても悲しくなって、シャトルで帰る事にした。もうなんか敗北感満載、そんな気持ちが過積載。

深夜の模型作業はちょっと無しにして考える。
「夏休み、気持ちは休めない。だってまだ何も残せて無いから。」って歌うのはジェニーハイの夏嵐なんだけど、これが8月31日の僕にはよく響く。
今週の天気は崩れ気味。とてもじゃないが、ここ数日は塗装できそうに無い。久々に弄ったGeektoolの表示する週間天気予報が全部雨で表示されてまだ何かバグってるのか?そうか僕がバグっているのか?ってちょっと間違うくらいに雨続きの今週の天気。グフカスタムの表面処理をコツコツ進めればいいだけなんだけど。

仕事している間も、どうすりゃ良いんだって考えて、「やっぱりやらないよりはやった方がいい。」っていう結論に至る。
それでもまだ悶々としてようやく動いたのは皆が寝た11時過ぎ。
相変わらず写真が下手くそだし、寝たばかりのカミさん起こして、デジタルカメラ借りる訳にもいかないので、iPhoneで撮るのだった。
なんとか10枚揃えて、少々色合いを弄流。一応、アップされたはずなんだけど、確認する手段が無いし、用意したはずの10枚のうち8枚分で「投稿ありがとうございました。」の画面が出て来て、あれ?どういうこと?10枚アップできた?みたいな、まだバグっているみたいだ。
これでちゃんとアップロード出来ているんだろうか?もう一回アップロードする?
なんだろうね、慣れない事すると余計に心労が増える。何にしても「物は試し」って事で、この件は自分の中で忘れようと思った。

 

| | コメント (0)

2021年8月30日 (月)

夏が終わっていくよ。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。片付けたので、サフを吹いてみる。吹き始めて、スプレーブース事態の掃除をしていないことに気がつく。舞う埃にちょっとがっかり。
そんなこんなで折角なのでサフ後に組んでみることにした。基本的に僕はサフ後にそのまま塗装、デカール、ウェザリング、トップコートまでしてから組む事が多い。なぜかというといつも締め切りに追われていて、結局、そんな組んでいる時間的な余裕が無いから。
Img_4002
全体像はこんな感じ。サフ色になると下半身が太く見える。
Img_3992
Img_3993
どこもかしこも面のウネリが酷くて、とてもじゃないがこのまま塗装は出来ない事態である。いや、それが分かっていたから、どうせやり直しの部分があるのならばと一旦組んでみたというのも事実。
根本的にイメージと何が違うかというと胸の形状なのかな?もっと大きくて前に出ていないといけないのとあと顔がもっと小顔で無いといけないってところかな。難しいなぁ、グフって。
外の様子がもうすっかり秋になっていた。今日まで天気が良いらしいけど、今晩から雷雨の予報が続いている。塗装も出来ないから、何か積みプラでも崩そうかなって思う。

結局、さいたまの小学校のオンラインがやたらとニュースで持て囃されているけど、残念、倅達の小学校では通信速度がとてもじゃないが間に合わないらしい。タブレットの貸し出しはされているけど、双方向の授業なんか夢のまた夢の模様。そんなの知ってる。ただこれも経験なのでトライしてなんぼ、現場のガッツは認めようと思う。
そんな話を聞いていて、思い出されるのは、20年前のMMORPGのラグと遅延と待機状態。当時のまだADSLくらいしかないネットゲーム環境のようで懐かしさが込み上げてくる。あれだ。いろいろあって、ゲーム内で国家戦争みたいな形になって行き、最終的には中華との戦争の中で中華が多人数で同時にログインしてサーバー自体を落としてしまう作戦に出るという行為。これで負けない理論を展開。最終的にそのアジアサーバーが無くなって、新天地を求めてみんなで米国サーバーに押しかけて行く。そんな流れ?
「憎しみは憎しみしか生まないって、わかれ!」っていう、なんかガンダムにありがちな台詞が近いうちに子供達の口から聞けそうだ。

| | コメント (0)

2021年8月28日 (土)

甘えている。

深夜の模型作業は1/100 MGグフカスタムの続き。
Img_3988
細かいところの手直しをしつつ、表面処理。サフを吹く準備。
カミさんが娘と音楽教室の発表会の練習に行ったので、僕は倅と二人でスイミングスクールへ。自転車で出かけたんだけど、家のすぐそばで、倅が横断歩道で左右を見ずに渡り出して、ちょうど来た車に轢かれそうになる。そこはその車も予想して減速していたのが分かっていたけど、全く意味が分かっていない倅、阿呆か。こいつ、もう何回死んだんだろうか。
待ち時間に近所のショッピングモールへ。人がやたらと多いが、今は緊急事態宣言下なんじゃないのか?このショッピングモール、実に閑散としていたはずなのに、もう何もかもが普通に戻っているんだね。そんな中、ブックオフを冷やかして、結局、本屋に向かって漫画を買う。総額¥1467。
葬送のフリーレン 3巻
呪術廻戦 3〜4巻
呪術廻戦は鬼滅の刃よりも何より品薄感が無くて良い。葬送のフリーレン、なんかいろんな意味でファンタジーの日常感に納得する物語でこれまたよく出来ている話だと思った。
百均で補充。
・イヤフォン(ジッパー付きの奴の黒)
・エイムアップリング
・ジェルクリーナー×3
イヤフォンはグフカスタムの給弾ベルトとして使う。イヤフォンとしては使わない。エイムアップリングっていうのはどうもSwitchのジェイコン部分に付けて、レバーの跳ね返りを調整するものらしく、コントローラーに付けてみたけど、なんか全然駄目だった。これはこれで終了。ジェルクリーナーは主に削りカスの粉の掃除を瞬間的に静かに終わらせるために常備しているので、売っていたらあるだけ買うようにしている。

まだまだ暑い夏が続くようだけど、体調を崩さないようにしたいんだが。左目と左耳はどうもおかしくて、左耳はどうも炎症起こしている模様。1回目のワクチン接種後もおかしかったけど、今回もこの辺の感覚器官が鈍っている気がする。

| | コメント (0)

2021年8月21日 (土)

なんとか。かんとか。

基本的に休日は暇人なので、朝からのんびり八月大戦2021の仕上げ。
台座にする無印良品のアクリル写真立ての在庫を確認しつつ、ネジの残りを確認。肝心のネジ類のどこかにしまってしまったようで、ちょっと焦るが、すぐに見つかる。なぜなら使うことのない支え用の金属棒が一緒にまとめて置いてあるからだ。
Img_3979
これの使い道を探そうかな。そもそもステンレスだから鋳造する事も出来ないし、何かの錘に使おうにも中途半端に重くて使えない。パワーリストの中に入れて、身体鍛える用にするくらいか?
ネジを見つけたので、昨日印刷したボックスアートの縮刷を挟んでネジで止めようとしたら、ネジのサイズが違うらしく、いくつか空転したり、届かなかったり。確かに2種類あるのは分かっていたけど、どうも手持ちのネジは4種類あるみたいだった。なんとか4つづつ2組作れて事なきを得るが、次はまたネジを買わないといけない。ネジ探しの旅に出なくては。
一応、ここまで実はいろいろあったけど、なんとか人に見せられる形にする事が出来た。
Img_3981
ザクは1.5mmの真鍮線で転倒防止。こんなだっけ?って思うけど、ザクII改なんだからこんなだ。ボックスアートと楽しむ新しい提案の形っていう事で。
Img_3980
バルキリーは飛行機モデラーが皆どうしているのか本当に知りたいところなんだけど、脚に真鍮パイプを仕込んであったので、そこに刺す形で0.5mmの真鍮線で軽く固定。ピンバイスで0.5mm穴をアクリル板に開けるのが難しいところであった。
そんなこんなで夕方提出完了。
今年もたくさんの作品があって、なんかテンション上がる。やはり上手い人が多い。作り手の顔は知らないけど、作品だけは知っている人も多い。特に毎年出してくる人には「今年はこれかぁ。」って本当に良い刺激を受ける。
...刺激ついでになんか買って帰ろうかと思う。
Img_3984
マクロスの棚を見たら、1/72エリントシーカーがあったので、再販かかっているとはいえ、これも一期一会と思い、購入。¥2380

帰り道、本屋に寄って漫画を買う。¥1467
・呪術廻戦 0巻
・呪術廻戦 2巻
・葬送のフリーレン 2巻
この夏、なんか漫画をやたらと買っている気がする。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/100 GGI パトラクシェ・ミラージュ 1/100 MG MS-06F2 ザクII F2型 1/100 MG MS-07B グフ (ver.1.0) 1/100 MG MS-07B3 グフカスタム 1/100 MG MS-09ドム 1/100 MG MS-18E ケンプファー 1/100 MG MSA-0011 Sガンダム 1/100 MG MSM-04 アッガイ 1/100 MG MSM-07 ズゴック U.C.0096 1/100 MG MSN-04 サザビー 1/100 MG RGM-79 パワード・ジム 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.2.0 メカニカルクリアVer. 1/100 MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0 1/100 MG RX-78GP03S ステイメン 1/100 MG ジムライトアーマーC 1/100 RE/100 MS-06FZ ザクII 改 1/100 YMS-09D ドム トロピカルテストタイプ 1/20 スコープドッグ 1/20 スコープドッグターボカスタム 1/24 スコープドッグ 1/35 OBSOLETE EXOFRAME 1/60 FF-X7-Bst コアブースター 1/60 PG RX-178 ガンダムMk-II 1/60 PG RX-78-2 ガンダム 1/72 SVF-41 BLACK ACES 1/72 VF-1J バルキリー(TV版) Blu-ray Disc DVD iPad iPod Tシャツ はじまり ひみつ道具 アクセス解析 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ガチャガチャ ゲーム コンピュータ ザリガニ(ざりがに) スターウォーズ スノーボード スポーツ テスト デジタルカメラ ニュース パソコン・インターネット ボトルキャップ レゴ 仮組み 写真撮影 実家 携帯電話 文化・芸術 旅行・地域 昔の日記 映画・テレビ 普通の日記 書籍・雑誌 模型 漫画 無駄使い? 甲殻類 経済・政治・国際 観察日記 調色配色メモ 趣味 音楽 食玩